FACULTIES

FACULTIES 使う人や環境に合った建物を計画する楽しさ。

学生インタビュー

健康科学部 福祉工学科 建築バリアフリー専修

就職先:刈谷市役所 
中島 明都さん

2023年3月卒業
愛知県/愛知産業大学三河高等学校 出身

建築を学ぶ中で製図や設計課題以上に魅力を感じたのは、使い方やその場所の環境に合わせてどんな建物にするべきかを考える“計画”でした。でも仕事にするなら計画だけでなく、建物ができていく様子も見届けたいし、完成後の営繕にも携わりたい。部署異動をしながら違った仕事を経験し、街の建物に長く関われる技術職の公務員を進路に選びました。

MY LEARNING STAGES

1年次 建物がどんな考えでつくられているかを学ぶ。
製図では予想以上に苦労しました。一方、「建築計画」では、ドア1枚の向きも使う人に合わせて考えられていることを知り、専門的な視点が身につく学びを楽しみました。

2年次 自由に設計する課題で考える楽しさを味わう。
授業では自由度の高い設計課題に、楽しみながら取り組みました。オンライン授業で時間に余裕ができ、福祉住環境コーディネーター2級とITパスポートの資格も取得しました。

3・4年次 最も興味ある“設計前の過程”との出会い。
設計演習の科目では、敷地の状況や町の文化、人や車の動きを調査する、設計前の過程の大切さを実感。卒業研究では、就職する刈谷市の地価や人口の調査に取り組んでいます。

日本福祉大学 入学広報課

オープンキャンパスや、入試など
日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます!

日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます! 登録はこちらから 2023年4月 アカウントが
変わりました!