FACULTIES

FACULTIES バリアフリーを意識しなくても、誰もが使いやすい建物を。

学生インタビュー

健康科学部 福祉工学科 建築バリアフリー専修
建築デザインコース

就職先:大和ハウス工業株式会社
秋田 悠甫さん

2023年3月卒業
三重県/暁高等学校 出身
毛利志保研究室

●入学をめざしたきっかけは?
幼少期からものづくりが好きで、ビルや家を見るのも好きでした。たびたび遊びに行っていた祖父母の家が、あるときバリアフリー化されたのを見て、福祉にも何となく興味を持つように。建築の学びに加えて福祉の視点も得られるこの専修なら、きっと自分の成長にもつながると思って進学を決めました。

●卒業研究について教えてください。
研究テーマは「宿泊施設におけるバリアフリー情報の提供」です。さまざまな宿泊施設を訪れて、高齢者や障害者にとってどんな使いづらさがあるかを調査しました。障害は人それぞれ違うもの。自分にとってその宿泊施設が使いやすいかどうか判断できるようなデータベースができれば、高齢者や障害者ももっと旅行を楽しむことができると感じています。

●卒業後の目標は?
就職活動をする中で、商業施設や福祉施設の設計に携わりたいと思うようになり、そのような仕事ができる内定先への入社を決意しました。バリアフリーを特別にアピールしなくても、いろいろな人が使いやすい建物を増やしていきたいです。

●高校生へのメッセージを!
建築や福祉を学べる大学は多くありますが、両方とも学ぶことができる専修は、おそらく日本福祉大学だけだと思います。学びの内容や卒業後の進路に関しても、他にはない独自性があるはず。もし建築や福祉に少しでも興味を持っているなら、ぜひ受験を考えてみてください。

MY LEARNING STAGES

1年次 建築の基礎と福祉系科目の学びに励む。
「福祉建築」の授業では、スロープの勾配一つにも基準があるなど、デザイン面だけではない建築の要素を学習。それまで何気なく見ていた建築物の見え方が変わりました。「障害者福祉論」など福祉系科目にも力を入れ、この専修で学んだからこその視点が身についたと感じました。

2年次 製図や設計課題にじっくり取り組む。
力学や構造など、本格的な建築の知識の学習がスタート。ほとんどの授業がオンラインで、先生や友人に質問しづらく苦労しましたが、調べ方を自分で考える力が身につきました。課題では、決められた条件の敷地に単身者用の家などを設計。通学がなかった分、時間をかけて取り組めました。

3・4年次 福祉住環境コーディネーターの資格を取得。
授業が少し落ち着いたので、資格の取得にチャレンジ。福祉住環境コーディネーター2級を取得しました。筆記試験に向けた勉強では、それまで授業で学んだ建築と福祉の知識が深まるのを実感。就職活動では、企業の方から興味を持っていただくきっかけにもなりました。

日本福祉大学 入学広報課

オープンキャンパスや、入試など
日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます!

日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます! 登録はこちらから 2023年4月 アカウントが
変わりました!