›
 ›
 ›
経済学部トピックス

経済学部トピックス

経済は、動き続けている。
その息吹を“現場”で感じ取ろう。

企業・団体とのコラボレーションを通じて
成長する学生たち。

医療や福祉の人材育成に現場実習があるように、経済人の育成にも現場での学びは大切です。日本福祉大学の経済学部では、「地域研究プロジェクト」に代表される実践的な正課科目を開講するほか、各教員が持つ地域社会とのネットワークを活かして、多様な学びの機会を学生に提供しています。経済・経営の知識を学ぶ講義科目と、企業・団体とのコラボレーションの相乗効果で、人や社会に働きかけてよりよい方向に動かしていける力を身につけます。

  • コラボレーションの一例(2017年度)

    • 名古屋市「なごやHAPPYタウン~こどものまち~」への出展
    • 東海市「だれにもやさしく、楽しく歩けるみちづくり事業」に参加
    • 愛知県「中小企業経営者と学生との交流会 in 日本福祉大学」開催
    • 長野県辰野町「横川峡紅葉祭り」の運営に参加
    • 愛知銀行との連携企画「あったらいい! こんな商品・あんなサービス」
    • 公正取引委員会による「独占禁止法教室」(企業法Ⅱ)
    • 長野県木曽地域(木曽町・王滝村)でのインターンシップ
  • コラボレーションのサイクル

伊那市観光協会&
長野県高遠高等学校とコラボ!

学生の調査とアイデアで、観光イベントを盛り上げよう。

長野県伊那市で毎年11月に開催される「高遠城址もみじ祭り」の来場客調査を、長野県高遠高等学校・情報ビジネスコースと合同で行っています。2017年度は54人の生徒・学生で、約200組もの来場客にアンケート調査をしたほか、来場客の行動観察調査を行いました。調査後は高遠高校のPC教室に移動し、全員で調査データを集計しました。1カ月後の12月には、高校生たちを東海キャンパスに招待し、調査結果を確認してグループディスカッション。集客力を高め、来場客の満足度を向上させる工夫を話し合いました。調査結果と学生のアイデアは祭りを主催する伊那市観光協会に提案、次年度の祭り運営に活かされます。

Voice

観光ビジネスと地域活性化に関心を持って学んでいます。昨年の調査にも参加しましたが、伊那観光協会の方々は学生の提案を積極的に受け入れてくださり、実際にお祭りの企画や運営が変わっていくので大きなやりがいを感じることができます。高遠の高校生たちは周辺環境や地域の課題もよく知っているだけに私たちとは異なる視点からの提案があり、学ぶことの多い調査でした。

経済学部3年
愛知県/阿久比高等学校 出身
角谷 達則さん

パンのトラとコラボ!

愛知の味を活かした新商品が人気パン屋の棚に並ぶまで。

こちらも毎年恒例となった愛知の人気ベーカリー「パンのトラ」とのチャリティパン・コラボ企画。2017年度は学生たちの商品企画の中から2点が商品化され、店頭に並びました。「きゃらぶきえびまよぱん」は、名古屋に縁のあるエビフライに、岡崎の八丁味噌、知多半島特産のきゃらぶきと、愛知の食材を盛り込みました。同様に「いちじキューブ」はパンのトラ本店がある安城市の特産品であるいちじくをメインに2種類のチーズで味を調えて、SNS映えする立方体に仕上げました。8月下旬の「24時間テレビ」の時間内に1個100円で販売。同店が用意したチャリティ商品と合わせて3500個以上を販売し、売上金の全額が寄付されました。

Voice

商品の企画提案から試作品の評価、厨房での仕込み作業、店頭販売までの全プロセスを経験できる貴重な機会になりました。厨房作業は意外に重労働でしたが、行列の中にいるお客様が私たちの商品を指さして「あれが食べたい!」と言うのを聞いてうれしさがこみ上げる一瞬も。今回の体験で学んだ積極的な発言や行動の大切さを、今後の学びにも活かしていきます。

経済学部3年
愛知県/至学館高等学校 出身
寺岸 和洋さん

日本自動車連盟(JAF)とコラボ!

知多半島の旅の魅力をドライブコースに詰め込んで。

経済学部の鈴木啓太さんと瀧本裕也さんは、2年次の夏にJAFからの依頼を受けて、知多半島ドライブコースの提案を行いました。この企画は、「JAFレンタカー会員証」という新サービスの告知を兼ねたもの。おトクに利用できる遊園地・観光農場・飲食店・海産物店などを、移動時間も考慮して適切に組み合わせ、2人のおすすめ観光スポットも加えて、全行程66.7kmのコースを完成させました。実際に走ってスナップを撮影、学生目線のコメントを加えたおすすめプランは、JAFのWebサイトに掲載されました。教員が橋渡し役となって実現した本企画。地域での学びを希望する人は、ぜひ教員へ、積極的に相談を!

Voice

いただいたテーマは、知多半島で1日遊べるドライブコースの提案。「小さな子どもがいる家族のための夏ドライブ」というコンセプトで、JAFの方々のアドバイスを受けながらコースを完成させました。JAFと提携するレンタカー会社から“トヨタ86”をご提供いただき走ってみると、常滑市で育った自分にも新しい発見が多く、知多半島をもっと知りたい意欲が高まりました。

経済学部3年
愛知県/東海商業高等学校 出身
鈴木 啓太さん