›
 ›
 ›
 ›
子ども専修

社会福祉学部 社会福祉学科
子ども専修

子どもに関わる相談職や保育士、スクールソーシャルワーカーをめざす

専修紹介

すべての子どもに、温かな家庭で安心して成長してほしいと誰もが思うものです。しかし現実には、貧困・虐待・不登校・非行などの報道に接しない日はありません。福祉を学んだ専門職の役割が期待される分野です。子ども専修では、子どもや家庭の抱える問題と支援ニーズを理解し、適切な支援を行うための知識・技術を身につけます。それにより、児童相談所や少年院など児童家庭福祉に関わる公的機関や、児童養護施設をはじめとする児童福祉施設で相談・援助を担う専門職を養成します。社会福祉士と保育士、2つの国家資格に対応した学びが大きな強みです。また、学校を基盤に子どもと家庭の支援を行うスクールソーシャルワーカーを養成します。

KEYWORD

児童養護施設

保護者の病気や経済的な理由、虐待など、何らかの理由で家庭生活が困難になった18歳までの子どもを預かり養育するとともに、心理面・社会面から専門的な支援を行います。

児童相談所

都道府県・政令指定都市などに設けられ、子どもの養護・障害・非行などの相談に応じるほか、児童虐待対応や子どもの一時保護など必要な支援を行います。

スクールソーシャルワーカー

子どもたちが学校や日常生活で直面する不登校、虐待などの問題に対して、学校、家族、地域社会などに働きかけて、解決に向けて支援する専門職です。

進路・資格取得

  • 想定される進路

    • 児童福祉施設
      (児童養護施設・障害児施設・ 母子生活支援施設・乳児院・保育所など)
    • 児童相談所
    • スクールソーシャルワーカー
    • NPO法人(児童養護施設退所者の支援など)
    • 少年院・少年鑑別所(法務教官)
  • 取得可能な資格

    • 社会福祉士国家試験受験資格※1
    • 保育士※2
    • 認定スクールソーシャルワーク教育課程修了者※3
    • 児童指導員任用資格
    • 児童福祉司任用資格※4
    • 社会福祉主事任用資格
    • 身体障害者福祉司任用資格
    • 知的障害者福祉司任用資格
    • 初級障がい者スポーツ指導員

※1)指定科目の成績が学内基準に達していない場合、所定の科目を履修できない場合があります。また、資格取得に際して選考等の制限が入る場合があります。

※2)資格取得に必要な科目の履修者の学内選考を行っています。

※3)希望者多数の場合は、学内選考等を行うことがあります。また、指定科目の成績が学内基準に達していない場合、取得できない場合があります。

※4)卒業後、指定施設において1年以上の実務経験が必要となります。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

*複数の資格を取得する場合、資格の組み合わせによっては4年間で取得できない場合があります。また、資格によっては併修できない場合があります。

子ども専修3つの履修モデル

公務員福祉職(児童相談所等) モデル

児童相談所のソーシャルワーカー(児童福祉司)などの公務員福祉職、法務教官(少年院で働く専門職)をめざし、公務員試験関連科目や公務員対策講座を受講し、公務員採用試験に備えます。

  • 1年次

    • 法入門
    • 福祉行政と経済

    「法入門」では、社会・経済の成り立ちと法との関わりや、法的な世界の仕組みなどを学びます。

  • 2年次

    • 福祉労働論
    • ジェンダー論

    「福祉労働論」では、福祉労働の価値および労働法制について学びを深めます。

  • 3・4年次

    • 福祉法学
    • 子ども家庭ソーシャルワーク論

    「子ども家庭ソーシャルワーク論」では、児童相談所等専門職の専門性について学びます。

保育士(乳児院・保育所等) モデル

乳児院・保育所、その他の児童福祉施設の保育士をめざし、2年次より専門科目や保育実習などを履修し、保育士国家資格の取得をめざします。社会福祉士資格取得との併修が原則です。

  • 1年次

    • 児童・家庭福祉論
    • 家族社会学

    「児童・家庭福祉論」では、子どもの貧困や虐待、少年非行の問題を中心に学びます。

  • 2年次

    • 保育原理
    • 乳児保育演習

    「保育原理」では、保育所保育士および施設保育士にとって必要な知識を主体的に学びます。

  • 3・4年次

    • 学童保育論
    • 保育実習

    「保育実習」では、2年間で合わせて30日間、保育所や施設で実習を行い、実践力を養います。

スクールソーシャルワーカー モデル

3年次からスクールソーシャルワークに関わる専門科目と実習を履修し、認定スクールソーシャルワーク教育課程修了者の取得をめざします(社会福祉士資格の取得が条件となります)。

  • 1年次

    • ふくしとフィールドワーク
    • 精神保健学

    「精神保健学」では、発達の年代別課題を理解し、精神発達の課題を学びます。

  • 2年次

    • 教育制度論
    • 教育相談の基礎と方法

    「教育相談の基礎と方法」では、カウンセリングの基礎知識など、理論や技能を学びます。

  • 3・4年次

    • スクールソーシャルワーク論
    • 福祉教育論

    「スクールソーシャルワーク論」では、その歴史・意義、実践の理論と方法を学びます。

From a Student

2018年3月卒業
柴田しばた 薫乃ゆきのさん 静岡県/富士東高等学校 出身
就職決定先:名古屋市(福祉職)

子どもが持つ問題を
多面的に見る大切さを学んで。

困難を抱える子どもがいたら、その子の支援をすればいい。そんな私の考えは、実習での経験やゼミの学びで変わっていきました。例えばほかの子をたたいてしまう子どもは、自分に関心を持ってほしい気持ちをうまく表現できなかったり、子どもを虐待する親には、彼ら自身が親に愛情を注がれず育った過去があったり。当事者だけでなく、その背景まで多面的に見る視野を持ち、親子が一緒にいられるよう支援できたらと思っています。

子ども専修 Topics

子どもたちが持っている力を感じよう!

ファミリーホームの子どもたち20人とともに夏キャンプを実施。

ファミリーホームとは、虐待・貧困・非行などのため親と暮らせない子ども5~6人を、夫婦など個人で受け入れて家族的な関係で養育する家のこと。2017年8月、渡邊忍ゼミで児童家庭福祉を学ぶ3・4年生が、愛知県内のホームで暮らす子どもたちと、1泊2日の交流キャンプを行いました。集まったのは幼児から高校生まで約20人。水遊びや森での虫捕り、みんなで作ったカレーライスを味わった後はキャンプファイヤーを囲みました。ゼミ生の一人、3年生※の神谷葵さんは次のように語ります。「子どもたちは本当に楽しんでくれました。カレーづくりでは、『お手伝いしたい!』と言う子が想像以上に多くて予定よりも時間がかかりましたが、効率よりも子どもたちの意欲を優先できてよかった。支援が必要だと思っていた子どもたちが、実はすごい力を持っていることを実感しました」。子どもたちやその支援者と関わって学べることが本専修の魅力。実践的な学びの機会が豊富にあります。