›
 ›
 ›
 ›
子ども専修

社会福祉学部 社会福祉学科
子ども専修

子どもや家庭への支援ニーズを理解し、
適切に対応できるソーシャルワーカーに。

教育の特色

すべての子どもを支えられる専門家を養成。

子どもや家庭が抱える問題と支援ニーズを理解し、適切な支援を行うための知識・技術を身につけます。それにより、児童相談所や少年院など児童家庭福祉にかかわる公的機関や、児童養護施設をはじめとする児童福祉施設で相談・援助を担う専門職を養成します。

国家資格のダブルライセンスが取得可能。

社会福祉士と保育士、2つの国家資格に対応した学びが大きな強みです。さまざまな理由で日常生活を営むことが難しい人の相談、助言、指導などを行う社会福祉士の資格を持って、子どもと接することができる専門職の役割が今後期待されています。

子どもやその支援者とかかわって学べる教育環境。

実践的な学びの機会を豊富に提供しているのが本専修の魅力。例えば、①ファミリーホームで暮らす子どもたちとのキャンプ、②町内のひとり親家庭への支援、③児童養護施設や障害児施設の見学、④少年院・裁判所の見学、⑤子ども食堂の企画・運営、⑥子育て支援センターでのボランティアなど、外部の研究会や施設のイベントへの参加、全国各地の先駆的な実践をしている施設への見学・調査などを行っています。

進路・資格取得

  • 想定される進路

    • 児童福祉施設
      (児童養護施設・障害児施設・ 母子生活支援施設・乳児院・保育所など)
    • 児童相談所
    • スクールソーシャルワーカー
    • NPO法人(児童養護施設退所者の支援など)
    • 少年院・少年鑑別所(法務教官)
  • 取得可能な資格

    • 社会福祉士国家試験受験資格※1
    • 保育士※2
    • 認定スクールソーシャルワーク教育課程修了者※3
    • 児童指導員任用資格
    • 児童福祉司任用資格※4
    • 社会福祉主事任用資格
    • 身体障害者福祉司任用資格
    • 知的障害者福祉司任用資格
    • 初級障がい者スポーツ指導員

※1)指定科目の成績が学内基準に達していない場合、所定の科目を履修できない場合があります。また、資格取得に際して選考等の制限が入る場合があります。

※2)資格取得に必要な科目の履修者の学内選考を行っています。

※3)希望者多数の場合は、学内選考等を行うことがあります。また、指定科目の成績が学内基準に達していない場合、取得できない場合があります。

※4)卒業後、指定施設において1年以上の実務経験が必要となります。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

*複数の資格を取得する場合、資格の組み合わせによっては4年間で取得できない場合があります。また、資格によっては併修できない場合があります。

子ども専修3つの履修モデル

公務員福祉職(児童相談所等) モデル

児童相談所のソーシャルワーカー(児童福祉司)などの公務員福祉職、法務教官(少年院で働く専門職)をめざし、公務員試験関連科目や公務員対策講座を受講し、公務員採用試験に備えます。

  • 1年次

    • 法入門
    • 福祉行政と経済

    「法入門」では、社会・経済の成り立ちと法との関わりや、法的な世界の仕組みなどを学びます。

  • 2年次

    • 福祉労働論
    • ジェンダー論

    「福祉労働論」では、福祉労働の価値および労働法制について学びを深めます。

  • 3・4年次

    • 福祉法学
    • 子ども家庭ソーシャルワーク論

    「子ども家庭ソーシャルワーク論」では、児童相談所等専門職の専門性について学びます。

保育士(乳児院・保育所等) モデル

乳児院・保育所、その他の児童福祉施設の保育士をめざし、2年次より専門科目や保育実習などを履修し、保育士国家資格の取得をめざします。社会福祉士資格取得との併修が原則です。

  • 1年次

    • 児童・家庭福祉論
    • 家族社会学

    「児童・家庭福祉論」では、子どもの貧困や虐待、少年非行の問題を中心に学びます。

  • 2年次

    • 保育原理
    • 乳児保育演習

    「保育原理」では、保育所保育士および施設保育士にとって必要な知識を主体的に学びます。

  • 3・4年次

    • 学童保育論
    • 保育実習

    「保育実習」では、2年間で合わせて30日間、保育所や施設で実習を行い、実践力を養います。

スクールソーシャルワーカー モデル

3年次からスクールソーシャルワークに関わる専門科目と実習を履修し、認定スクールソーシャルワーク教育課程修了者の取得をめざします(社会福祉士資格の取得が条件となります)。

  • 1年次

    • ふくしとフィールドワーク
    • 精神保健学

    「精神保健学」では、発達の年代別課題を理解し、精神発達の課題を学びます。

  • 2年次

    • 教育制度論
    • 教育相談の基礎と方法

    「教育相談の基礎と方法」では、カウンセリングの基礎知識など、理論や技能を学びます。

  • 3・4年次

    • スクールソーシャルワーク論
    • 福祉教育論

    「スクールソーシャルワーク論」では、その歴史・意義、実践の理論と方法を学びます。

学生VOICE

ニュースで流れる社会問題を他人事と片付けたくない。

子どもの視点での福祉を学びたいと思い進学。1年次の授業で“福祉国家”スウェーデンについて学び、これぞ私の理想だ!と思いました。その後、デンマークを視察する機会があり、その思いはますます強まりました。子どもが不利益を被ることなく自分らしさを育てていける社会。理想と現実の溝を埋めるために今できることは何か、考えながら学んでいます。

長畑 京花さん

社会福祉学部 3年 愛知県 碧南高等学校出身

卒業生VOICE

2015年3月卒業
山口やまぐち 真由まゆさん 愛知県 大成高等学校出身
就職決定先: 名古屋市役所 子ども青少年局西部児童相談所

“してあげる”ではなく“寄り添う”

人とかかわるソーシャルワーカーとして働くことが学生時代からの夢でした。名古屋市に就職して4年目、児童相談所に配属され、現在は問題を抱えた子どもとその家族と一緒に考え、支援をしています。初めて担当したのは、親の暴力が原因で対立関係にある子どもと母親でした。当初は母親が私に対して頑なな態度でどうなるかと思ったのですが、かかわっていく中で母親が変わっていってくれました。日本福祉大学で学んだ“寄り添う”という考え方が、この時の私を救ってくれたのだと思います。決して相手を責めないで、問題を一緒に考え、ともに成長していこうとするスピリットこそ、本当のソーシャルワーカーのあり方であると大学で教えてもらったことです。2018年に日本福祉大学の同級生と結婚。夫婦ともに“寄り添う”スピリットでお互いに支え合っています。