›
 ›
 ›
 ›
医療専修

社会福祉学部 社会福祉学科
医療専修

病院や地域の施設で傷病に関わるすべての人を支援

専修紹介

医療専修は、傷病や障害を抱えて病院や地域で暮らす人たちが当たり前に地域で暮らせるように、「いのち」と社会に関する専門職を養成します。ソーシャルワークの価値を身につけ、それぞれの人の傷病や障害の特性に応じて、生じている生活問題を理解し、適切な支援を行うための知識や技術について学びを深めます。それにより、病院や精神科医療機関、精神保健福祉センター、障害者施設・事業所などで、他の職種と連携して相談・援助を担うとともに、傷病や障害のある人の視点に立って暮らしやすい社会づくりに向けて発信することができるソーシャルワーカーをめざします。

KEYWORD

医療ソーシャルワーカー(MSW)

病院や診療所で、経済上・生活上の問題を抱える患者や家族に対し、利用できる社会保障制度を提示、退院先の相談、退院後の生活準備などを援助します。

精神保健福祉士(PSW)

精神科医療機関、精神障害者の地域生活支援や就労支援を担う施設・事業所、福祉行政機関などで、精神障害者やその家族が抱える問題解決のための相談・援助を行います。

進路・資格取得

  • 想定される進路

    • 病院の医療ソーシャルワーカー(MSW)
    • 精神科病院、保健所、精神保健福祉センター、相談支援事業所、障害者施設・事業所等の精神保健福祉士(PSW)
    • 一般企業(医療用具・製薬など)
    • 公務員(保健・医療政策)
  • 取得可能な資格

    • 社会福祉士国家試験受験資格 ※1
    • 精神保健福祉士国家試験受験資格 ※2
    • 社会福祉主事任用資格
    • 身体障害者福祉司任用資格
    • 知的障害者福祉司任用資格
    • 児童指導員任用資格
    • 初級障がい者スポーツ指導員
    • 児童福祉司任用資格 ※3

※1)指定科目の成績が学内基準に達していない場合、所定の科目を履修できない場合があります。また、資格取得に際して選考等の制限が入る場合があります。

※2)資格取得に必要な科目の履修者の学内選考を行っています。

※3)卒業後、指定施設において1年以上の実務経験が必要となります。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

*複数の資格を取得する場合、資格の組み合わせによっては4年間で取得できない場合があります。 また、資格によっては併修できない場合があります。

医療専修3つの履修モデル

医療ソーシャルワーカー(MSW) モデル

MSWとして一人ひとりの患者と家族を支援するために必要な知識と技術、価値倫理、他の専門職・専門機関や地域社会の人々と連携するための高度な知識と交渉力・調整力を身につけます。

  • 1年次

    • 医学概論
    • こころとからだ
    • 精神保健福祉論

    疾病と医療について、高齢者・子ども・障害者、地域住民全体など対象者別の知識を深めます。

  • 2年次

    • 医療福祉論Ⅰ
    • 死生学
    • 医療福祉特別講義

    医療福祉の専門科目がスタート。社会福祉士資格の取得に向けた科目群も並行して履修します。

  • 3・4年次

    • 医療ソーシャルワーク実習関連科目
    • ターミナルケア

    3年次は社会福祉士実習、4年次には保健医療機関での実習を行い、MSWとしての実践力を養います。

精神保健福祉士(PSW) モデル

医療機関、行政機関から地域の事業所まで多様な場で活躍するPSW。社会福祉学をベースに精神保健に関わる多くの専門職・機関と連携し、個人と地域を支援する能力を養います。

  • 1年次

    • 精神保健福祉論
    • 精神保健学
    • ふくしとフィールドワーク

    精神保健福祉士・社会福祉士のW資格をめざします。地域で学べるフィールドワーク科目もあります。

  • 2年次

    • 精神保健福祉士関連科目
    • ソーシャルワーク関連科目

    精神保健福祉分野の高度な専門科目が増加。多職種連携プログラムも用意しています。

  • 3・4年次

    • 精神保健福祉士実習関連科目
    • 社会福祉士実習関連科目

    社会福祉士実習で身につけた力を基礎として、精神保健福祉士に特化した実践を学びます。

「いのち」と社会 モデル

出生前診断、死に至る児童虐待やいじめ、中高年の自殺、大規模災害、延命治療、人を医療から遠ざける貧困――こうした「いのち」をめぐる社会問題を学び、くらしと医療を結ぶ人材を育成します。

  • 1年次

    • 哲学
    • 医療概論
    • 社会福祉調査論

    いのちをめぐる問題に対する洞察力を深め、医療現場での実践学習に必要なスキルを身につけます。

  • 2年次

    • 死生学
    • 地域保健学
    • 地域マネジメント実践Ⅱ

    医療現場で働く多様な職種の仕事を体験しながら、医療に関わる社会問題について考察します。

  • 3・4年次

    • ターミナルケア
    • 在学ギャップイヤー

    在学ギャップイヤーを活用し、過疎地域での地域医療・福祉の問題などを、実践を通して研究します。

From a Student

2018年3月卒業
皆川みながわ 優花ゆうかさん 愛知県/日本福祉大学付属高等学校 出身
就職決定先:半田市立半田病院(MSW)

患者さんの思いも、専門職の視点も、
大切にした支援を。

ホスピス緩和ケアをテーマにした卒業研究で、医療ソーシャルワーカー(MSW)の方にインタビューして知ったのは、がんを受容できない患者さんや、“第二の患者”と言われるほど悩み苦しむご家族の存在でした。実習では自宅での気ままな生活を望む末期のがん患者さんの姿に、何がその人に最良なのかを考えさせられる経験も。がんとともに生きる人が増えている今、患者さんとご家族の思いを受け止め、専門職としてできる支援を考えていきます。

医療専修 Topics

多職種連携の意義を、体験を通して学ぶ。

学生が専門職になりきって議論を交わす模擬カンファレンス。

大教室に集まった約300人の学生たち。視線の先の壇上には、MSW・PSWに加えて、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・ケアマネジャーの7職種を演じる3年生が、ある患者と家族の事例について意見を述べていきます。2017年7月、医療専修※に属する11ゼミが合同で恒例の「模擬カンファレンス」を開催しました。将来MSWやPSWになったとき医療・福祉の現場で連携する多職種への理解を深めることが目的です。学生たちは、ゼミごとに割り当てられた職種について、現職者へのヒアリングも含めて事前学習を重ね、意見を取りまとめた上で本番に参加。発言者は、受講席にいるゼミ仲間からLINEで後方支援を受けながら、多職種の学生と協調したり論戦したりと盛り上がりました。参加学生たちは「将来自分も直面するかもしれないシーンが事前に体験できてよかった」「職種による考え方の違いがわかり、連携することの大切さが理解できた」などと学びの意義を語りました。

※実施時は「医療福祉コース」。