›
 ›
 ›
 ›
医療専修

社会福祉学部 社会福祉学科
医療専修

病院や地域の施設で
傷病にかかわるすべての人を支援。

教育の特色

すべての人々があたりまえに暮らすために。

それぞれの人の傷病や障害の特性から生じる生活問題を理解し、適切な支援を行うための知識や技術を修得。病院や地域の人々が安心して地域の中で暮らせるよう、「いのち」を守る専門職を養成します。

2つの国家試験受験資格でダブルライセンスに挑戦。

社会福祉士に加えて精神保健福祉士の国家試験受験資格も取得可能。精神科医療機関、精神障害者の地域生活支援や就労支援を担う施設・事業所、福祉行政機関などでは、精神障害者やその家族が抱える問題解決のための相談・援助を行う専門家としての精神保健福祉士が求められています。

医療機関を中心に卒業後はさまざまな分野で活躍。

卒業後は、病院や精神科医療機関、精神保健福祉センター、障害者施設・事業所などで、他の職種と連携して相談・援助を行い、ソーシャルワーカーとして傷病や障害のある人の視点に立ち、暮らしを支えていきます。

進路・資格取得

  • 想定される進路

    • 病院の医療ソーシャルワーカー(MSW)
    • 精神科病院、保健所、精神保健福祉センター、相談支援事業所、障害者施設・事業所等の精神保健福祉士(PSW)
    • 一般企業(医療用具・製薬など)
    • 公務員(保健・医療政策)
  • 取得可能な資格

    • 社会福祉士国家試験受験資格 ※1
    • 精神保健福祉士国家試験受験資格 ※2
    • 社会福祉主事任用資格
    • 身体障害者福祉司任用資格
    • 知的障害者福祉司任用資格
    • 児童指導員任用資格
    • 初級障がい者スポーツ指導員
    • 児童福祉司任用資格 ※3

※1)指定科目の成績が学内基準に達していない場合、所定の科目を履修できない場合があります。また、資格取得に際して選考等の制限が入る場合があります。

※2)資格取得に必要な科目の履修者の学内選考を行っています。

※3)卒業後、指定施設において1年以上の実務経験が必要となります。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

*複数の資格を取得する場合、資格の組み合わせによっては4年間で取得できない場合があります。 また、資格によっては併修できない場合があります。

医療現場で活躍する「ふくし」の専門職を育てる3つの履修モデル。

医療ソーシャルワークモデル(MSW)

MSWとして一人ひとりの患者と家族を支援するために必要な知識と技術、価値と倫理を学びます。また、他の専門職・専門機関や地域社会の人々と連携するための高度な知識と交渉力・調整力を身につけます。

  • 1年次

    • 医学概論
    • こころとからだ
    • 精神保健学Ⅰ

    疾病と医療について、高齢者・子ども・障害者、地域住民全体など対象者別の知識を深めます。

  • 2年次

    • 医療福祉論Ⅰ
    • リハビリテーション医学
    • 医療福祉特別講義

    医療福祉の専門科目がスタート。社会福祉士資格の取得に向けた科目群も並行して履修します。

  • 3・4年次

    • 医療ソーシャルワーク実習
    • ターミナルケア
    • ソーシャルワーク実習

    3年次は社会福祉士の実習、4年次には保健医療機関での実習を行い、MSWとしての実践力を養います。

精神保健福祉モデル(PSW)

医療機関、行政機関から地域の事業所まで多様な場で活躍するPSW。社会福祉学をベースに精神保健にかかわる多くの専門職・ 機関と連携し、個人と地域を支援する能力を養います。

  • 1年次

    • 精神保健学Ⅰ
    • 精神障害リハビリテーション論
    • ふくしとフィールドワーク

    精神保健福祉士・社会福祉士のW資格をめざします。地域で学べるフィールドワーク科目もあります。

  • 2年次

    • 精神保健福祉士制度論Ⅰ
    • 精神保健領域のソーシャルワークⅠ

    精神保健福祉分野の高度な専門科目が増加。多職種連携プログラムも用意しています。

  • 3・4年次

    • 精神保健福祉士援助実習
    • ソーシャルワーク実習

    社会福祉士の実習で身につけた力を基礎として、精神保健福祉士に特化した実践を学びます。

健康社会モデル

健康、保健、公衆衛生に関する個人・地域のデータを収集・分析・加工する専門知識やスキルを修得。行政政策の立案、企業でのマーケティングなどに役立てる人材を育成します。

  • 1年次

    • 哲学
    • 医療概論
    • 社会福祉調査論

    「いのち」をめぐる問題への洞察力を深め、医療現場での実践に必要なスキルを身につけます。

  • 2年次

    • 倫理学
    • 保健社会学
    • 地域マネジメント実践Ⅱ

    医療現場で働く多様な職種の仕事を体験しながら、医療にかかわる社会問題について考察します。

  • 3・4年次

    • ソーシャルワーク専門実習
    • 死生学
    • 社会福祉データの解析入門
    • 在学ギャップイヤー

    在学ギャップイヤーを活用し、過疎地域での地域医療・福祉の問題などを、実践を通して研究します。

学生VOICE

多くの人と交流しながら、MSWに必要な力を高めています。

病気と闘う患者さんやご家族の支えになりたい。その志のもと、広い視野や深い見識を持つMSWをめざし、フィールドワークに重点を置いて学んでいます。ハンセン病療養所や児童養護施設などでさまざまな人と交流し、山形県の地域おこしにも参加。医療現場で求められる多職種連携の力を養うとともに、個々の価値観を尊重する「ふくしの心」も磨いています。

加藤かとう 正幸まさゆきさん

社会福祉学部 3年 山口県 下関南高等学校出身

卒業生VOICE

2017年3月卒業
若松わかまつ 瞳美ひとみさん 栃木県 宇都宮南高等学校出身
就職決定先:
獨協医科大学病院 地域連携・患者サポートセンター 医療福祉相談部門

患者さんの思いに耳を傾けて
その人らしい生き方を支えたい。

学生時代、精神保健福祉の講義で「支援してほしいなんて言ってない」という当事者の声を知り、衝撃を受けました。“してあげる”ではなく“一緒に考える”姿勢が、福祉には最も大切だと実感したのです。この学びが、MSWとして働く私の軸になっています。日々の相談業務で心がけているのは、一人ひとりの“ふつう”を尊重し、適切な社会福祉制度や専門機関などに結びつけること。「残りの人生を自由に生きたい」と希望される患者さんを支援する際には、退院時に自宅に行き、地域の方々へ引き続きの支援・見守りをお願いし、「最期まで幸せそうだったよ」という地域の方の言葉が心に響きました。患者さんのために全力を尽くしたいと、あらためて決意しています。