›
 ›
 ›
社会福祉学部 資格・進路

社会福祉学部
資格・進路

ダブルライセンスが、
幅広い分野での活躍を後押し。

社会福祉学部の大きな特長は、多くの資格取得に挑戦できること。4専修すべてで、あらゆる相談援助職のベースとなる社会福祉士の国家試験受験資格が取得できます。加えて、児童相談所や児童福祉施設への進路をめざす場合は保育士資格取得、病院や社会福祉施設で働くソーシャルワーカーをめざす場合は精神保健福祉士国家試験受験資格の取得、福祉教育に携わることをめざす場合は高等学校教諭一種免許状(福祉)の取得で、就職後の可能性が拡がります。

社会福祉学部で可能なダブルライセンス! (主要資格を抜粋)

その他、取得可能な資格

  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 社会福祉主事任用資格
  • 身体障害者福祉司任用資格
  • 知的障害者福祉司任用資格
  • 児童指導員任用資格
  • 児童福祉司任用資格

資格取得サポート

正課科目で国家試験合格をサポート

4専修すべてで社会福祉士の取得を支援しています。国家試験合格に向けて「社会福祉特別講座Ⅰ~Ⅲ」を、3年次後期から国家試験直前までの1年半、正課科目として開講。試験対策を中心とした学習支援や社会福祉士として福祉の実践現場に自らが貢献していくことの意義などを理解し、国家試験に合格するための専門的な知識を身につけることができます。

主な進路

  • 国家公務員専門職

    非行を起こした少年の更生にかかわる司法分野の専門職としての活躍が期待されます。中央官庁の一般行政職につく卒業生もいます。

    【想定される進路】
    • 家庭裁判所調査官
    • 事件送致された少年の処分決定に必要な、非行に至った経緯や生育歴、家庭環境などを調査、夫婦・家族間の紛争解決のための審判・調停に必要な調査を行います。

    • 保護観察官
    • 法務教官
  • 地方公務員(行政職・福祉職・心理職)

    都道府県や市町村で、高齢者・障害者・経済困窮者・家族や子どもの問題の指導・相談に当たる福祉職のほか、一般行政職も輩出しています。

    【想定される進路】
    • 地方公務員 一般行政職・福祉職・心理職
    • ケースワーカー(福祉事務所)
    • 県・市・区などの福祉事務所に配置されて、生活保護をはじめ児童福祉、高齢者福祉、障害者福祉など社会福祉全般の相談に乗り、社会福祉のサービスにつなげます。

    • 児童福祉司(児童相談所)
    • 都道府県・政令指定都市などが設置した児童相談所に配置されて、子どもの養育・障害・非行などの相談に応じます。児童虐待対応や子どもの一時保護など必要な支援を行います。

  • 学校(教育委員会)

    福祉系高等学校の教員やスクールソーシャルワーカーとして学校で活躍している卒業生もいます。

    【想定される進路】
    • スクールソーシャルワーカー(SSW)
    • 子どもたちが学校や日常生活で直面する不登校、虐待などの問題に対して、学校、家族、地域社会などに働きかけて、解決に向けて支援する専門職です。

    • 高等学校福祉科教員
  • 医療機関

    入院患者と家族の生活問題の解決を支援する医療ソーシャルワーカー、精神障害者とその家族を支援する精神保健ソーシャルワーカーとして活躍します。

    【想定される進路】
    • 医療ソーシャルワーカー(MSW)
    • 病院や診療所で、経済上・生活上の問題を抱える患者や家族に対し、利用できる社会保障制度を提示、退院先の相談、退院後の生活準備などを援助します。

    • 精神保健ソーシャルワーカー(PSW)
    • 精神科医療機関などで、精神障害者やその家族の生活支援、問題解決のための相談・援助を行います。

  • 社会福祉施設

    高齢者福祉施設・障害者支援施設などの利用者とその家族に対する相談援助や地域づくりに取り組みます。

    【想定される進路】
    • 生活相談員
    • 地域包括支援センターの社会福祉士
    • 就労支援、地域生活支援を担う事業所、相談支援事業所のソーシャルワーカー
    • 児童養護施設の保育士・児童指導員
  • 社会福祉協議会

    地域の福祉課題の解決に向けて住民組織やボランティアとともに取り組む、営利を目的としない民間組織(社会福祉法人)です。

    【想定される進路】
    • コミュニティソーシャルワーカー(CSW)
    • 生活支援コーディネーター
  • 一般企業

    医療福祉関連ビジネスをはじめとして、少子高齢社会における企業の経営・商品開発・営業活動などに力を発揮します。

    【想定される進路】
    • 商品企画開発部門
    • 総務部門
    • 営業部門 など
  • NPO法人

    高齢者・障害者(児)支援、子育て支援、若者のキャリア開発支援など、多様な地域課題の解決に取り組むNPO法人で活躍します。

    【想定される進路】
    • NPO法人代表者・スタッフ

就職決定者VOICE

稲沢市(愛知県)
行政職

社会福祉学部
2021年3月卒業
野澤 のざわ 遼太 りょうた さん 愛知県 清林館高等学校出身

住民への思いを大切に、
地元の活性化に貢献したい。

当初子ども専修で入学しましたが、1年次に参加したフィールドワークで、半田市の職員の方から話を伺い、地域に貢献する公務員の仕事に興味を抱きました。このため2年次からは行政専修へ変更。ゼミで武豊町の職員の方にインタビューを行い、地域住民に対する熱心な取り組みや強い思いを知り、公務員になりたいという気持ちが固まってきました。公務員試験に向けて対策を始めたのは、3年次から。ゼミの先生から勉強をサポートしていただいたり、公務員をめざす仲間と情報共有したりして、地元の稲沢市に内定。今後は地元がもっと活性化するよう力を尽くしたいと考えています。

社会福祉法人中央有鄰学院

社会福祉学部
2021年3月卒業
広瀬 ひろせ あゆ さん 富山県 富山いずみ高等学校出身

子どもたち一人ひとりに向き合い、
それぞれの幸せを実現したい

子どもや親の支援に関心を抱き、実習では母子生活支援施設や児童養護施設を体験しました。また、山形県で住民が主体となって活動している地域など、さまざまな場所へフィールドワークに行き、児童福祉分野以外についても学びを深めることができました。就職活動では数か所の児童養護施設のインターンシップに参加し、最終的に4年次に実習で訪れた児童養護施設を望。子どもたちとの距離が近く、家庭的であたたかい雰囲気に魅力を感じました。子どもたち一人ひとりの幸せの形は異なります。その子にとっての本当の幸せは、何かを考えていける支援者になりたいと思います。

ひだまりこころクリニック
精神保健福祉士(PSW)

社会福祉学部
2021年3月卒業
畑佐 はたさ 成美 なるみ さん 愛知県 山田高等学校出身

多職種とのつながりを意識して、
患者さんを共に支えていきたい。

グループディスカッションやフィールドワークを通して、ソーシャルワーカーに必要な知識だけではなく、コミュニケーション能力なども磨くことができました。他大学と合同で行う授業にも参加。医師や看護師などをめざす学生と共にディスカッションを行い、多職種連携への理解を深めました。就職活動の時期には、新型コロナウイルスの感染が拡大。コロナ禍で懸命に闘う医療関係者を間近に見て、貢献したいと強く感じるようになり、医療機関を志望しました。就職先のクリニックでは多職種の方と連携し、どんな患者さんもしっかりと支えていける精神保健福祉士をめざします。

社会福祉法人聖隷福祉事業団

社会福祉学部
2021年3月卒業
鈴木 すずき 太津樹 たつき さん 静岡県 浜松開誠館高等学校出身

入所者に寄り添い、
一緒に歩んでいきたい。

地域福祉をメインに学び、卒業論文では新型コロナウイルスの感染が拡大する中でどのように地域活動を展開していけばよいか研究しました。また、授業で社会福祉協議会の地域活動に参加する機会もあり、地域にかかわる仕事に関心を持つようになりました。就職先は地元静岡県を中心に全国で施設や病院を運営する団体。介護職として現場のことを学んだ上で、将来は相談職として入所者の方を支援したいと考えています。4年間で学んだ“ふくし”は「支える」というよりも、「一緒に歩んでいく」こと。ただ支えるのではなく、高齢者の残存機能を活かしながら共に歩んでいきます。