›
 ›
 ›
社会福祉学部 資格・進路

社会福祉学部
資格・進路

ダブルライセンスが、
幅広い分野での活躍を後押し。

社会福祉学部の大きな特長は、多くの資格取得に挑戦できること。4専修すべてで、あらゆる相談援助職のベースとなる社会福祉士の国家試験受験資格が取得できます。加えて、児童相談所や児童福祉施設への進路をめざす場合は保育士資格の取得、病院や社会福祉施設で働くソーシャルワーカーをめざす場合は精神保健福祉士資格の取得で就職後の可能性が広がります。

社会福祉学部で可能なダブルライセンス! (主要資格を抜粋)

その他、取得可能な資格

  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 社会福祉主事任用資格
  • 身体障害者福祉司任用資格
  • 知的障害者福祉司任用資格
  • 児童指導員任用資格
  • 児童福祉司任用資格

資格取得サポート

正課科目で国家試験合格をサポート

4専修すべてで社会福祉士の取得を支援しています。国家試験の合格に向けて「社会福祉特別講座Ⅰ~Ⅲ」は、3年次後期から国家試験直前までの1年半、正課科目として開講。試験対策を中心とした学習支援や社会福祉士として福祉の実践現場に自らが貢献していくことの意義などを理解し、国家試験に合格するための専門的な知識を身につけることができます。

主な進路

  • 国家公務員専門職

    非行を起こした少年の更生に関わる司法分野の専門職としての活躍が期待されます。中央官庁の一般行政職につく卒業生もいます。

    【想定される職種】
    • 家庭裁判所調査官
    • 事件送致された少年の処分決定に必要な、非行に至った経緯や生育歴、家庭環境などを調査したり、夫婦・家族間の紛争解決のための審判・調停に必要な調査を行います。

    • 保護観察官
    • 法務教官
  • 地方公務員(行政専修・福祉職・心理職)

    都道府県や市町村で、高齢者・障害者・経済困窮者・家族や子どもの問題の指導・相談に当たる福祉職のほか、一般行政職も輩出しています。

    【想定される職種】
    • 地方公務員 一般行政職・福祉職・心理職
    • ケースワーカー(福祉事務所)
    • 県や市の福祉事務所に配置されて、生活保護をはじめ児童福祉、高齢者福祉、障害者福祉など社会福祉全般の相談にのり、社会福祉のサービスにつなげます。

    • 児童福祉司(児童相談所)
    • 都道府県・政令指定都市が設置した児童相談所に配置されて、子どもの養育・障害・非行などの相談に応じます。児童虐待対応や子どもの一時保護など必要な支援を行います。

  • 学校(教育委員会)

    福祉系高等学校の教員やスクールソーシャルワーカーとして学校で活躍している卒業生もいます。

    【想定される職種】
    • スクールソーシャルワーカー(SSW)
    • 子どもたちが学校や日常生活で直面する不登校、虐待などの問題に対して、学校、家族、地域社会などに働きかけて、解決に向けて支援する専門職です。

    • 高等学校福祉科教員
  • 医療機関

    入院患者と家族の生活問題の解決を支援する医療ソーシャルワーカー、精神障害者とその家族を支援する精神保健福祉士として活躍します。

    【想定される職種】
    • 医療ソーシャルワーカー(MSW)
    • 病院や診療所で、経済上・生活上の問題を抱える患者や家族に対し、利用できる社会保障制度を提示、退院先の相談、退院後の生活準備などを援助します。

    • 精神保健ソーシャルワーカー(PSW)
    • 精神科医療機関などで、精神障害者やその家族の生活支援、問題解決のための相談・援助を行います。

  • 社会福祉施設

    高齢者福祉施設・障害者支援施設などで生活する利用者とその家族に対し、生活上の問題解決に向けた相談援助を行います。

    【想定される職種】
    • 生活相談員
    • 地域包括支援センターの社会福祉士
    • 就労支援、地域生活支援を担う事業所、精神保健センターのソーシャルワーカー(PSW)
  • 社会福祉協議会

    地域の福祉課題の解決に向けて住民組織やボランティアとともに取り組む、営利を目的としない民間組織(社会福祉法人)です。

    【想定される職種】
    • コミュニティソーシャルワーカー
    • 生活支援コーディネーター
  • 一般企業

    医療福祉関連ビジネスをはじめとして、少子高齢社会における企業の経営・商品開発・営業活動などに力を発揮します。

    【想定される職種】
    • 商品企画開発部門
    • 総務部門
    • 営業部門 など
  • NPO法人

    高齢者・障害者(児)支援、子育て支援、若者のキャリア開発支援など、多様な地域課題の解決に取り組むNPO法人で活躍します。

    【想定される職種】
    • NPO法人代表者・スタッフ