私にとって空港もキャンパス

Student Interview

空港で働き、学ぶ日本福祉大学生の言葉

講義でもアルバイトでも
異文化との出会いが楽しい

Beecher’s Handmade Cheese

高岡 ひらりさん

国際福祉開発学部 国際福祉開発学科1年(当時)

身近に世界を感じられる職場

 小さい頃から色々な人とふれあうのが大好きで、外国の人とも積極的に関わりたいと思っていました。大学生活にも慣れてきて、アルバイトを始めたいと考えていた時にちょうど大学に中部国際空港の担当者がお見えになり、そこでフライト・オブ・ドリームズのアルバイトを紹介して頂きました。たくさんの国の人に出会える空港内での職場に魅力を感じて働くことに決めました。
 空港までは大学の最寄り駅から電車で1本なので通うのも便利です。平日は講義が終わった後、夕方から夜の時間に勤務しています。私のほかにも国際福祉開発学部の学生が同じお店で2人アルバイトをしていることもあり、楽しく働けています。

続きを見る

講義とアルバイトの両方で学びが深まる

 外国からのお客様と日々接することができるのが、このアルバイトの一番の魅力です。高校までも英語は学んできたのですが、実際に会話をしてみるとうまくいかないことに気づき、最初は本当に苦労しました。
 大学ではすべて英語で行う講義も多く、学んだことをアルバイトで少しずつ生かせるのがうれしいです。接客でうまく伝えられなかった言葉があれば調べたり、講義で学んだ言い回しを使ってみようと思ったり。まだまだ勉強不足ですが、違う国の人との会話に自信がついてきました。
 言葉だけでなく、国が違えば習慣やマナーが違うこともお客様との関わりの中から自然と学びました。「異文化理解」の講義も、実際のコミュニケーションに役立っていると感じます。また、国際福祉開発学部は留学生や外国人の先生が多いこと、個性的な学生が全国から集まっていることも、私の視野をすごく広げてくれていると思います。

経験を重ねて、たくさんの人とつながりたい

あなたにとって空港とは?

 講義の一環でフィリピンでのフィールドワークにも参加しました。フィリピンの方は時間の感覚がおおらかだったり、1日に5~6回食事をしたりと驚くことも多かったですが、そんな違いも含めて楽しい経験でした。同時に、貧しい地域で暮らす人たちの現状を目の当たりにして、深く考えさせられることもありました。
 今、国内でもたくさんの外国人の方が働いていますよね。職場や地域でトラブルになってしまったり、外国の方とうまく付き合えていないこともあると聞くと残念に思います。違う国の人とも心を通わせるためには、積極的に海外に出て様々な経験をすることが大切ではないかと考えます。私も在学中にできるだけたくさんの国に行ってみたいですね。

施設・店舗情報

FLIGHT OF DREAMS​

FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)は、ボーイング787初号機の展示をメインとした新感覚飛行機テーマパークです。

住所 〒479-0881
愛知県常滑市セントレア1-1
FLIGHT OF DREAMS
営業時間

FLIGHT PARK
10:00~17:00 (最終入場16:30)
毎週土曜日のみ10:00~19:00 (最終入場18:30)

SEATTLE TERRACE
10:00~22:00
店舗により営業時間が異なります。

WEB https://flightofdreams.jp/

Beecher’s Handmade Cheese​

シアトルの観光名所「パイクプレイスマーケット」で行列ができるチーズ専門店。伝統的な製法で作り、添加物や着色料を一切使わないこだわりのチーズの販売に加え、本国で人気の熱々のマカロニにチーズをからめた「マック&チーズ」やとろけるチーズがたっぷり入ったホットグリルサンドをお楽しみいただけます。

住所 〒479-0881
愛知県常滑市セントレア1-1
FLIGHT OF DREAMS 2F SEATTLE TERRACE
電話 0569-84-8566
営業時間 10:00~22:00
WEB https://flightofdreams.jp/st/28
Back To Page