このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園概要
  4. 学園創立者 鈴木修学

学園創立者 鈴木修学

※「日本福祉大学の二十五年」(昭和53年6月6日発行)より抜粋。肩書、表現は当時のもの。

 日本福祉大学は、その生涯を社会事業にささげた宗教家 鈴木修学によって開設された。

 それは、社会の革新と進歩のために、人間愛と科学的精神に満ちた福祉に働く人びとを育てようという、長年の社会事業活動から生まれた修学の切なる願いからであった。

 今日の福祉大学にいたるあゆみは、修学が宗教的信念と社会事業への情熱を胸中に燃やしはじめた青春時代からすでにはじまっていた。

創立者 鈴木修学先生

誕生、青春時代

 修学は、明治35年、尾張平野の片田舎であった愛知県丹羽郡布袋町(現 江南市寄木)に、お菓子の卸売を兼ねる農家の長男として生まれ、修一郎と名づけられた。

 幼いころより、信仰心のあつい父と母から、毎夜のように法華経の訓読や仏の教えの話を聞きながら成長した。6人兄弟の長男のため、布袋高等小学校を卒業するとすぐ家業を継がねばならなかったので、早稲田大学の講義録などを取寄せ独学で勉学にはげみながら青春時代をむかえた。

仏教感化救済会との出会い

 そしてそのころから、敬虔な環境に育った修一郎は、矛盾に満ちた社会や人間の存在などに深く悩むようになり、なに不自由のない自分自身にすら懐疑的になっていった。この青春の煩悶からの救いを求めて、名古屋市内にあった法華系の新宗教修養団 仏教感化救済会の門をたたいたのだった。修一郎は、そこで、当時「末法救済の使命を帯びてこの世に出世した」としたわれていた会長 杉山辰子に出会い、法華経の功徳を説く杉山の話に深い感銘と心のやすらぎをおぼえたのであった。修学23歳の春であった。

 その後、修一郎は求道にはげんだ。27歳の時、ついに親の反対を押し切り、家業を捨てて救済会の布教と社会事業に専心しようと決意した。正式に入会した修一郎は、杉山の養女みつと結婚、宗教家としての第一歩をふみだした。それは、極度の経営難のため助成を求めてきていた福岡市の松原癩(ハンセン病)療養所にはじまった。

若い頃の鈴木修学

仏教感化救済会での活動-癩(ハンセン病)療養所など-

 主任として妻みつとともに福岡へ赴任した修一郎は、予想をはるかに上回る窮状にがく然とした。荒廃した施設の修理はできたものの、極端に貧しい患者たちの治療費を、救済会からの送金だけでまかなうことは到底無理であった。生来の明るさとゆるぎない信仰心で、社会から忌みきらわれ、療養所を隔離施設として一生とじこめられてしまう運命にあった患者たちに、生への希望をともさせはしたが、青年修一郎の献身的な努力でも資金不足には勝てなかった。

 だが、失意のうちに名古屋に帰った修一郎には、すでにつぎの仕事が待っていた。県内の知多郡阿久比村(現 阿久比町)に1町5反歩余の田畑と50町歩余の山林をもとに農場をひらき、そこで社会から見離された不良少年たちを感化する仕事であった。修一郎は、青年たちと寝食をともにしながら、労働の喜びと生きる道を説き、かれらの心をひらいていった。

 ようやく事業が軌道にのりはじめた矢先、恩師 杉山辰子の死に接した。昭和7年のことであった。しかし亡き師から与えられた2つの実践は、若き修一郎に、社会事業への情熱だけでなく、経営のあり方などを体得させ、人びとの救済に生涯をささげようと決意させたのだった。

生の松原療病院

仏教感化救済会の事業継承と太平洋戦争

 杉山辰子の死後、救済会は教化部門の仏教樹徳修養団と社会事業部門の大乗報恩会にわかれることになり、修一郎は、財団法人となった報恩会の常務理事として師の遺志をつぎ、法華経の流布とともに、社会事業に全力をそそぐことになった。修一郎33歳の時であった。

 修一郎は、さっそく養護施設駒方寮の建設をはじめ、さらには少年の感化、孤児の収容など事業への情熱を燃やしていった。世情は、中国での侵略が泥沼化し、長びく不況で極度の貧困におとしいれられた農民や失業者が全国にあふれていた。このため、つのる不安から信徒はふえ、社会事業の使命もまた大きくなる一方であったので、修一郎の仕事はますますひろがっていった。

 しかし、わが国は、ついに無謀な戦争(太平洋戦争)に突入した。挙国一致の体制で国民を戦争へ総動員しようとした国家は、既成の宗教以外でひたすら自己の信仰に根ざして人びとを救おうとする心ある宗教者たちさえ危険思想視して、きびしい弾圧を加えてきた。昭和18年の春、大乗修養団も治安維持法違反の疑いで特高の捜査を受け、修一郎は連行されていった。58日間の拘留後、修養団の布教活動は禁止され、社会事業部門だけが昭徳会と名をかえて続けられることになった。

敗戦、大学誕生前史-宗教法人法音寺山首、社会福祉法人昭徳会理事長に就任-

 敗戦。ようやく平和がよみがえったとはいえ、戦争の傷痕は大きかった。街の焼跡には戦災孤児や戦傷者があふれ、人びとは飢えに苦しんだ。修一郎の仕事は、いっそう多忙になっていった。

 だが、弾圧いらい布教活動を禁止されていた修養団は、分派が生まれたりして動揺していたので事業へ全力をふり向むけることができなかった。そのため、一日も早い再建が望まれた。修一郎は、この苦い経験から、日蓮宗に帰属し、みずからも出家、得度して再出発することを決意した。こうして修一郎は修学と名をあらため、昭和22年、修養団を解消し日蓮宗昭徳教会を設立し、修学が会長となって布教が再開された。修学はさらに翌年同宗寺院住職の資格を得、昭和25年法音寺と寺号を公称することになった。

 この間も、修学の事業への熱意はかわらなかった。名古屋養育園、精神薄弱児施設八事少年寮などを引継いだ。そこで、とくに戦災で孤児になり、浮浪生活ですさみきった子らと接して暗然となった。この体験や、障害を持つ子らを思うにつけ、未来をになう子こどもたちを育てていくために、どうしても、人類愛に根ざしながら社会福祉に働く青年たちの育成が急務であることを痛感するようになっていった。それは、国民への福祉がもはや国の責務となったにもかかわらず、極端に人材が足りなかった自治体や社会事業者たちからの要望でもあったのだった。

そのころ、全国社会福祉協議会(全社協)をはじめ愛知県、名古屋市の協議会の理事やその他社会福祉関係の要職をつとめるようになっていた修学は、この事業を自分に課せられた使命であると考えた。そこで修学は、信徒たちに福祉に働く青年を育成しようと呼びかけ、全社協、厚生省、文部省、愛知県、名古屋市などや理解ある教育者たちへ協力を求め、大学建設に奔走することになった。

駒方寮にて

建設中の中部社会事業短期大学

中部日本新聞(現 中日新聞)(昭和27年11月16日)

中部社会事業短期大学誕生、そして4年制大学へ

 この努力の結果、昭和28年、法音寺学園中部社会事業短期大学が昭和区杁中の地に産声をあげ、修学は初代学長に就任した。そしてさらに、修学はひろがる国民の福祉への期待にこたえるべく、昭和33年、短大を4年制の日本福祉大学へ昇格させ、翌年には付属立花高校を新設させた。

 設立はしたものの教学充実の課題は山積していた。修学は連日疲れをいとわず布教に教育に奮闘を続けた。しかし、すでに3度にわたり脳血栓に倒れていた修学は、昭和37年高校事務室で倒れ、60歳の生涯をとじたのであった。

創立の頃のキャンパス

中部社会事業短期大学 第1回卒業式(昭和30年3月)

大学名を掛け替える鈴木修学学長

日本福祉大学校章

昭和32年頃のキャンパス

学園創立者 鈴木修学のあゆみ

西暦 月日 年齢 内容
明治
35年 1902 1月5日 0歳 愛知県丹羽郡秋津村大字寄木(現・江南市寄木町)に、父鈴木徳太郎・母さわの の長男として出生。修一郎と名付けられる。
41年 1908 4月 7歳 布袋尋常高等小学校入学
42年 1909 1月 8歳 始祖・廣宣院殿安立大法尼(杉山辰子先生)仏教感化救済会を設立。
大正
5年 1916 3月 15歳 布袋尋常高等小学校高等科卒業
13年 1924   23歳 仏教感化救済会会長・安立大法尼より教えを受け、入信。
昭和
2年 1927   26歳 仏教感化救済会入会
3年 1928 6月
27歳 安立大法尼の養女、みつと結婚。
福岡・生の松原のハンセン病療病院主任として赴任。
4年 1929   28歳 仏教修養団(後、仏教感化修養団~仏教樹徳修養団~大乗修養団)が結成され、幹事長に就任。
5年 1930 12月 29歳 生の松原のハンセン病療病院引揚。
帰名後、臥竜山農場にて不良少年の救護指導。
7年 1932   31歳 社会事業施設・千種寮開設被虐待児童及び軽度のハンセン病患者を収容
9年 1934 6月1日
33歳 (財)大乗報恩会設立、常務理事に就任、仏教感化救済会の事業を継承。
11月 市外猪高村藤森に児童養護施設・明徳寮開設
11年 1936   35歳 本部事務所を現在地・駒方町に移転。千種寮と大徳寮を併合、児童養護施設・駒方寮開設。
12年 1937 9月5日 36歳 駒方保育園開設
13年 1938 2月1日
37歳 愛知県社会教育委員に就任
5月14日 駒方診療所開設
16年 1941 4月10日 40歳 愛知県方面委員に就任
17年 1942 1月18日 41歳 台湾開拓移民団派遣に先立ち、準備のため渡台。
18年 1943 4月15日 42歳 宗教団体法違反容疑により特高警察に勾引され、以後58日間拘留される。大乗報恩会は宗教活動の禁止、各地支部の閉鎖、名称変更、理事長以下全員・理事の更迭命令等を受け、財団法人昭徳会と改称。坂井徳太郎陸軍中将を理事長に迎え、社会事業活動の存続を図る。
20年 1945   44歳 終戦。戦災孤児・浮浪児が巷に溢れる。順次駒方寮に収容・養育に尽瘁。
21年 1946 4月1日
45歳 明治24年以来「仏教慈悲会」によって運営されてきた児童養護施設・名古屋養育院の事業を継承
11月10日 日蓮宗に加入し、得度。修学と改名。泰山院日進と号す。
12月1日 愛知県民生委員常務委員に就任
22年 1947 10月21日 46歳 愛知県社会事業協会理事に就任
23年 1948 4月1日
47歳 日本社会事業協会協議員、愛知県保育事業協会副会長、名古屋市保育事業協会副会長に、それぞれ就任。
24年 1949 4月
48歳 全国社会事業協議会議員に就任
5月25-27日 第三回全国児童福祉大会(横浜市)に出席
8月1日 昭和12年以来、名古屋大学医学部教授・杉田直樹博士により運営されてきた精神薄弱児(知的障害児)施設・八事少年寮の事業を継承(現・小原学園)。
11月8日 全国社会事業大会で表彰され、両陛下に拝謁。
25年 1950 4月1日
49歳 愛知県安城市に光徳寺保育園開設
7月20日 昭徳教会が大乗山法音寺と寺号を公称
11月1日 身延山大荒行第初行入行
26年 1951 2月10日 50歳 大荒行第初行成満、修法師となる。
27年 1952 6月1日
51歳 社会福祉事業法の施行に伴い、財団法人昭徳会を社会福祉法人に改組。
10月1日 司法保護施設・光明寮開設(現・小原学園)
11月1日 身延山大荒行第再行入行
28年 1953 1月
52歳 学校法人法音寺学園設立
2月10日 大荒行第再行成満
4月20日 中部社会事業短期大学第一回入学式挙行
5月28日 愛知県社会福祉協議会監事並びに、児童福祉委員会収容施設部会長に就任
8月13日 法音寺、宗教法人に改組。
29年 1954 11月1日 53歳 身延山大荒行第参行入行
30年 1955 2月10日
54歳 大荒行第参行成満
3月28日 中部社会事業短期大学第一回卒業式挙行
31年 1956 5月28日 55歳 愛知県社会福祉協議会理事に就任
32年 1957 4月 56歳 中部社会事業短期大学を四年制の日本福祉大学に改組
33年 1958 4月1日 57歳 日本福祉大学付属立花高等学校開校
34年 1959 4月1日 58歳 法音寺学園・橘料理学校開設
35年 1960 8月23-25日
59歳 日蓮宗保育講習会開催
11月10日 厚生大臣彰受彰
36年 1961 4月1日
60歳 日本福祉大学女子短期大学部開設
10月13日 藍綬褒章受章
37年 1962 5月21日 61歳 NHKテレビに出演
6月7日 還化
6月15日 本葬。日蓮宗・大僧正位追贈
正六位勲五等瑞宝章追叙

大乗山法音寺 三徳開教百年史(3)より抜粋

学園創立者 鈴木修学を語る

※肩書は発行当時

著書

現代生活の指針

鈴木 修学 著

日蓮宗 法音寺

続 現代生活の指針

鈴木 修学 著

日蓮宗 法音寺

道徳と宗教

鈴木 修学 著

日蓮宗 法音寺

妙法蓮華経略義

鈴木 修学 著

青山書院

無量義経略義

鈴木 修学 著

青山書院

仏説観普賢菩薩行法経略義

鈴木 修学 著

青山書院

撰法華経略義

鈴木 修学 著

青山書院

日蓮宗 大乗山法音寺ホームページより