このページのメインコンテンツへ移動
  • ご挨拶
  • 学園への期待
  • 記念事業
  • 記念事業募金
  • 60年の歩み
  1. ホーム
  2. ご挨拶

ご挨拶

 日本福祉大学は、1953年に中部社会事業短期大学として出発し、2013年に創立60周年を迎えました。本学園は、60年の歴史のなかで福祉に関わる研究・教育を常に切り拓き、これまでに、医療・福祉分野をはじめ、公務員・教員、企業など各界で活躍している約95,000人(学園全体、2013年5月1日現在)の卒業生を輩出してきました。この間、1957年に日本福祉大学となり、1983年には美浜キャンパスへの総合移転を行い、現在では福祉経営学部(通信教育)を含め美浜キャンパスと半田キャンパスに6学部、それに名古屋キャンパスの大学院、そして付属高校と中央福祉専門学校を擁する「ふくし」の総合大学、総合学園として発展してきました。

 創立60周年を迎えるにあたり、本学園は、60周年マークとスローガンを制定いたしました。スローガンの「日福、うごく。」は、60年の実績に安住することなく、社会変化を先取りして変貌していく姿勢を示し、60周年マークは、地域社会や国際社会など、多様な出会いのなかで新しい価値を生み出す大学・学園の姿を表しています。その理念のもと、東海キャンパス開設および看護学部を新設する計画をはじめ、2013~2015年度の3か年にわたり60周年記念事業を推進していきます。

 「福祉研究・教育のリーディングセンター」として更なる発展をめざして、計画実現に向けて全力で取り組む所存でございます。60周年記念事業に対する皆様方のご支援をお願い申し上げます。

学園創立60周年事業本部長
学校法人日本福祉大学理事長

丸山 悟