このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
健康科学部

健康科学部半田キャンパス

学科紹介

リハビリテーション学科

チーム医療の一員になる

理学療法学専攻
科学的根拠に基づいた理学療法の実践者をめざす。

立つ、歩く、呼吸するといった、人の基本動作。その動作に支障をきたす障害を、からだを動かす運動療法や、熱・電気などで刺激を与える物理療法、疾患部を固定する装具療法によって治療する――それが理学療法です。歩けないという症状でも、原因は骨折や心臓疾患による息切れなど多様。適切な療法を行うために欠かせない、人体の仕組みや医学の基礎、治療メカニズムといった幅広い知識を、充実した医学系科目と早期からの実習や実験で学びます。めざすのは、科学的根拠に基づいたリハビリテーションを医療・福祉・スポーツなどの現場で実践できる専門家。独自の研究に取り組み学会で発表するなど、医療の最先端情報に触れながら学べます。

作業療法学専攻
手を動かすことができる喜びや、
生きがいづくりを支援。

食事をする、着替える、買い物をする、仕事をするなど、日常生活を送る上で必要となる能力。脳卒中などで機能が失われた人や、こころの障害、発達の障害などで思うようにできない人に対して、手工芸などの作業や、片手でもできる調理法など身のまわりの工夫を通じて、動作の再獲得を支援する専門家が作業療法士です。教員が地域の施設で実施する指導と、4年間を通じて行う臨床実習により、講義と実践の行き来を繰り返し、確かな問題解決力を習得。対象者の生活や職場復帰を支え、生きがいづくりを支援できる作業療法士をめざします。卒業後は病院やリハビリテーションセンター、介護老人保健施設、児童福祉施設などの活躍の場があります。

介護学専攻
その人に合った支援を多面的に考え
実践できる介護福祉士に。

介護を受ける人の立場で考えてみてください。いろいろな職種の人が支援に携わる中で、いちばん身近に関わる職種は介護福祉士です。介護を受ける人々の思いを受け止め、自分らしい生き方ができるよう、相談援助職やリハビリテーション職などさまざまな職種とともに生活を支援します。今、求められているのはそんな介護福祉士。高い介護技術を持ち、多職種と連携して社会福祉制度を活用し、家庭や地域社会の課題を解決していく専門職です。介護学専攻では、介護福祉士と社会福祉士、2つの資格取得を通じて、対象者を多面的に支援できる人材をめざします。介護現場のリーダーから介護技術を備えた相談援助職まで、進路の選択肢は広がります。

福祉工学科

福祉に強い理工系

健康情報専修
情報技術と福祉用具を、
人の幸せのために使いこなそう。

生活を便利にする情報技術や福祉用具。これらをスマートフォンアプリケーションや使いやすい機器道具として、リハビリテーションや福祉の分野で活用すれば、障害者や高齢者のできることは大きく広がります。健康情報専修は、ソフトウェアやネットワークといった情報技術の基礎と、医学や福祉を学び、人の生活の向上に応用できる実践的な技術を身につける、日本福祉大学ならではの専修です。「福祉の理念を持つ情報技術者」「福祉用具の適合・開発者」「ICT※を活用できるソーシャルワーカー」としての活躍が期待されます。

※情報通信技術:Information and Communication Technology

バリアフリーデザイン専修
人と自然環境、
すべてを見つめる“ふくし”の目を持った建築士に。

快適で幸福な暮らしの基盤となる、建築や住環境。でも、福祉や環境を熟知した建築のプロは、まだ少数派です。バリアフリーデザイン専修では、建築の専門知識に加え、ユニバーサルデザインや安全・安心、自然環境についての理解を深めます。高齢者から妊産婦や子ども、そして障害者まで、だれもが楽しく健康に暮らせる建築や環境の視点、自然環境との共生の視点を持った、これからの時代が求める生活環境の専門家をめざします。一級建築士※1・二級建築士※1・社会福祉士の資格取得をめざすことが可能です。卒業後は「建築の専門家」「造園・都市開発に携わる自然環境の専門家」「福祉環境の視点から住宅改修の助言ができるソーシャルワーカー」として力を発揮できます。