このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 研究活動
  3. 総合研究機構
研究活動

総合研究機構

機能

総合研究機構は、学内研究制度の条件整備と運用に加え、今後、日本福祉大学で実施される特定重点研究の戦略的推進などの研究統括組織として、 次のような機能を担っていきます。

(1)大学における組織的研究の戦略的・計画的な推進・評価の機能

特定重点研究の推進機関である各研究センター及び研究プロジェクトの戦略的推進を図るための研究育成機能を担うとともに、取り組みに対しての評価を行う。

(2)研究にかかわるマネジメントの強化及び支援機能の充実

総合研究機構内に「総合研究支援室」を設置し、研究戦略に係る推進とその管理運営等研究マネジメントの強化を図る。

(3)研究プロジェクトの開発機能

各研究所・研究センターの自律性を尊重しながら、相互の情報交換を進める。

(4)各研究所・センターのネットワーク機能

公募型研究プロジェクトの条件整備を図ることを通して、新たな研究のシーズを見出し、育成することを目指す。
各研究所・研究センター等の学内機関と連携しつつ段階的な研究プロジェクト開発を進める。

(5)研究成果・研究者情報の集積・発信機能の確立

研究推進によって得られた研究成果・研究人材に関する情報を集積するとともに、研究成果情報を広く発信できる機能を確立する。

(6)本学の研究に関わるコンプライアンスの制度整備と推進

研究推進にかかわる研究倫理等の制度を確立し、運用する。

(7)学内の研究支援の諸制度の運用

学内研究助成制度、学外研究、特定研究などの研究支援制度を運用する。

(8)研究予算の重層的対応の推進

戦略的研究の推進にかかわる競争的研究資金獲得に向けた体制検討等、経営機関を含む研究予算の重層的な対応を推進する。

総合研究支援室

総合研究機構の機能を果たすため、総合研究機構内に「総合研究支援室」を設置し、研究マネジメントの充実を図っていきます。
総合研究支援室は、次に掲げる事項の取り組みを通して研究マネジメント機能の強化を担っていきます。

  1. 課題設定型の新しい研究プロジェクトの発掘・開発・育成
  2. 研究戦略の在り方研究
  3. 研究発信を通した研究戦略の形成
  4. 研究評価指標の開発
  5. 多様な研究プロジェクトの推進と研究戦略成果形成の双方を実現する研究マネジメントの実施
  6. 研究に関わるコンプライアンスの制度整備とその推進
  7. 学内の研究支援諸制度(各学内研究助成制度、学外研究、特定研究などの公募、選考含む)の運用原案の策定

構成図

構成図