menu
募集要項

高校生の皆さんへのメッセージ

高校生の皆さんへのメッセージ

日本福祉大学 高校生福祉文化賞エッセイコンテストへの応募を検討される高校生の皆さんに向けて
コンテスト関係者や過去の受賞者から応援メッセージが届きましたので、紹介いたします。

審査員長 児玉 善郎 氏
(エッセイコンテスト審査員長・日本福祉大学学長)
dammy

 高校生の皆さんは、コロナ禍が続く中において、感染防止に最大限の注意を払いながら、勉強や部活などに日々努力されていることと思います。学校行事や部活動が十分行えないことや家族との暮らしにおいて、不自由を感じることが多々あるかもしれません。それでも、自分の将来に向けて、今できることを前向きに取り組むことは素晴らしいことだと思います。これまでに経験したことがないような状況の中で、皆さんが日々感じていること、意欲的に取り組んでいることなど、素直な気持ちや思いをエッセイにして伝えて欲しいと思います。

中村 美月 さん
(第17回エッセイコンテスト 第2分野「スポーツとわたし」最優秀賞受賞、本学スポーツ科学部2年生)
dammy
  1. 応募のきっかけ
    国語担当の先生からの紹介がきっかけで、大好きな陸上競技に通してその経験で得たことをエッセイに活かしたいと思ったからです。
  2. 書く際に心がけていたこと
    情景描写を使うことで臨場感というものが出せるので、それを心掛けていました。
  3. 書いてみて役に立ったこと・応援メッセージ
    実際に書くことで、自分の考えを整理することができました。高校生は感受性豊かな時期なので、心の内に秘められているものを自分の言葉で素直に表現することが大切だと思います。
土倉 早貴 さん
(第17回エッセイコンテスト 第4分野「社会のなかの『どうして?』」優秀賞受賞、本学社会福祉学部2年生)
dammy
  1. 応募のきっかけ
    日本福祉大学への進学を目指していて、高校の先生に応募したらとすすめてもらいました。
  2. 書く際に心がけていたこと
    私のエッセイは伝聞などの情報が多いので、書いた後にいちばん大事な部分を考えながらいらない部分をそぎ落とし、すっきりと読めるように意識しました。
  3. 書いてみて役に立ったこと・応援メッセージ
    情報をまとめたり、自分の思いを文章化することが大学でもレポート作成に役立っているかなと思います。この、エッセイコンテストは自分の思いを表現できるいい機会だと思います。
薮塚 謙一 さん
(「書く力UP オンライン講座」講師、元 朝日新聞社教育総務)
dammy

 マニュアル化された仕事はロボットや人工知能が担う時代が到来し、その範囲は今後さらに広がるでしょう。自ら考え、判断し、意見を伝え、周囲と協力して新しい知恵を生み出す。将来、皆さんは、マニュアル化できないそんな働き方を求められます。
 伝えようとするテーマを見つけ、裏付けとなる情報を集め、ひとつの作品にまとめ上げる。エッセイコンテストに参加することで鍛えられる力は、皆さんが将来を生き抜く力につながり、近いところでは、大学受験にも役立ちます。ぜひ挑戦してみてください。
 ところで、このサイトでは私の「書く力UP講座」を掲載中です。ご活用ください。

ITOKiN 氏
(アーティスト・エッセイコンテストキービジュアルイラスト製作者、本学卒業生)
dammy
  1. エッセイのイラストに込めた意味
    僕の役目は親しみをもってもらうこと。なんだか楽しそうだな、かわいいなと参加へのハードルが下がることを期待しています。もしもそんな気持ちになってくれたら幸いです。
  2. アーティストから見るエッセイを書く意味
    エッセイを書くことで客観的に自分を観察してほしい。
    当たり前に思っているルールや常識というものは時代とともに常に変わっていきます。
    今体験したことを他人の意見に左右されずに色々な角度から考え自分の意見を持つ場にしてほしいです。人と違うことの発見は未来の新しいルールになりうるかもしれません。
  3. 高校生への応援メッセージ
    今皆さんが経験していることはすぐに役に立たないことが多いかもしれませんが、いつか必ず自分を助けてくれる時がきます。そのためにも自分は何がしたいのか、何ができるのか、何が苦にならないのか、はたまた何がしたくないのか。そんなことを考えて目標にチャレンジしてください。