このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 学部
  4. 社会福祉学部
社会福祉学部

社会福祉学部美浜キャンパス

TOPICS

学びのスタイルが変わる。
2017年からは、新しい社会福祉学部へ!

専修制の導入
4つの専修で、専門性と多職種連携の力を養う。

わが国では、高齢者・障害者・児童・生活困窮者などの区別なく、地域に暮らす誰もがその人の状況に合った支援が受けられる“地域包括ケア”体制の構築が急務です。新しい社会福祉学部では、こうした要請に応える人材育成をめざし、専修制を導入します。各専修の専門分野を深く学ぶとともに、専修相互の連携も重視。地域において保健・医療・福祉の専門職間の協働が重視されることから、学内他学部や他大学と連携した“多職種連携教育”を行います。

行政専修 国・都道府県・市町村の一般行政職・福祉職を養成。家庭裁判所調査官など司法分野の専門職を志望する人にも適切な学びを提供します。
子ども専修 児童相談所などで働く公務員、保育園や児童福祉施設の保育士、スクールソーシャルワーカーなど、子どもと家族を支援する専門家を育成します。
医療専修 病院で働く医療ソーシャルワーカー、精神科病院・保健センター・障害者施設などで働く精神保健福祉士を養成します。
人間福祉専修 高齢者・障害者施設で働くソーシャルワーカーをはじめ、教育やビジネスなど幅広い分野で福祉の知識・技術を生かせる人材を育成します。

学科紹介

社会福祉学科

わが国初の4年制の「社会福祉学部」である本学部。教員数、専門研究領域の広さともトップクラスの充実度です。
この恵まれた環境で福祉を学んだ卒業生たちは、保健・医療・福祉分野を中心に日本全国で活躍しています。