›
 ›
取得可能な資格

取得可能な資格

専門職の証となる資格取得を支援。

社会福祉学部

社会福祉学科 行政専修

取得可能な資格

  • 社会福祉士国家試験受験資格 ※1
  • 社会福祉主事任用資格
  • 身体障害者福祉司任用資格
  • 知的障害者福祉司任用資格
  • 児童指導員任用資格
  • 児童福祉司任用資格 ※2
  • 初級障がい者スポーツ指導員

※1)指定科目の成績が学内基準に達していない場合、所定の科目を履修できない場合があります。また、資格取得に際して選考等の制限が入る場合があります。

※2)卒業後、指定施設において1年以上の実務経験が必要となります。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

*複数の資格を取得する場合、資格の組み合わせによっては4年間で取得できない場合があります。また、資格によっては併修できない場合があります。

社会福祉学科 子ども専修

取得可能な資格

  • 社会福祉士国家試験受験資格※1
  • 保育士※2
  • 認定スクールソーシャルワーク教育課程修了者※3
  • 児童指導員任用資格
  • 児童福祉司任用資格※4
  • 社会福祉主事任用資格
  • 身体障害者福祉司任用資格
  • 知的障害者福祉司任用資格
  • 初級障がい者スポーツ指導員

※1)指定科目の成績が学内基準に達していない場合、所定の科目を履修できない場合があります。また、資格取得に際して選考等の制限が入る場合があります。

※2)資格取得に必要な科目の履修者の学内選考を行っています。

※3)希望者多数の場合は、学内選考等を行うことがあります。また、指定科目の成績が学内基準に達していない場合、取得できない場合があります。

※4)卒業後、指定施設において1年以上の実務経験が必要となります。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

*複数の資格を取得する場合、資格の組み合わせによっては4年間で取得できない場合があります。また、資格によっては併修できない場合があります。

社会福祉学科 医療専修

取得可能な資格

  • 社会福祉士国家試験受験資格 ※1
  • 精神保健福祉士国家試験受験資格 ※2
  • 社会福祉主事任用資格
  • 身体障害者福祉司任用資格
  • 知的障害者福祉司任用資格
  • 児童指導員任用資格
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 児童福祉司任用資格 ※3

※1)指定科目の成績が学内基準に達していない場合、所定の科目を履修できない場合があります。また、資格取得に際して選考等の制限が入る場合があります。

※2)資格取得に必要な科目の履修者の学内選考を行っています。

※3)卒業後、指定施設において1年以上の実務経験が必要となります。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

*複数の資格を取得する場合、資格の組み合わせによっては4年間で取得できない場合があります。 また、資格によっては併修できない場合があります。

社会福祉学科 人間福祉専修

取得可能な資格

  • 社会福祉士国家試験受験資格 ※1
  • 精神保健福祉士国家試験受験資格 ※2
  • 高等学校教諭一種免許状(福祉)
  • 社会福祉主事任用資格
  • 身体障害者福祉司任用資格
  • 知的障害者福祉司任用資格
  • 児童指導員任用資格
  • 児童福祉司任用資格 ※3
  • 初級障がい者スポーツ指導員

※1)指定科目の成績が学内基準に達していない場合、所定の科目を履修できない場合があります。また、資格取得に際して選考等の制限が入る場合があります。

※2)資格取得に必要な科目の履修者の学内選考を行っています。

※3)卒業後、指定施設において1年以上の実務経験が必要となります。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

*複数の資格を取得する場合、資格の組み合わせによっては4年間で取得できない場合があります。また、資格によっては併修できない場合があります。

教育・心理学部

子ども発達学科 保育・幼児教育専修

取得可能な資格

  • 保育士
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 学童保育士※1
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童指導員任用資格

卒業後に実務経験が必要な資格

  • 児童福祉司任用資格※2

※1)別途、NPO法人 学童保育指導員協会が指定する学童保育実習を受講する必要があります。

※2)卒業後、指定施設において1年以上の実務経験が必要となります。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

*複数の資格を取得する場合、資格の組み合わせによっては4年間で取得できない場合があります。 また、資格によっては併修できない場合があります。

子ども発達学科 学校教育専修 学校教育コース

取得可能な資格

  • 小学校教諭一種免許状
  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 特別支援学校教諭一種免許状(知的障害・肢体不自由者)
  • 学童保育士※1
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童指導員任用資格

卒業後に実務経験が必要な資格

  • 児童福祉司任用資格※2

※1)別途、NPO法人 学童保育指導員協会が指定する学童保育実習を受講する必要があります。

※2)卒業後、指定施設において1年以上の実務経験が必要となります。

 

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

*複数の資格を取得する場合、資格の組み合わせによっては4年間で取得できない場合があります。また、資格によっては併修できない場合があります。

子ども発達学科 学校教育専修 特別支援教育コース

取得可能な資格

  • 小学校教諭一種免許状
  • 特別支援学校教諭一種免許状(知的障害者・肢体不自由者)
  • 学童保育士※1
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童指導員任用資格

卒業後に実務経験が必要な資格

  • 児童福祉司任用資格※2

※1)別途、NPO法人 学童保育指導員協会が指定する学童保育実習を受講する必要があります。

※2)卒業後、「指定施設」において1年以上の実務経験が必要となります。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

*複数の資格を取得する場合、資格の組み合わせによっては4年間で取得できない場合があります。また、資格によっては併修できない場合があります。

心理学科

取得可能な資格

  • 認定心理士
  • 認定心理士(心理調査)
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童指導員任用資格

卒業後に実務経験が必要な資格

  • 児童福祉司任用資格※1
  • 公認心理師(学士課程基礎資格)※2

※1)卒業後、指定施設において1年以上の実務経験が必要となります。

※2)指定科目の成績が学内基準に達していない場合、所定の科目を履修できない場合があります。また定員を超えた場合は学内選考が行われます。

スポーツ科学部

スポーツ科学科

免許状

  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 特別支援学校教諭一種免許状
    (知的障害者・肢体不自由者)※1

民間資格

  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 中級障がい者スポーツ指導員
  • 健康運動指導士受験資格
  • 健康運動実践指導者受験資格
  • 日本スポーツ協会共通科目Ⅲ
  • スポーツプログラマー受験資格
  • アシスタントマネジャー受験資格
  • レクリエーション・インストラクター
  • キャンプインストラクター

任用資格

  • 社会福祉主事任用資格

※1)希望者多数の場合は、学内選考等を行うことがあります。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

健康科学部

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

取得可能な資格

  • 理学療法士国家試験受験資格(卒業要件資格※)
  • 社会福祉主事任用資格

※卒業要件資格:受験資格の取得に必要な科目の単位修得が卒業の条件となります。修得には現場での実習が必要です。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

リハビリテーション学科 作業療法学専攻

取得可能な資格

  • 作業療法士国家試験受験資格(卒業要件資格※)
  • 社会福祉主事任用資格

※卒業要件資格:受験資格の取得に必要な科目の単位修得が卒業の条件となります。 修得には現場での実習が必要です。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

リハビリテーション学科 介護学専攻

取得可能な資格

  • 介護福祉士国家試験受験資格(卒業要件資格※1)
  • 社会福祉士国家試験受験資格※2
  • 社会福祉主事任用資格

卒業後に実務経験が必要な資格(一部養成研修が免除される資格)

  • 認定介護福祉士※3

※1)卒業要件資格:受験資格の取得に必要な科目の単位修得が卒業の条件となります。 修得には現場での実習が必要です。

※2)所定科目の成績により、資格取得に際して選考を行う場合があります。

※3)卒業後、介護福祉士としての実務経験(5年以上)を経て、認定介護福祉士研修を受講・修了することが必要です。所定の科目の履修によって認定介護福祉士養成研修の一部が免除されます。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

福祉工学科 情報工学専修

取得可能な資格

  • 福祉用具プランナー研修修了試験受験資格※1
  • 社会福祉主事任用資格

取得を支援する資格

  • 情報処理技術者(基本情報技術者、ITパスポート試験ほか)
  • CompTIA
  • LPIC-1~3
  • 医療情報技師
  • マルチメディア検定
  • 福祉用具専門相談員

※1)CDP講座などで福祉用具専門相談員指定講習の受講が必要です。また、修了試験合格と実務経験2年を経て、福祉用具プランナー認定証が交付されます。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

福祉工学科 建築バリアフリー専修

取得可能な資格

  • 一級建築士試験受験資格※1
  • 二級建築士試験受験資格※2
  • 2級ビオトープ管理士(計画・施工)試験科目一部免除※3
  • 社会福祉主事任用資格

※1)建築士免許の登録には、卒業後、指定科目の修得単位数等に応じた建築実務の経験年数が必要となります。

※2)卒業するために必要な資格となります。

※3)所定の科目の履修によって試験科目の一部が免除されます。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

経済学部

経済学科

民間資格

  • 医業経営管理能力検定 受験資格
    (公益社団法人 日本医業経営コンサルタント協会)
  • 社会調査士
  • 初級障がい者スポーツ指導員

免許状

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)(地理歴史)

任用資格

  • 社会福祉主事任用資格

取得を支援する資格

  • 日商簿記(日本商工会議所簿記検定)
  • 販売士(日本商工会議所リテールマーケティング検定)
  • ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 医療事務(医科)能力検定試験
  • ビジネス実務法務検定
  • 英検
  • TOEIC
  • TOEFL
  • 中小企業診断士
  • 社会保険労務士
  • 税理士
  • 国連英検
  • カラーコーディネーター
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 介護職初任者研修
  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • ITパスポート試験 ほか

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

*開講科目(単位認定)またはCDP講座で資格取得を支援します。

国際福祉開発学部

国際福祉開発学科

免許状

  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • 高等学校教諭一種免許状(英語)

民間資格

  • 初級障がい者スポーツ指導員

任用資格

  • 社会福祉主事任用資格

その他

  • 日本語教師養成プログラム修了証

取得を支援する資格

  • 日本語教育能力検定試験(日本語教師)
  • TOEIC(1・2年次は全員が年2回以上受験)
  • 英検(実用英語技能検定)
  • IELTS(International English Language Testing System)

    *受験料を全額補助します(目標スコアに達した場合)

  • ITパスポート 試験
  • 全国通訳案内士

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

*その他、複数の資格を取得する場合、資格の組み合わせによっては4年間で取得できない場合があります。

看護学部

看護学科

取得可能な資格

  • 看護師国家試験受験資格(卒業要件資格※)
  • 保健師国家試験受験資格(定員あり)

※卒業要件資格:受験資格の取得に必要な科目の単位修得が卒業の条件となります。 修得には臨地での実習が必要です。