学びのシステム

EDUCATION

スポーツ科学を追究し、
社会が求める力を養う。

すべての人々に、スポーツの楽しさと喜びを提供する人材を育成します。
そして、スポーツ実践の現場はもちろん、産業・行政・教育などあらゆる分野で応用できる能力を、
スポーツを題材とした大学教育を通じて養います。

4年間で身につける力

01

スポーツ科学の知識

スポーツを“する”“伝える”“支える”“見る”“つくる”ために不可欠な、幅広い科学的知識を身につけます。

対応する科目

  • スポーツ科学入門
  • スポーツ科学演習
  • スポーツ社会学
  • スポーツマネジメント
  • スポーツ教育学
  • スポーツ生理学
  • スポーツバイオメカニクス
  • スポーツ心理学
  • 障害者スポーツ論 ほか

02

スポーツ実技・指導力

上手下手にかかわらずスポーツを楽しむ体験、上達のための方法、安全でわかりやすい指導技術を身につけます。

対応する科目

  • コーチング科学
  • トレーニング科学
  • メンタルトレーニング
  • 専門実技(各種目)
  • スポーツ・運動指導者論
  • スポーツ指導法演習(各種目)
  • 保健体育科教育法Ⅰ~Ⅲ ほか

03

社会人としての実践力

さまざまな職業分野で発揮できる創造的思考能力・コミュニケーション能力・自己管理能力・問題解決能力などの力を身につけます。

対応する科目

  • スポーツコミュニケーション
  • 身体表現・芸術表現論
  • スポーツビジネス
  • スポーツメディア論
  • スポーツフィールドワークⅠ・Ⅱ
  • ふくしスポーツ演習
  • 専門演習Ⅰ・Ⅱ
  • インターンシップⅠ・Ⅱ ほか

豊富な科目群から
効率よく選択履修できるよう、
3つの履修モデルを用意しています。

トレーニング科学系

自身の競技パフォーマンスを向上させるため、あるいは子どもの発達期に応じた運動能力向上のためなど、対象や目的に応じた運動プログラムの作成・指導ができる人材を育成します。

スポーツ教育系

青少年の健全な育成を支える人材を育てます。中学高校の保健体育の教員、特別支援学校の教員、地域のスポーツクラブやスポーツ塾での指導者・経営者いった進路を想定しています。

ふくしスポーツ系

スポーツを通じ、地域に暮らす人々の健康と生きがいの創出に貢献する人材を育成します。地方公務員、障害者スポーツセンター職員、スポーツ関連NPO職員などの進路が想定されます。

QUESTION

たとえば、スポーツに関して、
次のような思いや疑問を持ったことは
ありませんか?

  • より効果的な
    練習って無いのかな?

  • マネージャーの役割って
    なんだろう?

  • プロ野球選手の給料って
    何であんなに高いんだろう?

  • 東京オリンピックや
    パラリンピックで
    私たちの生活は変わるのかな?

  • 運動が苦手な人や
    障害のある人でも楽しめる
    スポーツってあるのかな?

  • なぜフィギュアスケートで
    日本は強いの?

スポーツ科学部では
上記のようなスポーツに関する
様々な疑問や思いに
答えを見つけ出す学びができます。