日本福祉大学大学院
看護学研究科 修士課程

Graduate School of Nursing Science

2020年4月開設

新たな看護学の創造を探求し、
社会還元のために学びを深める。

看護学研究科 入学相談会

看護学研究科の「入学相談会」を開催します。
当日は、入試説明を含めた全体説明及び、個別相談会を実施する予定です。
事前申し込みは不要ですので、お気軽にご参加ください。

開催日程

12月12日(木)18時00分~

会場 東海キャンパス

看護学研究科設置のごあいさつ

 2015年度に看護学部を開設して以来、保健・医療・福祉を担う看護職の育成に努めてまいりました。2018年度には学部の完成を迎え、初めての卒業生を送り出すことができました。これもひとえに地域の皆様のご支援のおかげと感謝申し上げます。
 複雑で多様な社会環境から発せられる保健・医療・福祉におけるさまざまな健康にかかわるニーズに対して、十分に応えられる看護学の学問的専門性の確立のためには、研究の積み重ねによるさらなる研鑽が不可欠です。その実現のために、看護学研究科の開設を予定しています。

養成人材像

 看護学研究科では、複雑で多様な社会環境から発せられる保健・医療・福祉におけるさまざまな健康にかかわるニーズに対して本学がめざす“ふつうのくらしのしあわせ“(Well-being for All)をふまえ、看護学の専門的探求を通じて、学問的根拠をもって応えることができる研究力や教育力を有する看護人材の育成を目指します。

看護学研究科の概要

名称 看護学研究科 看護学専攻
学位名称 修士(看護学)
入学定員 10名
場所 東海キャンパス
学費 入学金 200,000円
(本学出身者 100,000円)
授業料(年額) 800,000円
施設維持費(年額) 150,000円
授業時間 [月~金曜日]
3~6時限

教育課程

 看護学研究科では、看護学の専門的探求を通じて、学問的根拠をもって応えることができる研究力や教育力を有する人材を育成するために、研究科を以下の7つの看護学専門領域で構成します。

看護方法学領域

看護技術・看護管理・看護教育を含む広義の看護方法に関して、その効果やメカニズムを探求する。

担当教員名 宮腰 由紀子 / 新美 綾子
主な研究テーマ 看護技術・看護教育などの看護方法に関する課題についての研究

成人看護学領域

健康問題を抱えた成人期にある人々とその家族を対象に、発達課題及び生活者としての社会的状況をふまえ、療養上のさまざまな課題へのアプローチ方法を探求する。

担当教員名 白尾 久美子 / 大野 晶子
主な研究テーマ 成人看護学領域に関わる患者および家族の早期回復に向けた身体的・心理的ケアや、がんを含めた慢性疾患に対するセルフケア促進に向けたケアなどに関する課題についての研究

精神看護学領域

精神保健医療チームの中で精神看護専門家として卓越した実践ができるために必要な知識と技術を習得し、研究課題について深く探求する。

担当教員名 長江 美代子 / 古澤 亜矢子
主な研究テーマ 精神看護及び保健に関する課題の中で、家族・職場・医療・地域社会などの関係性によって生じる精神的健康問題や精神病理に関する課題についての研究

地域看護学領域

地域社会で生活している人々のライフステージ、価値観や健康課題をふまえ、人々の健康の保持増進や予防、生活の質の向上に向けたより専門的な看護実践における課題を探求する。

担当教員名 水谷 聖子 / 大橋 裕子 / 森 礼子
主な研究テーマ 地域社会で生活する人々のライフステージや価値観、様々な健康課題をふまえ、健康マイノリティや在留外国人を含めた生活の質の向上に向けた課題についての研究

老年看護学領域

複雑で多様な健康問題をもつ高齢者とその家族に、質の高い老年看護実践を行うための課題を探求する。

担当教員名 天野 瑞枝 / 平田 弘美 / 木村 暢男
主な研究テーマ 様々な健康障害をもつ高齢者や高齢者を看護・介護する人々に関する課題についての研究

ウィメンズヘルス看護学領域

女性の生涯の性と生殖についての健康意識を高めエンパワーメントできるための、専門職としての課題を探究する。

担当教員名 岡田 由香 / 大橋 幸美
主な研究テーマ ウィメンズヘルス領域における実践的ケアの質向上のために、ライフサイクルやマタニティサイクルに対応した女性及びその家族に対する健康支援に関する課題についての研究

小児看護学領域

小児看護の実践現場で遭遇するさまざまな子どもの健康上の問題や発達環境にかかわる問題などについて探求する。

担当教員名 河合 洋子 / 山口 桂子
主な研究テーマ 様々な健康レベルにある子どもと家族の看護や小児看護学教育に関する課題についての研究

入学試験

事前相談の日時につきましては、下記期間内に日本福祉大学看護学研究科設置準備事務室へ電話またはメールにて連絡してください。(受験に際し、出願資格審査が必要になる場合があります。学生募集要項を確認の上、早めに事前相談を受けて下さい。)

[第1期]入試の場合
2019年9月9日(月)~2019年10月11日(金)
[第2期]入試の場合
2019年12月2日(月)~2020年1月17日(金)
入学試験区分 一般入学試験 社会人特別選抜入学試験
出願期間 [第1期]10月7日(月)~10月25日(金)
[第2期]1月13日(月)~1月31日(金)
試験日 [第1期]11月9日(土)
[第2期]2月9日(日)
合格発表日 [第1期]11月16日(土)
[第2期]2月15日(土)
選抜方法

「英語」、「小論文」、「面接」により総合判定します。

「英語」
辞書1 冊持ち込み可(電子辞書不可)

「小論文」
看護学分野全体の知識を問う共通設問と、選択した看護学領域に関する設問の2問

「面接」
選択した看護学領域および研究テーマに関する事項

「看護実践報告書」による書類審査と、「英語」、「小論文」「面接」により 総合判定します。

「英語」
辞書1 冊持ち込み可(電子辞書不可)

「小論文」
看護学分野全体の知識を問う共通設問と、選択した看護学領域に関する設問の2問

「面接」
選択した看護学領域および研究テーマに関する事項

試験会場 東海キャンパス

本学看護学部の卒業者(見込み含む)を対象にした「日本福祉大学看護学部特別推薦入学試験」も実施しています。
詳細は、看護学研究科設置準備事務室までお問合せ下さい。

学生募集要項・出願書類等

  • 学生募集要項、および、出願書類・出願資格審査申請書類は、下表からダウンロードし、ご使用ください。
  • 書類の郵送を希望される方は、看護学研究科設置準備事務室宛(kango-g@ml.n-fukushi.ac.jp)にご請求ください。
  • 各書類の作成については、手書き、あるいは、ワードファイルへの直接入力によりご作成ください。

学生募集要項(必ずお読みください)

看護学研究科 学生募集要項

出願書類

  • 下表に示している書類は、提出が必要な書類の一部であり、これ以外にも提出が必要な書類があります。詳細は、学生募集要項4ページ 、または、7ページを必ずご確認ください。
  一般入学試験 社会人特別選抜入学試験
入学志願票
受験票・写真票
※両面印刷の上ご使用ください
志願理由書
看護実践報告書
出願用封筒 宛先用紙

出願資格審査申請書類

  • 出願資格審査については、学生募集要項11ページをご確認ください。
  • 下表に示している書類は、提出が必要な書類の一部であり、これ以外にも提出が必要な書類があります。詳細は学生募集要項11ページを必ずご確認ください。
  一般入学試験 社会人特別選抜入学試験
出願資格審査申請書 出願資格審査申請を行う者のみ
在職期間申告書 出願資格審査申請を行う者のみ
出願資格審査申請用封筒
宛先用紙
出願資格審査申請を行う者のみ

交通アクセス

東海キャンパスの最寄り駅となる太田川駅は、名古屋駅から17分。
中部地方の空の玄関口である中部国際空港まで19分とアクセス良好です。
岐阜県や三重県の各都市からも35~90分の通学圏内となります。