1. HOME
  2. 寄付のご報告
  3. 寄付のご報告「経済的支援」

寄付のご報告「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援募金」(2020年度)

2021年3月31日更新

「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援募金」へのご寄付のお礼

学校法人日本福祉大学
理事長 丸山 悟

 この度の「新型コロナウイルス感染症拡大に伴う学生・生徒への総合支援策」には、同窓生・同窓会、後援会をはじめとする各団体、企業の皆様からご支援をいただき、誠にありがとうございました。これも皆様の「困っている学生を何とか支援したい」という温かいお気持ちのおかげであると、本学園の教職員を代表して御礼申しあげます。
 今回の総合支援策は、日本福祉大学、日本福祉大学中央福祉専門学校、日本福祉大学付属高等学校の学生・生徒の中から一人たりとも退学者を出さないことを目的とし、要支援学生・生徒に対して適切かつ継続的な支援を総額5億円規模の予算を捻出して、実施しております。支援策の一部を皆様からのご寄付によって支えていただくことができました。重ねて御礼申し上げます。
 しかしながら、新型コロナウイルス感染症は世界規模で未だ猛威を振るっており、依然として収束の見込みは立っておりません。今後もコロナ禍における経済的な困窮により学びの継続を諦めるという学生・生徒を一人も出さないこと、要支援学生が学びを継続できるように支えていきたいと存じておりますので、皆様におかれましても、引き続き本学学生・生徒への支援を賜りますよう何卒宜しくお願い申しあげます。

申込状況 ※関係自治体からの協力金を含む

申込金額
105,514,407
申込件数
254

※2021年2月28日迄申込分

総合支援策の概要

1.日本福祉大学

1)オンライン授業実施による受講環境整備の支援

①2020年5月11日からの授業開始に向けて、緊急貸与奨学金 【 13人 / 105万円 】

授業開始に向けて情報環境整備にかかる費用および日常の生活に困窮している学生を対象に、1口5万円、最大2口10万円を無利子貸付。

②通学課程の学生・大学院生への一律給付 【 5,653人 / 1億6,959万円 】

オンライン授業受講のための情報環境整備、通信料負担等への支援として、通学課程の学生・大学院生に3万円の一律給付。

2)経済的に困窮している学生への経済的支援

通学課程

①経済援助給付奨学金 【 210人 / 5,250万円 】

経済援助給付奨学金の既存制度の枠を拡大して実施。
文部科学省「高等教育修学支援新制度」の適用を受けていないが、経済的に困窮している学生を対象に、前期 120 名、後期 120 名に奨学金 25 万円を給付(既存制度は前期 20 名、後期 20 名)。

②学費減免

  • 文部科学省「高等教育修学支援新制度」の適用を受けていないが、経済的に困窮している学生100名に、後期授業料の1/2を減免。
    【 40人 / 867万円 】
  • 留学生を対象に後期授業料の減免率を10%加算。
    【 83人 / 692万円 】

③学費延納の一部条件緩和等

  • 前期学費(納期4月30日)に係る延納(6月末日まで)、後期学費(納期10月31日)に係る延納(12月末日まで)について、学費減免を受けている留学生を含めて適用。
    【 168人 / 84万円 】
  • 延納適用を受けたうえで、一旦学費未納除籍内示がなされた後に、学費を完納して内示取消の申出をした場合には、除籍内示取消手数料を免除。

通信課程

①特別給付奨学金 【 30人 / 300万円 】

②学生支援緊急給付金

③休学申請にかかる特別措置 【 18人 / 209万円 】

3)学生への相談支援

①学生相談支援体制の拡充

  • 情報環境整備及び経済支援のための学生相談窓口の設置による対応。
  • 要支援学生(障害のある学生、留学生、経済的困窮学生等)へのアウトリーチ支援。

②オンライン授業期間における就学上の支援

  • 障害のある学生がオンライン授業を受講する上での支援。
  • 資格取得のための実習教育等の代替実施を含めた資格取得の支援。
  • 図書館のオンライン・データベース活用支援、宅配サービスによる図書貸出支援。
  • オンラインによる就職活動支援。

③ 関係機関(行政、社協等)と連携した諸制度の活用支援

  • 特別定額給付金、小口生活福祉資金貸付などの申請手続き支援。

④学生へのアルバイト先の支援

  • 学内の業務等で学生に可能な業務を、アルバイト等が出来なくなり生活費等の収入が得られなくなった学生に対して積極的に、かつ優先的に採用。
  • 大学が提携・連携する法人、NPO 等でのアルバイトの紹介。

2.日本福祉大学中央福祉専門学校

①緊急経済支援給付奨学金

②「大橋伸江 新型コロナウイルス家計急変等奨学金」

③学費に係る延納の一部条件緩和(前期・後期納付に対応)

④社会福祉士科夜間課程(1年課程)における特別措置

⑤学生用貸出し情報機器の整備

3.日本福祉大学付属高等学校

①家計急変家庭への給付型奨学金の財源充実 【 700万円 】

②学修に係る経費負担への支援 【 691人 / 691千円 】

  • 学年関係費の支援として一律1万円を給付

ご支援を頂いた方々のご紹介

● 日本福祉大学同窓会

 日本福祉大学同窓会より『新型コロナウイルスに伴う学生支援助成費』として ご寄付をいただきました。
2020年10月25日に本学名古屋キャンパスにて贈呈式が執り行われ、児玉善郎学長が数納同窓会会長から目録の交付を受け、その後、丸山悟理事長から数納同窓会会長へ感謝状を贈呈しました。
 また、日本福祉大学同窓会より、在学生を対象にハンディアルコール除去スプレーを寄贈いただきました。

● 日本福祉大学後援会

 日本福祉大学後援会よりとして『新型コロナウイルスに伴う学生支援助成費』としてご寄付をいただきました。

 2020年9月19日に本学東海キャンパスにて、児玉善郎学長が安川彰後援会長から目録の交付を受け、その後、丸山悟理事長から安川彰後援会長へ感謝状を贈呈しました。

● 美浜町

 2020年9月4日、美浜町役場にて「美浜町・日本福祉大学 新型コロナウイルス感染症対策支援協力金支給決定通知書」の交付式が開催されました。

 この協力金は美浜町が町民や事業者に対して行う新型コロナウイルス蔓延に伴う支援策の1 つとして制定されたもので、学生の学びの継続支援や生活支援を目的に支給されるものです。

 まず齋藤宏一町長から児玉善郎学長へ支給決定通知書が交付され、その後丸山悟理事長から齋藤町長へ感謝状が贈呈されました。

 交付式後は、新型コロナウイルス禍における学生等の状況について意見交換がなされました。

● 東海市

 2020年7月6日、東海市役所にて「市内大学新型コロナウイルス感染症対策費交付金支給決定通知交付式」が行われました。

 この交付金は、東海市が市民や事業者に対して行う新型コロナウイルス蔓延に伴う支援策の1 つとして制定されたもので、東海市内のキャンパスで在学する学生の「学びの補償」のため、オンライン授業の実施に向けた環境整備や学生への支援等に関する経費として支給されるものです。

 鈴木淳雄東海市長から児玉善郎学長へ支給決定通知書が交付されました。

 また、丸山悟理事長から鈴木東海市長へ感謝状を贈呈しました。

 贈呈式後は、新型コロナウイルス感染拡大防止に対する本学の取り組みや、現在の学生の状況等について意見交換が行われました。鈴木市長からは「交付金を学生の皆さんのために役立てることで、優秀な学生の育成に努めて欲しい」と、本学への期待が述べられました。

● 美浜町日本福祉大学家主組合

 美浜町日本福祉大学家主組合より、本学の教育・研究振興協力募金「日本福祉大学 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援募金」に寄付をいただきました。

 2020年8月7日に同家主組合の都筑長武組合長、田島裕二副組合長を訪ねて、片山善博学生部長及び千賀威昌学園事務局長から感謝の言葉を伝えるとともに大学からの感謝状の贈呈を行いました。

 都筑組合長は「コロナ禍で大変な学生の皆さんの支援にぜひ役立てていただきたい」と述べられ、大学からは、感染拡大防止に対する取り組みや、現在の学生の状況等について報告し、意見交換を行いました。

 今後も大学と指定アパート、地域での連携をはかりつつ、学生支援を継続していくことが確認されました。

過去のご報告「経済的支援」