このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 東海市 災害支援者看護職活動員 委嘱式が東海キャンパスにて開催されました
学園・大学案内

トピックス

東海市 災害支援者看護職活動員 委嘱式が東海キャンパスにて開催されました

2020年3月5日

委嘱式開式の様子

 2月11日、本学東海キャンパスにおいて災害支援看護職活動員の委嘱式が開催されました。この取り組みは「厚生労働省 令和元年度 老人保健健康等増進事業」に本学が採択された「潜在看護職※1を活用した新たな地域包括ケアと災害にも強いネットワークを築く調査・研究事業」において実施された意向調査および研修会を修了した東海市在住の方を対象に実施されたものです。

鈴木淳雄東海市長(写真中央)より
委嘱状の交付

児玉善郎学長(写真中央)挨拶

 2019年度に東海市・半田市・常滑市・武豊町の各会場において災害時の応急手当、避難所の衛生管理等の講習(全3回)を受講した方々26名に対し、鈴木淳雄東海市長より委嘱状の交付が行われました。
 本学の児玉善郎学長が委嘱式に出席し、「災害の時もみんなで命を大事にしていきたい。(委嘱式である)今日が始まりです。」と活動員の方々に向けて激励のことばを述べました。

※1 潜在看護職とは

看護師・保健師等の免許を持ちながらも育児や介護等の様々な事業により離職している人々を指す言葉で、災害発生時に避難所での衛生管理や応急処置等への協力が期待されます。

関連リンク