このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 大府市と連携に関する包括協定を締結しました
学園・大学案内

トピックス

大府市と連携に関する包括協定を締結しました

2017年3月2日

 学校法人日本福祉大学と大府市は、相互の地域社会の発展、人材育成、および学術の振興に寄与することを目的として、連携に関する包括協定を3月1日に大府市役所で締結しました。

◆包括連携協定書を披露する岡村秀人大府市長(左)と丸山悟理事長、二木立学長

 締結式には学園および大府市から丸山悟理事長、二木立学長、岡村秀人市長らが出席。6つの協定事項(①健康福祉の増進に関すること②生涯学習および生涯スポーツの推進に関すること③国際化に関すること④地域産業の振興に関すること⑤人材育成に関すること⑥その他、相互に連携協力する必要があると認められる事項)などが記された協定書に、丸山理事長、二木学長、岡村市長が署名しました。
 締結後、挨拶に立った丸山悟理事長は、「本学が知多半島にある自治体と連携に関する包括協定を結ぶのは、美浜町、半田市、東海市、知多市に次いで今回が5番目となる。本学には社会福祉学部や健康科学部、看護学部があるという点でも、健康福祉の増進に関することで少なからぬ大府市に貢献ができると確信している。大府市の皆さまと誠実に協議を重ねながら、連携協力事業を粛々と進めていきたい」と話しました。

関連リンク