このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. お知らせ一覧
  5. 本学学生・卒業生がフライングディスク日本代表に選出されました
学園・大学案内

お知らせ

本学学生・卒業生がフライングディスク日本代表に選出されました

2016年6月20日

 フライングディスクWFDF2016世界アルティメット&ガッツ選手権大会の日本代表に、伊藤一輔さん(社会福祉学部4年)、神谷昇志さん(社会福祉学部3年)、梅原雄介さん(子ども発達学部2012年度卒業)が選出されました。3人はガッツ(※)オープン部門のメンバーとして出場します。
 なお、日本福祉大学フライングディスク部は、4大会連続でガッツ部門での日本代表が選出されています。

◆日本代表に選出された梅原さん・神谷さん・伊藤さん(写真左側:左から)
日本フライングディスク協会からの許諾を得て本学WEBサイトに掲載しています。

WFDF2016世界アルティメット&ガッツ選手権大会 概要

期間 2016年6月18日(土)~6月25日(土)
場所 イギリス・ロンドン UCL Sports Ground
開催部門 アルティメット5部門:男子(Men’s)、女子(Women’s)、男女混合(Mixed)・マスター男子(Master Men’s)・マスター女子(Master Women’s) / ガッツ1部門:オープン(Open)
規模 約39の国と地域 / 約121チーム(前回大会の参加チーム数から+65チーム) /約3,000名
主催 世界フライングディスク連盟(WFDF)
主管 UKアルティメット(UK Ultimate)
公式WEB

※:各5人ずつの2チームが14m(女子は13m)間隔の平行線上に向かい合い、オフェンスチームの選手1人が、ライン上に並んでいるディフェンスチームのスコアリングゾーン(5人が手を広げた幅とそれぞれの手を伸ばした高さで作られる面)にディスクを投げ、キャッチ成功・失敗によって得点を獲得するゲーム(日本フライングディスク協会ホームページより引用)。

関連リンク