このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. お知らせ一覧
  5. 近藤充代教授(経済学部)が消費者庁の「ベスト消費者サポーター章」を受賞しました
学園・大学案内

お知らせ

近藤充代教授(経済学部)が消費者庁の「ベスト消費者サポーター章」を受賞しました

2016年6月20日

 経済学部の近藤充代教授が消費者庁の平成28年度ベスト消費者サポーター章を受賞しました。
 近藤教授は、愛知県消費生活審議会委員を10年にわたって務め、消費者行政の推進に貢献されたほか、2015年度からは愛知県消費者行政推進計画の策定にも関与されました。また、名古屋市が消費者被害の未然防止やトラブルの対処法など消費生活に関する様々な知識を学べるイベントである“名古屋市消費生活フェア”に大学として初めて出展し、ゼミに所属する学生とともに啓発活動を継続して行うなど、これまでの功績が評価されての受賞となりました。
 ベスト消費サポーター章とは、消費者庁が実施する消費者支援功労者表彰等のうち、消費者利益の擁護及び増進を図るため、消費者支援活動に顕著な功績のあった個人又は団体・グループに贈られるもので、平成28年度は32個人と16団体が受賞されました(愛知県では近藤教授のみ受賞)。

◆2016年6月16日に愛知県担当者が東海キャンパスに来学し、
愛知県知事からの感謝状とともにサポーター章メダルが贈られました

近藤充代教授のコメント

 自分自身の主要な研究分野である消費者問題領域における、これまでの学内外での活動を評価していただき、たいへん光栄に思っています。
 愛知県消費生活審議会の委員を務めるなかで県の消費者行政推進計画の策定などに関わらせていただきましたが、行政の側のご苦労も目の当たりにし、私自身もたいへん勉強になりました。
 また、名古屋市主催の消費生活フェアへの出展は、もともと本学の大学祭でゼミの研究発表として、来場者への消費者クイズや資料展示などをしていたのですが、2009年に名古屋市からのお誘いを受けて、この間毎年、来場者に答えてもらう消費者問題クイズ等をゼミ生たちと作って参加してきました。2011年と2012年には名古屋市より「若者向け消費者啓発事業」の委託を受け、学生たちと中高生向けのパンフレットを作成し普及しました。若者発信の消費者啓発活動は当初は珍しかったかと思います。これらの活動はゼミ生たちの協力なしには継続して来られなかったと思いますし、ゼミ生たちにとってもたいへん良い勉強の場になったと思っています。
 今回の受賞を励みに、今後も微力ながら消費者啓発のための様々な活動に取り組んでまいりたいと思います。

関連リンク