このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 教員採用試験2次試験対策講座が開催されました
学園・大学案内

トピックス

教員採用試験2次試験対策講座が開催されました

2015年8月18日

 日本福祉大学教職課程センターでは、教員採用試験1次試験に合格した学生にを対象とした2次試験対策講座を8月13日に半田市福祉文化会館で開催し、学生や卒業生、教職員などおよそ40人が参加しました。

 本学は子ども発達学部を中心に小学校・中学校(※)・高等学校(※)・特別支援学校(※)一種免許状などの教員養成を行なっており、2014年度はのべ448人が教員免許を取得しました。また、教育委員会合格実績も年々増加しており、昨年度は過去最高となる57人(卒業生を含む)が合格しました。今回の企画は、8月初旬に1次試験合格発表がなされ、多くの教育委員会が同月後半に2次試験を実施する慌ただしいスケジュールのなか、教職課程センターが大学閉鎖期間に実施しました。 対策講座はセンター長による挨拶、高須先生による1次試験結果の概要説明が行われた後、本学を卒業し小学校や特別支援学校教諭として活躍する現役教師7人が2次試験の体験談を語りました。卒業生たちは、2次試験までの限られた時間で講じた対策を紹介しました。体験談のなかには面接での失敗談やその時の心情が語られ、会場が笑顔に包まれる場面もありました。体験談の後には、山口正先生から2次試験に向けての講話が行われました。山口先生は準備をするべき内容を例示した上で、「採用選考試験は、これまでに自分が準備してきたことが発揮される。持ち味を発揮するためには多くの引き出しが必要だ。試験当日までに学びを深めていってほしい」と学生たちにエールを送りました。

◆午後からは実践的な2次試験対策が行われました

 昼食を挟み、午後からは2次試験に向けた実践的な演習が行われました。2次試験は教育委員会によりその内容が異なることから、5つ(①模擬授業②場面指導③集団討論④面接⑤論説文)の会場に分かれて実施されました。学生たちは実際の試験会場を再現したなかで演習を行い、本学教員や卒業生からアドバイスを受けるなど、会場内は熱気に包まれました。山本敏郎子ども発達学部長・教育課程センター長は、「学生たちは講義での学びに加えて、模擬講義をはじめとする試験対策を教員を交えつつ続けてきた。今回の対策講座は、これまでの内容を確認する位置付けだと考えている。また、2次試験までの期間に目標を持ち過ごすことで、不安の軽減もねらいとしている。参加することで、卒業生や教員の言葉から気づきもあっただろう。試験までに抱いた課題を解消できるよう継続して学び続けてほしい」と語りました。

※中学校(社会・英語)、高等学校(福祉・公民・地理歴史・英語)、特別支援学校(知的障害者・肢体不自由者)

関連リンク