このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 美浜グリーンツーリズムに学生が運営スタッフとして参加しました
学園・大学案内

トピックス

美浜グリーンツーリズムに学生が運営スタッフとして参加しました

2014年11月7日

 美浜キャンパスのある美浜町農業水産課が主催するグリーンツーリズムの企画で、酪農体験ツアーが11月1日(土)に酪農教育ファーム冨谷牧場で開催され、経済学部と子ども発達学部の学生8人が運営スタッフとして参加しました。
 美浜町では、グリーンツーリズム・ブルーツーリズムに力を入れています。豊かな第一次産業である農業や漁業資源を体験できるツアーを企画して、自然・文化・人との交流づくりを積極的におこなっています。

◆農場の方に指導を受けながら牛の乳搾りを体験をする児童

◆牛を間近にして、牛舎の中で牛の世話や観察記録をとる

 この日は、土砂降りの雨にもかかわらず、遠方や半島内から親子連れを中心に、106人の参加者が集まりました。牧場主の冨谷さんからは、「動物とのふれあいを通して、命の大切さを感じてもらいたい。」と参加者にメッセージが送られました。午前中は赤、青、黄色の3つのチームに分かれて、乳搾り体験、牛の世話と観察、仔牛の心音を聴く、羊のエサやりの3つのブースを体験したあと、みんなでミカン狩りを行いました。中でも、「仔牛の心音」を聴いた子どもたちは、「とくん、とくんっていった。」「すごく早い。」といった驚きの反応を見せていました。お昼ご飯を家族で食べて休憩の後は、バター作りを体験し、悪天候にもめげず一日楽しんでくれていたようでした。

◆土砂降りの雨の中行われた開会式

◆笑顔で受付をおこなう経済学部横田さん

◆一日を終えて笑顔になる経済学部奥田さん、永柳さん、子ども発達学部の伊藤さん

 この日参加した、子ども発達学部1年の伊藤大智さん、経済学部1年の山形知明さん、横田麻鈴さん、2年の奥田大和さん、永柳壮さんは、帰り際に参加した方から「ありがとう。楽しかったです。」という言葉をかけていただいていい笑顔をしていました。奥田さんは、「はじめは牧場のにおいがきつくて大変だったが、いろいろな方と交流できて楽しかった。」と、感想を残してくれました。これからも、知多半島全体が学びの場として学生が学びが展開されていきます。

関連リンク