このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. お知らせ一覧
  5. 国際福祉開発学部佐藤慎一教授らのグループが国際会議AACE“EdMedia 2014”でOutstanding Poster Awardを受賞しました
学園・大学案内

お知らせ

国際福祉開発学部佐藤慎一教授らのグループが
国際会議AACE“EdMedia 2014”でOutstanding Poster Awardを受賞しました

2014年7月30日

 国際福祉開発学部佐藤慎一教授らのグループが、EdMedia 2014(2014年6月23日〜26日、フィンランド・タンペレ)でOutstanding Poster Awardを受賞しました 。この賞は、教育とメディア分野で最大級の国際会議 "ED-MEDIA” のポスターセッションにおいて優れた発表に対して、AACE (Association for the Advancement of Computing in Education)
より授与されるものです。

◆ポスターセッションでの様子(共同研究者とタンペレにて)

発表の内容

 スマートフォンアプリ「ツクルミュージアム」を活用して、子どもの作品や成長を記録することを通じて家族対話を引き出し、親の発達に重要な「親としての気づき」と「親子の相互作用」につなげていくことを提案した。

佐藤慎一教授からのコメント

 今回の発表は、子どもの成長記録や家族の記録を撮りため、省察的な対話を促進するファミリー・ポートフォリオの構築を構想した研究(科学研究費助成を受けて実施)の一環で行いました。内容は、子どもの作品を手軽に記録できるスマートフォンアプリ「ツクルミュージアム」を通して、家族での対話を促進する活動を提案するものです。各国の参加者と意見交換をし、研究のブラッュアップにつなげていければという思いで展示・発表したものであり、この段階で賞をいただけるとは思いもしませんでした。本賞を励みとして、今後、研究成果を着実にあげていけるよう、共同研究者である他大・企業の方々とともに取り組んでいきたいと思っております。

関連リンク