このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. Ⅰ部バドミントン部が古知野高校・修文女子高校との合同練習会を実施しました
学園・大学案内

トピックス

Ⅰ部バドミントン部が古知野高校・修文女子高校との合同練習会を実施しました

2014年7月23日

 日本福祉大学は、高校生などを対象としたオープンキャンパスを7月20日(日)に美浜キャンパスで開催しました。高校生やその保護者が多数来学し、大学説明会や模擬講義、キャンパスツアーなどを体験したこの日、Ⅰ部バドミントン部は古知野高校、修文女子高校との合同練習会を実施し、高校生12人と学生およそ30人が参加しました。

 Ⅰ部バドミントン部は、以前から古知野高校との合同練習会を年1回開催してきました。高校教員間の繋がりがきっかけとなり、3回目となる今回は、修文女子高校を招き実施しました。合同練習会は基礎打ちから始まり、ノック、シングルス、そして大学生と高校生がペアになってのダブルスと進められました。開始当初は緊張のせいか、動きに硬さが見られた高校生も、大学生とのコミュニケーションをとるにつれて、積極的なプレイが目立つようになりました。

 合同練習会に参加した古知野高校3年の小林さんは、「大学生との練習は今回が初めてだったので、とても緊張した。高校3年生ということで普段は後輩に教える立場だが、全国大会に出たことのある先輩方から、具体的にアドバイスを多く得ることができて貴重な経験となった」と感想を語りました。また、修文女子高校バドミントン部顧問の小栗孝司先生は、「生徒たちにとって、今回の合同練習会は大学の部活に参加する初めての経験だった。当初は、高校では見られない高い競技力を目の当たりにして緊張していたようだが、とても大きな刺激であったことは練習風景からも垣間見ることができた。これで、大学の部活の取り組みやレベルがよくわかったと思う。参加した生徒たちには、高校バドミントン部に所属する50人の部員に、この経験を伝え、更なるレベルアップを目指してほしい」と語りました。

関連リンク