このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 社会福祉士国家試験本番1年前オリエンテーション・模擬試験が開催されました
学園・大学案内

トピックス

社会福祉士国家試験本番1年前オリエンテーション・模擬試験が開催されました

2014年1月31日

 日本福祉大学では、第26回社会福祉士国家試験が実施された1月26日(日)に、「国家試験本番1年前オリエンテーション・模擬試験」が開催され、社会福祉学部の3年生を中心に、約360名の学生が参加しました。
 これは、1年後の第27回試験に向けて、資格取得に挑戦することの意義を真剣に考えるとともに、模擬試験を通じて国家試験についての理解を深め、早期に対策(学習)に着手することを目的に企画されたものです。

 オリエンテーションの冒頭では、原田正樹学長補佐から、国家試験の概要や学習方法、これからの1年間の過ごし方などについて説明がありました。その中で、原田学長補佐は「国家試験に現役で合格するためには、1年がかりで計画的に対策(学習)に取り組む必要がある。今日のオリエンテーションと模擬試験を機に、早速、春休みから計画的に学習を始めて欲しい」と、早期に計画的な学習を始める必要性を繰り返し強調しました。
 その後、実際の社会福祉士国家試験と同様の出題数、試験時間による模擬試験が実施されました。学生たちは、本番さながらの雰囲気の中、緊張の面持ちで試験に臨み、国家試験現役合格に向けた1年がスタートしました。

 この日行われた第26回社会福祉士国家試験には、日本福祉大学からも多くの通学生や通信生、卒業生が受験しました。試験会場には社会福祉実習教育研究センターや地域オフィスのスタッフ、同窓生が受験生の激励に訪れました。

◆名古屋会場では、社会福祉実習教育研究センタースタッフにより用意された合格ダルマを触り、
合格を祈願する受験生の姿が見られました。

◆福岡会場、岡山会場では地域オフィススタッフや同窓生が応援に駆けつけ、
メッセージを添えたお菓子を受験生に配る姿が見られました。

関連リンク