このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 学部
  4. 社会福祉学部
  5. 学生教職員ページ
  6. 2018年度 社会福祉学部 専門演習
社会福祉学部

社会福祉学科
2018年度 専門演習

福祉実践コース

ゼミ番号 担当教員 ゼミナールテーマ
601堀場 純矢児童養護施設からみた子どもの貧困と職員の働き方
602柏倉 秀克障害のある人々の理解と支援-“支え合い ともに生きるために”
603木全 和巳〈しょうがい〉のある子ども・おとなたちと学び育ちあうソーシャルワーク実践の創造
-- 安心して豊かに暮らせる地域と社会をともにつくるために --
604北村 育子高齢者の日々の暮らしを支えるということを多様な側面から考える
605渡邊 忍子ども家庭福祉分野における実践的ソーシャルワークを理解する
606湯原 悦子 社会問題の真の「解決」について考える
―虐待、非行、犯罪などの事例を通して

医療福祉コース

ゼミ番号 担当教員 ゼミナールテーマ
607大谷 京子ソーシャルワーカーの態度・視点を学ぶ
608田中 千枝子医療と福祉を事例で考える
609篠田 道子地域包括ケア時代に求められる保健・医療・福祉サービス
610寺澤 法弘精神保健福祉分野におけるSWの実践
―当事者・家族からの学び―
611山口 みほ医療ソーシャルワークの実際から現代の医療福祉問題を考える
612横山 由香里当事者の理解と保健医療福祉の支援
613藤井 博之地域医療はどのように構築されるか
614保正 友子医療ソーシャルワーカーの実践能力と成長過程を考える
615高山 京子精神障がい・発達障がい当事者の持つ、「生きづらさ」への理解

地域福祉コース

ゼミ番号 担当教員 ゼミナールテーマ
616後藤 澄江家族の福祉機能の変容に対応した地域での福祉専門職と住民の連携
617小松 理佐子 人口減少社会を支える地域福祉システムを考える
618岡﨑 浩フィクションをとおして「ふくし」を考える
619野尻 紀恵子どもの育ちのための切れ目のない支援システムの構築
-地域における実践から考える-
620山田 壮志郎貧困問題の視点から社会保障のあり方を考える
621木戸 利秋地域文化と福祉の接点から地域づくりを考える
-地域福祉の可能性と課題-
622原田 正樹地域福祉システムの構築と地域住民の参加
-地域自立生活支援のあり方をめぐって-
623岡 久美子家族の変容と高齢者
624藤田 哲也児童養護施設の実践をもとに“つながる”意味を考える

福祉社会コース

ゼミ番号 担当教員 ゼミナールテーマ
625斉藤 雅茂高齢者の保健・医療・福祉ニーズと社会福祉調査
626大濱 裕 住民参加と地域社会の自立 ~ 新たな地域の時代を求めて ~
627末盛 慶 社会学的な視点を用いて、家族・性・社会情勢などを見る力を養う
628片山 善博現代社会の人間と文化
629石河 久美子国際的視点でソーシャルワークを考える―在住外国人への支援を中心に
630角崎 洋平公共政策の目的を問い直し、福祉社会のあるべき姿について考える
631井澤 幸地域で安心して住み続けるための福祉住環境について
632大藏 真弓 超高齢社会において、健康で安心して生活を続けるための高齢者支援を考える
633荒井 和樹社会的養護とアウトリーチ
634加藤 文雄司法福祉の視点から非行と家庭問題(夫婦間紛争と子)を考える
635天池 洋介若者の労働と生活の支援 -若者による若者のエンパワメント-
636火口 弥生一人一人の『居場所』創りの支援
637横川 正平"地方公共団体の社会福祉行政の役割を考える
~介護保険・地域包括ケアシステムを中心に~"