このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
学園・大学案内

教育・学位授与の方針と求める人物像

子ども発達学部

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

乳幼児から青年期までにわたり豊かな人間形成を支えるために、成長・発達に応じた保育・教育・心理的な課題に専門的に対応できる人材を育成することを目的に、各学科において示す力を身につけた者に学位を授与します。

子ども発達学科

子どもについての関心
  1. 子どもの発達と生活を現実の社会との関係で多面的にとらえようとしている
保育・教育に関わる知識・理解・技能
  1. 乳幼児期から青年期にかけての子どもの発達にかかわる知識を身につけている
  2. 保育・教育の理念と制度にかかわる知識を身につけている
  3. 保育・教育の内容と方法にかかわる知識と技能を身につけている
  4. 子どもの発達に影響を与える家庭や地域の課題を、福祉的視点からとらえることができる
  5. 保育者・教育者としての幅広く深い教養を身に付けている
思考・判断
  1. 保育・教育の目標・内容・方法に関する理論を、実際の保育・教育実践と結びつけてとらえることができる
保育・教育に関わる実践的指導力
  1. 保育と教育にかかわる諸理論を、実際の保育・教育のなかで展開できる
保育者・教育者としての倫理
  1. 保育者・教育者としての正しい倫理観・使命感をもっている

心理臨床学科

興味・関心
  1. 人間の発達や心理を社会や文化との関係の中で多面的にとらえようとしている
知識・理解
  1. 心理学の基本的な知識を理解している
  2. 人間の発達や心理の背景にある家族・地域・文化の現状を理解している
  3. 乳幼児から青年期にかけての心身の問題について理解している
思考・判断
  1. 子どもや家族のもつ具体的な「問題」「課題」を適切にとらえることができる
技能
  1. 心理学の研究方法を身につけている
  2. 教育・福祉・心理学の総合的理解にもとづく援助方法を身につけている
態度
  1. 適切な研究倫理を備えている
  2. 支援者としての適切な倫理観を持っている
ジェネリックスキル
  1. 心理学の学びを実社会における汎用的な能力として活かすことができる。

教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

子ども発達学科

  1. 1年次では、導入教育として大学での学習方法論を習得させる「総合演習Ⅰ・Ⅱ」、子ども発達学の基幹科目かつ専門導入科目として教育目的、内容・方法を習得させる「子ども発達学A・B」、特別なニーズに対応するための基礎的な知識を養う「特別ニーズ教育論」を配置します。
  2. 1~2年次に子ども発達、保育・幼児教育、学校教育の基礎的入門的専門科目を配置します。2年次までに保育・幼児教育、学校教育の基礎を学び、保育・幼児教育、児童福祉及び教職に関して、進路の見通しを持って学習を進めます。
  3. 3年次以降は、専門分野の学習を深化させると同時に、自分の関心に応じた学習を進めます。各専門科目は、保育実習・教育実習での事前学習として位置づけ、1年次から段階的に3,4年次までバランス良く配置し、ステップを踏んだ実習教育の体系化を図ります。
  4. 4年次では、さらに幅広い視座に立った専門職として活躍できる専門性を深めるために、「保育の歴史」「学童保育論」「学級担任演習」「教職インターンシップⅡ」等の専門科目を配置し学習します。また、大学教育において習得した専門知識や技能を総合的に活用し、学際的な研究を通して子ども・家庭・社会の課題解決に取り組む力を高めるために、卒業研究を必修とします。
  5. 4年間を通して子どもに関する総合的学際的な視野を育成するため、保育学・教育学以外の多様な領域について幅広く学習できるよう科目を配置します。基礎教養と専門教育の統合を図り、学生が自分と自分の生活している社会に関して幅広い知識を持つことで、同時代を生きる子どもの問題への深い見識を持てるように「日本国憲法」「福祉社会入門」「現代基礎教養」「知多学」「生物と人間」「思春期のセクシャリティ」といった科目を学習します。

心理臨床学科

  1. 1年次では、導入教育として大学での学習方法論を習得させる「総合演習Ⅰ・Ⅱ」、子ども発達学の基幹科目かつ専門導入科目として教育目的、内容・方法を習得させる「子ども発達学A・B」、特別なニーズに対応するための基礎的な知識を養う「特別ニーズ教育論」を配置します。
  2. 1~2年次に心理学の基礎的な科目である「心理学研究法」や「心理学実験・実習」を配置し、適切な倫理的配慮や心理学研究の基礎的方法論を身につけます。そのうえで、こころの問題を抱えた子どもと家族を支援する心理臨床の手法を学習する科目、特別支援教育に関する基礎的な科目を配置します。また学術的な論述力を高めるために「心理学基礎演習Ⅰ・Ⅱ」「障害児基礎演習Ⅰ・Ⅱ」を配置します。
  3. 2~3年次に心理学を基盤にして、知的障害、肢体不自由、発達障害、聴覚障害など、多様な障害への理解と支援方法を学習する科目、4年次の障害児教育実習の事前学習を含む特別支援教育に関する専門的な科目を配置します。
  4. 3~4年次には1~2年次での基礎的学びをもとに、適切な心理学研究を実践するため「専門演習I・II」などの演習科目を配置します。
  5. 4年次では、さらに幅広い視座に立った専門職として活躍できる専門性を深めるために、「心理アセスメント演習」「臨床面接法演習」「障害児アセスメント演習」等の専門科目を配置し学習します。
  6. 4年間を通して子どもに関する総合的学際的な視野を育成するため、心理学以外の多様な領域について幅広く学習できるよう科目を配置します。基礎教養と専門教育の統合を図り、学生が自分と自分の生活している社会に関して幅広い知識を持つことで、同時代を生きる子どもの問題への深い見識を持てるように「日本国憲法」「福祉社会入門」「現代基礎教養」「知多学」「生物と人間」「思春期のセクシャリティ」といった科目を学習します。

入学者に求める人物像(アドミッション・ポリシー)

子ども発達学科

  1. 子ども発達学科の教育目標を理解し、人間や社会に強い関心をもっている人
  2. グローバルな課題を自分の問題としてとらえ解決するために、学んだり考えることに意欲のある人
  3. ボランティアや文化芸術活動などの実績があり、子どもはもとより人間とかかわることに対して積極的な姿勢をもっている人

心理臨床学科

  1. 心理臨床学科の教育目標を理解し、人間が示す複雑なこころや行動、現実社会で問題となっている事象に関心をもっている人
  2. 自ら課題を見つけて、解決するために意欲的に学び、考え、判断することができ、そのための基礎的な能力を身につけている人。
  3. 子どもはもとより人間とかかわることに対して積極的な姿勢をもち、お互いの気持ちを尊重できる人。