ネット予約はこちら

お電話でのご予約はこちら

tel. 052-212-7001

当院について

学校法⼈付属の医療機関として優れた医療の提供に努めるとともに、
患者さまとそのご家族に寄り添い、地域の皆さまに信頼され、
親しまれるクリニックを⽬指します。

ごあいさつ

本学は2009年より、学園の教育研究資源を活⽤して、主に発達障害児・者や、⾔語聴覚障害児・者と、そのご家族を⽀援することを⽬的として「ことばと聴こえの⽀援室 さくら」を開設し、活動を⾏ってまいりました。
この間、多くの⽅々にご利⽤いただき、⽀えられ、発展してまいりました。地域にある⾼いニーズに応え、地域社会への貢献を果たすべくクリニックを開設することといたしました。
本クリニックは、⽿⿐咽喉科、および、リハビリテーション科(⾔語聴覚療法)を診療科⽬として標榜いたします。
⽿⿐咽喉科の診療においては、中⽿炎やアレルギー性⿐炎、急性喉頭炎など、⽿・⿐・喉の⼀般的な疾患に加え、めまい、いびき・睡眠時の無呼吸などについても診療いたします。また、乳幼児・⼩児の⾔葉と聴こえの遅れの診療や、新⽣児聴覚スクリーニング後の精密検査、補聴器外来および⼈⼯内⽿の調整も実施いたします。
リハビリテーション科(⾔語聴覚療法)においては、⾔語聴覚⼠が医師との連携のもと、ことばと聴こえの訓練が必要な患者さまに対して、年齢、障害領域を問わず幅広く訓練を実施いたします。
学校法⼈付属の医療機関として、その重責を⾃覚し、医療スタッフの研鑽を怠らず、優れた医療の提供に努めるとともに、患者さまとそのご家族に寄り添い、地域に信頼され親しまれるクリニックを⽬指す所存です。何卒よろしくお願い申し上げます。

診療案内

診療時間
9:00-12:00
14:00-18:00
[ 診療科 ]
耳鼻咽喉科・リハビリテーション科 (言語聴覚療法)
[ 受付時間 ]
午前 9:00-11:40 / 午後 14:00-17:40
[ 休診 ]
⽔曜午後∕⼟曜午後∕⽇・祝祭⽇
[補聴器外来]
火曜 9:00-11:40 / 木曜 14:00-17:40
補聴器外来の受診を希望される方は事前にご連絡下さい。

※午後について、耳鼻咽喉科の診療は15時~18時、ことばと聴こえの訓練の実施は14時~18時となります。

※ことばと聴こえの訓練を希望される方は、初回の来院前に必ず専用の申し込みフォームか、お電話にてご連絡ください。

初診の⽅へのお知らせ

当院に初めてご来院される⽅は下記をお持ちください。
また、窓⼝で初診のことをお伝えください。

  • 健康保険証
  • 現在使⽤しているお薬やその名前

下記はお持ちの⽅のみご持参ください

  • 医療証
  • お薬⼿帳

ご予約案内

クリニックさくらでは、インターネットと電話の両⽅にて予約を受け付けています。

インターネットでのご予約はこちら

お電話でのご予約はこちら

tel. 052-212-7001

クリニックの特徴

みみ・はな・のどの疾患に
幅広く対応いたします

中耳炎や、アレルギー性鼻炎、急性咽喉頭炎など、みみ・はな・のどの一般的な疾患に幅広く対応いたします。また、乳幼児・小児の聴こえとことばの遅れ、新生児聴覚スクリーニング後の精密検査、補聴器外来、人工内耳の調整、めまい、いびき・睡眠時の無呼吸などの診療も行います。

高度な聴力検査機器を備え、
検査・診断を行います

一般的な聴力検査装置に加え、乳幼児・小児の方に対して遊戯などを通じて音への反応をみる乳幼児聴力検査装置や脳波聴力検査装置を備え、聴力の検査・診断を行います。また、補聴器の調整では専用の補聴器適合検査装置を用いて、より的確な聴力の改善を目指します。

日本福祉大学中央福祉専門学校
言語聴覚士科と連携し、
ことばと聴こえの訓練を行います

当院の専任言語聴覚士と、日本福祉大学中央福祉専門学校言語聴覚士科の教員が連携し、言語、聴覚、発声・発語、嚥下の問題や、コミュニケーションや社会性のつまずき、読み書きの問題などに幅広く対応いたします。

診療機器のご案内

最新の検査機器を備えて、診断に当たります。

聴⼒検査装置・乳幼児聴⼒検査装置・脳波聴⼒検査装置・
補聴器適合検査装置

⼀般的な聴⼒検査装置に加え、⾚ちゃんや⼩さなお⼦さまでは、お遊戯を通じて⾳への反応をみる乳幼児聴⼒検査や脳波を使った聴⼒検査を⾏います。補聴器の調整では専⽤の補聴器適合検査装置を⽤いて、より的確な聴⼒の改善を⽬指します。

処置⽤顕微鏡

⽿や⿐の病変は⼩さくて⾁眼では⾒えづらいことも少なくありません。顕微鏡で病変を拡⼤することでより微細な観察が容易となります。

電⼦内視鏡

⿐や喉は頭や⾸の奥深くに存在するため、表⾯からは診にくい部位が多くあります。解像度を⾼めた電⼦内視鏡(ファイバースコープ)を⽤いることは、より詳細な診断につながります。

超⾳波検査装置

甲状腺・⽿下腺・頸部のリンパ節が腫れた場合に、その内部の状態を体表⾯から放射線の被ばくなく観察することができます。その形や⼤きさを診て、また場合によっては内部を診ながら腫れたところに直接注射針を刺して細胞を採取することにより、良性・悪性の診断を⾏います。

ネット予約のご案内

⽿⿐咽喉科⼀般診療
新型コロナウイルスワクチン接種

ことばと聴こえの訓練
(言語聴覚訓練)