このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 教職員の公募について
  3. 日本福祉大学 専任教員募集要項
教職員の公募について

日本福祉大学 専任教員募集要項

2013年7月19日

1.募集職種

助教

2.採用人数

2名

3.任用資格

助教(任期付)

4.所属

福祉経営学部 医療・福祉マネジメント学科 (通信教育)

5.採用予定時期

2014年4月1日

6.職務内容

  1. 通信教育課程の導入教育に関する科目の担当
  2. 開講科目の学習相談・教育補助業務
  3. 学生の学習支援、学習意欲喚起の実践研究、および関連教材作成等の業務
  4. 学生の履修、学習、学生生活等の各種相談業務
  5. その他、学部諸事業に関わり委嘱する業務

7.応募資格

以下の1から3の各号のいずれかに該当する者、または、採用時において該当見込みの者

  1. 大学において、助教の教歴があり、研究、教育上の業績がある者
  2. 大学院博士課程を修了した者、大学院修士課程修了後3年以上または大学卒業後5年以上の研究歴、教育歴がある者で、前号に準ずる業績のある者
  3. 前2号と同等以上の研究上、教育上または実務上の業績があり、助教にふさわしい経験と識見のある者

※社会福祉士、精神保健福祉士資格のいずれかを有する者が望ましい。

※社会福祉士指定科目「相談援助演習」および「相談援助実習指導」の両科目を担当する教員の資格要件(下記「10.その他」参照)を有する者が望ましい。

8.必要書類

  1. 履歴書(別紙様式1)
  2. 教育研究業績書(別紙様式2-1・2-2・2-3)
    *施設、企業、団体等での職務経歴が主の場合は、職務経歴書を提出してください。
      様式は自由ですが、職務をどのように教育に生かしたいかを明記してください。
  3. 著書・論文等のうち、主要な研究業績を3点(各1部、コピー可)
    *それぞれ1,000字程度の要旨を添付してください。
  4. 担当科目一覧(別紙様式3)
  5. 【社会福祉士指定科目(実習・演習)】教員に関する調書(様式4-①および②)(該当者のみ)
  6. 社会福祉士登録証(写)、精神保健福祉士登録証(写)、社会福祉士実習演習担当教員講習会修了証(写)(該当者のみ)
  7. 志望理由書(様式自由。A4版用紙1枚に1,000字程度で記述すること)

※選考の過程で、健康診断書(受診機関問わず。胸部X線検査を含む基本的な内容)の提出を求める場合があります。

上記の様式1~4は、必ずそれぞれ原本1通とコピー3通を提出してください。採用審査書類様式1~4は、以下に掲載されています。必ず別紙、「記入上の留意点」を確認してください。

9.提出締切日および提出先

  1. 締切日 2013年8月23日(金)(必着)
  2. 提出先 〒470-3295 愛知県知多郡美浜町奥田会下前35-6
    日本福祉大学 通信教育部事務室  担当:河合、土本
    (電話:0569-87-2932)
    *封筒に「福祉経営学部 助教」応募書類在中と朱書きし、書留で送付してください。

10.その他

  1. 本学部は、現職社会人を対象にリカレント教育を中心とする教育課程です。学生はスクーリングやインターネットを活用して学習を進めます。導入教育科目、社会福祉士演習・実習科目、また学生が学習を進めるための支援、履修等の各種相談対応を担当する教員(学習指導教員)を募集します。
  2. 任期については、1年契約とし、最大4回まで更新可(最長5年)とします。
  3. 給与およびその他の諸条件については、本学の規程によります。なお、採用後は、本学(美浜キャンパス)に通勤可能な範囲に居住してください。
  4. 選考結果については、採用選考が終了次第、本人に通知します。
  5. 選考過程において面接が必要な場合には、おって日時、場所を通知します。また、面接時にプレゼンテーションを課す場合があります。
    <面接選考実施予定>
    実施日:2013年9月18日(水)午前
    場所:日本福祉大学美浜キャンパス
  6. 応募書類は原則として返却しません。返却希望の方は、応募書類に、返信用封筒(切手貼付)、または、宅配便送付状(着払)を同封してください。なお、ご提供を受けた個人情報については、本学の規程に従って適正に管理し、採用選考以外の目的には使用しません。
  7. 社会福祉士指定科目(実習・演習)担当教員資格要件については、以下、「大学等において開講する社会福祉に関する科目の確認に係る指針について」より抜粋〔一部加筆〕を参照してください。

    相談援助実習指導及び相談援助実習、相談援助演習
    【以下、(ア~エ)のいずれかに該当すること】

    (ア)学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学(大学院及び短期大学を含む。)又はこれに準ずる教育施設において、教授、准教授、助教又は講師(非常勤を含む。)として、当該科目を5年以上担当した経験を有する者

    (イ)学校教育法に基づく専修学校の専門課程の専任教員として、当該科目を5年以上担当した経験を有する者

    (ウ)社会福祉士の資格を取得した後、相談援助の業務に5年以上従事した経験を有する者

    (エ)科目省令第4条第二号ニに規定する講習会(以下「社会福祉士実習演習担当教員講習会」という。)において、当該科目の指導に係る課程を修了した者

    *上記の科目名は、直近の法令改正後の新たな名称であり、それらに相当する法令改正前の名称の科目担当歴についても、教歴としてみなします。

    *応募に際しては、上記通知をはじめとする関係法令通知に照らし、科目担当教員要件の有無を確認してください。

以上