このページのメインコンテンツへ移動
業

「ふくし」と仕事

さまざまに広がる仕事―。 本学の学びや取り組みが活かされています。

卒業生の声

スポーツ選手・愛好者のパフォーマンスを
最大限に引き出す理学療法士を目指して。

公益財団法人スポーツ医・科学研究所

佐藤 真樹さん

スポーツリハビリテーション科 理学療法士
愛知県生まれ。2013年3月、日本福祉大学健康科学部リハビリテーション学科理学療法学専攻卒業。2008年4月に開設された健康科学部リハビリテーション学科の第2期生にあたる。卒業後は、スポーツ外傷・障害の診断、手術、リハビリテーションによる復帰までの一貫治療を行う公益財団法人スポーツ医・科学研究所の理学療法士として、幅広い層のスポーツ選手・愛好者のスポーツ外傷予防や治療、研究活動などに取り組む。

健康科学部WEBサイトへ

日本福祉大学へ入学を決めた理由を教えてください。

 高校時代は野球の強豪校でピッチャーをしていました。高校3年生の時に肩をケガしてしまい、治療で理学療法士にお世話になったことが、理学療法士を志す動機となり、日本福祉大学へ入学するきっかけにもなりました。患者となる選手の思いを汲み取りながら、復帰に向けた治療・サポートにあたる理学療法士の働く姿がとても魅力的だったからです。実際に、エクササイズ指導やプランニングを具体的に提示してもらい、継続的なリハビリテーションを行ったことでピッチャーとして再びマウンドに立つことができました。理学療法の凄さを知ったこの実体験が、今の私に繋がっていると思います。大学への進学にあたっては野球部監督とも相談を重ね、得意の野球で進学するのではなく、理学療法士を目ざした進学を決意。スポーツ分野の理学療法を学べる大学を探していたところ、日本福祉大学であれば「スポーツ理学療法」が学べると知り入学を決めました。

どのような経緯で公益財団法人スポーツ医・科学研究所の理学療法士になられたのでしょうか。

 在学中は、小林寛和教授の研究室で「投球動作」について研究をしていました。理学療法士の活躍分野は医療、福祉、スポーツなど幅広く多様ですから、実習先での経験や学習を進めていく中で、当初考えていたのとは異なるフィールドに進む人も少なくありません。私の場合は、一貫して高校時代に興味を持ったスポーツ理学療法分野への就業を目ざしていました。

仕事内容について教えてください。

 対象者の病態を把握して痛みの原因を考え、適切なリハビリテーションを行うのが私の主な仕事です。過去の研究事例や経験などから、ケガの原因について予測を立て治療にあたります。リハビリテーションにおいて対象者の痛みを失くすだけではなく、再発しないことが重要です。動作は身体の各部分と連動していますから、外傷予防の面から動作指導を行うこともあります。当然、患部の痛みは本人にしか分かりませんし、私が経験したことのないスポーツ競技の選手もいらっしゃいますから、コミュニケーションは欠かせません。そういった中で各スポーツの競技特性を把握し、痛みの原因究明と最善の治療を検討していくのです。治療に携わった選手が復帰試合で活躍する姿を見ることが一番のやりがいです。選手がケガをする以前よりも良いパフォーマンスで復帰できるようにと心掛けています。また、症状がすぐ改善される対象者ばかりではないので、異なるアプローチの検討が必要となるケースも多くあります。病態と治療に関する知識がなければ、その対象者の症状は改善しませんので責任は重大です。

(2015年発行 日本福祉大学同窓会会報115号より転載)

このページの上部へ