このページのメインコンテンツへ移動
業

「ふくし」と仕事

さまざまに広がる仕事―。 本学の学びや取り組みが活かされています。

卒業生の声

教えることは多いですが、子どもに教わっていることもたくさんあります。

勤務先

東浦町立緒川新田保育園

保育士

小田 彩美さん

2011年3月卒業
愛知県/愛知県立刈谷北高校出身

仕事の内容を教えてください。

保育士として、3歳児のクラスを担当しています。保育園の一日の中で、最も大切な時間が午前中の「主活動」の時間。子どもにとっては初めておこなうことも多いので、たとえばハサミを使う活動の場合、安全な使い方を覚えてもらうことなど、毎回ねらいをもって指導しています。また、お子さんを園に預けてくださっている保護者の方との関わりも大切なこと。こまめにお子さんの様子をお伝えしたり、逆にご家庭での様子をうかがうようにしています。当園では、園の様子を知ってもらうために、保護者の方に保育士の仕事を一日体験していただく「ママさん先生」という取り組みなどもおこないながら、密な連携を心がけています。

仕事の魅力ややりがいは?

自分が子どもたちの人生や思い出に関われること。また、その子が今までできなかったことができるようになったときには、とてもやりがいを感じます。子どもは敏感なので、自分に気持ちの余裕がないときなどはすぐに見抜かれてしまう。振る舞いや態度には、特に気をつけています。教えることもたくさんありますが、逆に教わっていることも多いですね。保育士として、自分も子どもと一緒に成長していると感じています。

大学での学びが活きていると感じる時は?

保育士一年目の小田さん。「早く自分のスタイルを見つけて、それを活かせる保育士になりたいですね」と目標を語る。 

大学では社会や福祉を幅広く学び、そのなかで乳幼児期は人間が生きていく上で特に重要だと思い、私は保育の道を選びました。日本福祉大学で保育を学んだことにより、「社会の中の保育」という広い視点を持つことができたと思います。また、ゼミの先生にマナーや一般常識についても厳しく教えていただいたことは、実際に働き始めてありがたく感じています。

(2011年9月30日発行 ウェルキャリアより転載)

このページの上部へ