このページのメインコンテンツへ移動
業

「ふくし」と仕事

さまざまに広がる仕事―。 本学の学びや取り組みが活かされています。

卒業生の声

夢や目標を持ち続けることで、
自分の可能性と大切な存在が見えてくる。

富山県車椅子バスケットボールクラブ所属
車椅子バスケットボール選手

宮島 徹也さん

富山県生まれ。2011年3月、日本福祉大学情報社会科学部人間福祉情報学科卒業。中学2年の時、バスケットボール県選抜チーム入りを決める選考会中に靱帯断裂の大けがを負い、手術を受けるも医療ミスが原因で左太ももから下を切断。半年後に車椅子バスケを始め、高校2年でジュニア日本代表、日本福祉大学在学中の2008年には北京パラリンピックに日本代表として出場。その後も2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロと3大会連続出場を果たす。アスリート契約を交わすバーチャレクス・コンサルティング株式会社に在籍し、富山県車椅子バスケットボールクラブの主将としてチームを束ね練習に励む。

健康科学部WEBサイトへ

車椅子バスケットボールの魅力を教えてください。

 タイヤとフロアの摩擦で焦げた匂いが漂うほどのスピーディーかつ激しい攻防が、車椅子バスケットボールの魅力。また、選手の障がいレベルには個人差があるため、互いの身体的特徴を理解して助け合うチームワークも魅力の一つです。私の所属する富山県車椅子バスケットボールクラブでは、60歳を超えたメンバーも一緒になってプレーしています。このことは健常者バスケットボールでは考えられないことです。連携プレーから得点につながった時など、世代を超えて一緒に喜びを分かち合えることは、車椅子バスケットボールならではの醍醐味とも言えます。これらの魅力を多くの人に伝えたいと思っているのですが、言葉ではなかなか伝わらないこともあるため、機会があれば実際に見て体験してもらいたいですね。きっと驚くはずです。

大学での学びや経験が現在の活動に活かされていると思うことはありますか。

 在学中はゼミナールにて障がいを持つ人たちの日常生活における移動距離について調査・研究を行いました。自身の経験と調査結果を基に、外出機会が増えると多くの出会いや交流が生まれ、さまざまな人とのつながりを持つことができるのではないかと提案発表したことを覚えています。そのようなことから、所属チームの若い選手たちには積極的に外に出掛け、色々な経験をするように言ってきました。また、障がいを持っていてもスポーツができそうな人には、「車椅子バスケットボールをしませんか?」と自ら声を掛けるようになりました。大学の学びの中で気付いたことが、私自身や周囲の人たちに少なからず良い影響を与えているような気がします。

医療ミスからの左足切断という受け入れ難い現実に直面した当時の心境はどれほどのものだったのでしょうか。

 手術によって再びバスケットボールができると思っていたのに、足を切断すると言われた時は何を言っているのか理解することができませんでした。後に母親から聞いた話では、死を選ぶか足を切断するかを迫られているような時に、「バスケがしたい、バスケをさせてくれ!」と病床でずっと言っていたそうです。当時の私にとってバスケットボールは、自信を持って人に好きだと言える唯一無二のものでしたから、死んでしまうことへの恐怖よりも先に、バスケットボールができなくなることの方が嫌だったみたいです。麻酔から目覚めて短くなった左足を見た時は、大きな衝撃を受けて涙が止まりませんでした。病室で母親や看護師に当たり散らし、母親に向かって「死にたい」とまで漏らすこともありましたが、そんなどん底の状況から頑張ろうと前向きになれたのには、私に寄り添ってくれた家族、学校帰りに毎日見舞いに来てくれた友だちなど、今まで通りに接してくれる周囲の人たちの言葉があったからだと思います。

チームメイトと激しく競り合う宮島さん

チームメイトを集めてアドバイスを行う宮島さん

車椅子バスケットボールを始めたきっかけを教えてください。

 病室で当たり散らしていたどん底の時期に、車椅子バスケットボールを題材にした漫画「リアル」(集英社/井上雄彦 作)を読んで、自分もやってみたいという思いが湧きました。そして、どこから聞いたのか3歳年上で、車椅子バスケットボールジュニア日本代表の野澤拓哉さんが訪ねてきたのです。既に世界と戦っている彼が「一緒に日本代表になろうぜ」と誘ってくれたことが、私が競技を始める大きなきっかけになりました。退院後、彼の所属するチーム練習に参加。誘ってくれた野澤さんに追いつきたい気持ちもあって、目標を北京パラリンピック日本代表と決めてからは、人一倍練習に打ち込みました。大学2年生の時に念願の日本代表として北京パラリンピックに出場。当時は試合などで遠征することが多く、学業との両立には苦心しましたが、大学の教職員の方々のご理解とご支援には凄く助けられました。

(2017年発行 日本福祉大学同窓会会報118号より転載)

このページの上部へ