このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 湯原悦子准教授 講演録1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

講演録

湯原悦子准教授 講演録 「法を使うことが問題解決に役立つような問題群 -必要な「司法ソーシャルワーク」とは? 児童虐待28条事件-」

特別講義第11講 法を使うことが問題解決に役立つような問題群
-必要な「司法ソーシャルワーク」とは? 児童虐待28条事件

  • 講師:
    湯原 悦子 氏(社会福祉学部准教授)
  • 日時:
    2012年6月18日(月)

※所属や肩書は講演当時のものです。

 司法による問題解決は、大きく二つに分けることができます。一つは、犯行・非行のように、法の関わりが不可欠な問題です。もう一つは、法的手続きを伴わない解決法もあるけれども、法を使うことが解決に有効に働くという問題です。本日は後者について、児童虐待と離婚後の面接交渉という二つの事例に基づき、「司法ソーシャルワーク」の観点から考えてみたいと思います。

子ども虐待「28条事件」

 昨今、児童虐待の相談件数は増加の一途をたどっています。事件で言えば、名古屋市で中学2年生の男の子が、母親の交際相手から暴行を受けて死亡した事件がありました。虐待死というと、普通はもう少し幼い子どもを想像されるのではないかと思いますが、この事件で犠牲になったのは中学2年生の男の子であり、社会に与えた衝撃は非常に大きいものがありました。また、大阪では24歳の母親が二人の子どもを残して家を出て、子どもたちが餓死するという事件が起こっていますし、ここ知多半島でも2000年に、3歳の女の子が段ボール箱の中で餓死するという事件が起きました。

 こうした悲惨な事件は、もはや皆さんの遠くにあるような問題ではありません。そこで今日は、子ども虐待の防止に有効に働く児童福祉法28条を取り上げたいと思います。児童福祉法28条とは、子どもが虐待などの危機的状態にある場合には、家庭裁判所の承認を得れば、親の意に反してでも子どもを保護することができると定めた法律です。将来、児童福祉司を目指す人、社会福祉士として児童分野に関わりたいと考えている人にとって、これは必須の知識です。

 まず、実際の事件を元に作成したケースを基に、児童虐待における解決策を考えてみましょう。

事例1:児童虐待からの保護

 父母はA君が生まれてすぐに離婚し、父が親権者となってA君を引き取った。しかし父親一人では養育できず、A君を両親(A君の祖父母)に預け、自分は東京に働きに出た。それ以来、A君はずっと祖父母の下で暮らす。母の所在は不明。

 A君が小学校5年生になったとき、父はA君を東京に呼び寄せた。父はA君を私立の有名中学に入れようと熱心に教育し、A君は父に従って必死で受験勉強をしたが失敗し、地元の中学校に通うことになった。

 父はA君の将来のために、高校受験は失敗してはならないと考えた。A君が勉強をしていないと叱責し、テストの点が悪いと殴ったり蹴ったりすることが多くなった。A君は父に恐怖感を抱き、街をさまよって野宿したり、友達の家に泊まったりするようになった。心配した友達の母親が、児童相談所に通告。児童相談所はA君を児童養護施設に入所させたいと考え、A君の同意を得て父の説得を試みたが、父は耳を貸さず、A君を強引に家に連れ帰った。その後、父はA君に殴る蹴るの暴行を働いた。

 A君は「学校に行く」と言って警察に駆け込み、保護を求めた。「家には帰りたくない、施設に入りたい、かくまってほしい」と強く望み、その場から動かない。

事例1の法に基づく解決方法

 この場合の解決策としては、過去に学生から「警察でかくまい、父親を呼び出して強く説教する」「友達とそのお母さんに来てもらい、一緒に考える」「学校に連絡し、先生と一緒に考える」「警察で母親の住所を調べ、来てもらう」など、さまざまな意見が出ました。しかし、このまま家に帰らせるのはいけないという点は一致しているようです。

 先ほど言った児童福祉法第28条は、「子どもを虐待の現場である家に帰さず保護すること」ができる法的根拠の一つです。保護に関わる法律としては、以下のものがあります。

  1. ① 児童相談所長による一時保護(児童福祉法33条)
  2. ② 家庭裁判所の承認による施設入所、小さな子の場合の里親委託など(児童福祉法28条)
  3. ③ 親権者の変更もしくは指定(民法819条)
  4. ④ 親権の一時停止(民法834条の2)
  5. ⑤ 親権喪失宣告(民法834条、児童福祉法33条の6)

 方法①は、児童相談所の判断だけででき、親の同意は必要ありません。ただし、2カ月を超えてはならない(延長は可)とされており、主に緊急を要する場合に適用されます。この事例では、方法②の児童福祉法28条を使ってA君を児童相談所に保護しました。しかし、この方法で保護をしなくても、今までずっと面倒を見てくれた祖父母に親権を移したり、行方不明のお母さんを探して親権を移したりしてA君の安全な生活場所を確保することもできます。一方、父親の代わりに親権を担ってくれる人がいない場合には、父親の親権の一時停止措置を取ることができます。これは今年(2012年)4月にできたばかりの制度です。A君の父親のように、暴力という誤った方法を使っているにしても、本人からすれば子を思っての行動である場合には、親権を取り上げることは裁判所としてもためらわれるところです。そこで、一時的に親権を停止する制度が設けられたのです。

※この講演録は、学校法人日本福祉大学学園広報室が講演内容をもとに、要約、加筆・訂正のうえ、掲載しています。 このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

このページの上部へ