このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 田中千枝子教授 研究紹介1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

研究紹介

ソーシャルワークの
専門性の展開をめざして

田中 千枝子教授

日本福祉大学
社会福祉学部 社会福祉学科

社会福祉学部WEBサイトへ

※所属や肩書は講演当時のものです。

 私は1980年代の前後15年にわたり医療ソーシャルワーカーとして過ごしました。その間患者さんやご家族、チームメンバーたちと喜びも怒りも哀しみも楽しみも共にして、そこでのすべての学びが私の今に至る研究の基盤となっています。そこで身につけた社会問題へのリアルな意識や実践理論によるものの見方や価値・倫理を問い続ける感覚、ソーシャルワークアセスメント分析の技術やチームをあげての計画化の力量、インタビュースキル等を使いながら研究を行っています。さらにその後も社会や現場の変遷を実践者としての体験的アンテナを張りながら、実践仲間や当事者の方々に「今」を教わりながら、現実をフォローし研究に結び付けています。常に臨床と研究との循環運動を行っていることは、私の研究をより深く幅広いものにしてきました。

(1)始まりは専門職養成

 私が教員になった大きな動機は、「次代のよりよいソーシャルワーカーをつくりたい」でした。教員生活20年弱でゼミ卒業生は現在で180名ほどになりますが、その8割強は全国でMSW・PSWとして活躍しています。研究としては保健医療領域のソーシャルワーカー養成のために、専門基礎教育として何が必要なのか、社会福祉士・精神保健福祉士養成のための科目である「保健医療サービス」と「社会福祉援助技術論」テキストの編集・著作等に携わる中で、各大学のシラバスの分析をしながら考えました。また日本MSW専門職団体の研修体系委員となり様々な研修を企画・実施しながら、MSWにとっての生涯キャリアパスとは何かについて検討しています。またMSWやPSWのみならずケアマネジャーや社会福祉士・介護福祉士・リハビリテーション療法士・看護師・臨床心理などの研修にも呼ばれることが多く、その専門性の垣根を越えたヒューマンサービス・ケアの支援者養成に必要な要素が何であるのかについても研究しています。とくに「人の尊厳」にかかわる当事者主体の支援の核になるナラティブ、ストレングス、エンパワメントなどの支援の哲学と方法論の伝授が重要であると思っています。

(2)スーパービジョン研究への広がり

 従来から事例やロールプレイを介して演習形式で授業を行うことは、私にとって大きなウェイトを占めていました。また今でも卒業生やMSW協会やケアマネ協会、地方自治体等の依頼を受けて、事例検討からなるスーパービジョンを月に5~6回は実施しています。こうしたスーパービジョンが今後私の研究のホットスポットとなると考えています。スーパービジョンとは人材養成の一つの方法であり、専門職や組織が社会に対してサービスの質を担保し向上させることを目的とした過程で方法であると言われています。「支援者のための支援」であり、バイザー・バイジーの信頼と契約の関係性をもって、相互に影響しあう関係や経過の内実が問われます。古典的にはkadushinによる「管理」「教育」「支持」3機能が有名ですが、現代社会の複雑さや制度疲労や矛盾が蔓延した社会問題発生の場面で、新たなスーパービジョン概念や機能、方法論等への提言等の日本での再理論化がすすまなければ、ソーシャルワーカーはお役に立たない専門職となりその行く末が心配されます。
 もともと行政には査察指導員制度があり、また医療など一部の領域で任意でスーパービジョンは実施されていました。しかし組織的な必要性認識・効果なども含め、その広がりは十分とは言えませんでした。一方で社会福祉士・介護福祉士制度ができて20年が経過し、次のステップとして認定制度が2013年度より開始されました。社会福祉士認定機構が組織され、認定のための科目の中にスーパービジョン演習が設定され、スーパービジョンの受講や実施の体験が専門性の向上に求められるようになりました。専門職制度化にスーパービジョンを必要とする流れは2008年に介護保険に主任ケアマネジャー制度が発足したことにあらわれています。支援専門職を専門職たるものとするため、スーパービジョンが求められており、研究としてもその効果をしてこたえねばなりません。
 しかしながら支援者が対峙する現実は従来とは異なり、制度では解決できない複雑で複合的な生活困窮問題を抱えた当事者が多く、一施設一機関では抱えきれない生活の総合的問題が、地域というブラックボックスの中でうごめいている状況です。問題に対応する支援資源も多様さを増し、地域の多職種多機関連携で解決すべき課題も増えてきます。また支援の責任主体をワンストップにしようとする動きもあり、伴走的支援者も必要とされます。そうした困難な状況において、支援者は「燃え尽き」で離職したり、燃え尽きるほどのエネルギーがないと、「くすぶり」状態の中で専門職による虐待や放置・怠惰がおきることが問題視されています。そこで燃え尽きへの緩衝効果を持ち、問題と解決のための新たな課題解決機能を発揮できるような支援者への支援であるスーパービジョンの概念や手法を研究していく必要があります。そのために日本福祉大学ではこのたびスーパービジョン研究センターを立ち上げ、権利擁護研究センターとヒューマンケア研究センターとともに、3センター共同研究事業として、スーパービジョンを柱に研究プロジェクトを考えています。生まれ出ようとするセンターの今後の成長のためには、研究コミュニティーの形成が必要であり、ここは同窓会の皆さまのご参加をお願いするところです。

(2014年3月15日発行 日本福祉大学同窓会会報112号より転載)

このページの上部へ