このページのメインコンテンツへ移動
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

講演録

佐渡裕氏 講演録「指揮者 佐渡裕 夢がかなうまで」

講演録 「指揮者 佐渡裕 夢がかなうまで」

  • 出演:
    佐渡 裕 氏(指揮者)
    【ナビゲーター】
    木之下 晃 氏(音楽写真家・日本福祉大学客員教授)
  • 日時:
    2012年5月13日(日)14:00~
  • 場所:
    名古屋国際ホテル2階 老松若竹の間

※所属や肩書は講演当時のものです。

ベルリン・フィル・デビューを振り返って

木之下
まず、ベルリン・フィルにデビューされたご感想を聞かせてください。
佐渡
指揮者として何十年もやってきて、子どものときの夢がかなう瞬間に今いるんだというドキドキ感がありました。カーテンコールの後、オーケストラが解散するときになっても拍手がやまない。オーケストラのメンバーに、「これはマエストロへの拍手ですから」と舞台に押し出されて、誰もいないステージに一人。信じられませんでしたね。
佐渡 裕さん
木之下
このときベルリン・フィルを3回振っていらっしゃるのですね。
佐渡
初日、2日目、3日目と、明らかに違う性格を持った3日間でした。オーケストラというのは本番で分かり合えるものがあるので、ベルリン・フィルの底力も初日に知りました。2日目は肩を組んで一緒に一つのものをつくっていくという感があったし、3日目はお互い息のあった、のりにのった演奏でしたね。
木之下
ドイツで最初に振ったのは?
佐渡
1994年ごろ、ベルリン交響楽団(現コンツェルトハウス管弦楽団)が最初ではないかと思います。その後、メジャーといわれるオーケストラはすべて振ったと思います。
木之下
ベルリン・ドイツ交響楽団とも、いろいろなさっていますね。
佐渡
去年、日本ツアーをしました。辻井伸行君がコンクールで優勝する1年前に、彼とコンチェルトを録音したのもこのオーケストラです。彼の場合、目が不自由だというハンディもあるので、辻井君が弾くとオーケストラが感動するのです。これはやっていけると思いましたね。
ヨーロッパではコンクールのことも日本ほどは報道されていないので、今も、初めての場所では辻井君はあまり知られていません。
ベルリン・ドイツ交響楽団
目の不自由な彼がどうやって指揮者やオーケストラとコンタクトを取れるのかというところから始まります。でも、彼の技術がすごいことや、オーケストラとぴったり合うのが当たり前になっていくこと、そんなことよりも今鳴っている音楽が素晴らしいことに気付き始めるわけです。だから、純粋に音楽家に対して贈られる拍手ももちろんですが、人として、「自分たちは今、何て幸せな時間にいられるのだろう」という拍手なのです。
木之下
基本的に、音楽は人ですものね。
木之下 晃さん

音楽との出会い

木之下
佐渡さんは小学校の卒業文集に「ベルリン・フィルハーモニー・オーケストラ(管弦楽団)の正指揮者になり、世界的オペラ歌手になる」という夢を書いていますが、音楽とはどんな形で出会ったのでしょう。

小学校の卒業文集に書いた夢

佐渡
母親が家で歌とピアノを教えていました。僕も兄もピアノを習っていましたが、二人ともすぐに野球やサッカーに行きたがるような子どもでした。兄は中学に入るとピアノをやめましたが、僕は小学校を卒業するころには音楽家になりたいという気持ちがはっきりしていたので、ピアノは弾かなければならないと思っていました。
木之下
小学校のときに、小遣いでレコードを買ったそうですね。
佐渡
5年生のときに初めて買ったレコードが、バーンスタイン指揮、ニューヨーク・フィルハーモニック演奏の、マーラーの交響曲第1番「巨人」でした。マーラーブームがこれから始まるというころです。3年生のときに大阪万博があって、世界中の名指揮者が日本に来たのですが、そのときのバーンスタインによるマーラーの交響曲第9番があまりにも素晴らしかったのです。
家にあったカラヤンのレコードは触らせてもらえなかったので、自分のお小遣いで初めて買うレコードはカラヤンのライバルであるバーンスタインにしたのです。それで、大阪万博で評判を呼んだマーラーの、まずは1番を選びました。

※この講演録は、学校法人日本福祉大学学園広報室が講演内容をもとに、要約、加筆・訂正のうえ、掲載しています。 このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

このページの上部へ