このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 金澤 泰子氏 講演録1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

講演録

文化講演会「新たな旅たちに」金澤 泰子氏(書家・日本福祉大学客員教授)

講演録 「新たな旅たちに」

  • 講師:
    金澤 泰子氏(書家・日本福祉大学客員教授)
    金澤 翔子氏(書家・日本福祉大学客員准教授)
  • 日時:
    2016年11月5日(土)
  • 会場:
    日本福祉大学美浜キャンパス

※所属や肩書は講演当時のものです。

一人暮らしの始まり

 娘の翔子は今年で31歳になります。30歳のときに、思い切って一人暮らしを始めました。私は不安だったのですが、1年少したった今も、翔子が自分の意思で実家に帰ってきたことは一度もありません。一人の部屋がどんなにいいのか分かりませんが、仕事で仕方なく来る以外は帰ってこないのです。そして、驚いたことに一人でご飯を作って一人で食べています。これが翔子の一人暮らしの定義だと思います。

 一人暮らしは不安で寂しいだろうというのは、親の幻想でした。翔子はこの世に悪い人がいることが分からないし、私たちのように希望や予定があって時間を過ごしているわけではなく、100%今を生きているので、ちっとも寂しくないし、不安でもないのです。
私は翔子と離れるのは寂しいと思いましたが、翔子は「お母さまと私は心でつながっているから寂しくないね」と言っています。本当に心でつながっているから、一人であっても一人ぼっちではないのです。

 一人暮らしを始めて、翔子は頭がとても良くなりました。一人暮らしを始めて2か月目ぐらいから、おぼろげに大きなお金のことが分かってきたのです。あるとき、翔子が「お給料が欲しい」と言うので、二人で協定を結んで、書を1回うまく書けたら5000円与え、失敗したら減俸で1000円ずつ引くことにしました。私は翔子に生活費をどのように渡そうかと思って試行錯誤していたのですが、翔子はそのお給料でちゃんと暮らしています。

 翔子は毎朝、私からもらった1000円札を握って街に繰り出します。スーパーマーケットなどでは買い物をせず、米はその街のお米屋さんで、花もお花屋さんで買います。翔子は街と実に溶け合っているので、私たちが想像できないような素晴らしい一人暮らしをしています。心配しているのは、親の側だけです。それから、地域の中で生きていくことが大事だと思います。地域の皆さんに助けられながら、自立させていくことがいいと思います。

 どこの学校へ行っても、過保護なのです。登校するときも手をつないで来いといわれました。今とは時代が違いますから、そうして学校とけんかしながらいろいろな苦労をしてきました。今では、翔子は道をとてもよく覚えられるし、東京の遠い所まで電車を乗り換えて行けるようにもなりました。過保護なままでは、きっとこんなに地理に詳しくなかったと思います。

 お料理は何でもできます。翔子が料理を始めたら、台所には誰も入ってはいけないことにしてきました。入ってしまうとどうしても手伝ってしまうし、せっかく作っているのに手を出されると、傷ついてしまいます。わが子が作る料理ですから、おいしいです。私が喜ぶと、翔子は達成感を味わいます。すると、もっと喜ばせたいという思いが強くなり、レシピはどんどん増えていきます。

 その子の力を信じてやらせてあげて、待つことも必要です。そして、やり遂げたら褒めてあげると、またステージが上がっていきます。子どもは信じてあげればあげるほど、やろうとします。ですから、障害者のお母さんたちはわが子を障害者だなどと思わないでください。全て障害の人はいないのです。翔子は言語障害が強いですが、別の知性がちゃんと育ちます。その力をしっかり見てあげればいいので、駄目だと思ったら駄目です。翔子はとても優しいですから、私を助けようと思うこともあり、今は親子が逆転するくらいしっかりしています。ですから、子どもの力を信じてあげてください。

※この講演録は、学校法人日本福祉大学学園広報室が講演内容をもとに、要約、加筆・訂正のうえ、掲載しています。 このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

このページの上部へ