このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 浅井友詞教授 研究紹介1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

研究紹介

前庭リハビリテーションと姿勢制御

浅井 友詞教授

日本福祉大学
健康科学部 リハビリテーション学科
理学療法学専攻

健康科学部WEBサイトへ

※所属や肩書は講演当時のものです。

前庭リハとの出会い

 私は現在、前庭(平衡感覚器)に着目した平衡バランスの研究を行っています。前庭リハとの出会いは、今から15年前の米国ロマリンダ大学(カリフォルニア州)でのことです。  
 私は、アメリカの教育システムを日本に取り入れるために教育提携を確立し、講義への参加や病院見学をしていました。ロマリンダ大学では、理学療法のカリキュラムの中で前庭リハの講義が行われており、医療施設においても前庭リハは注目の領域でした。本邦では、まだまだ認識されていませんが、昨年の理学療法士国家試験ではじめて出題されたことは記憶に新しいところであります。

前庭とは?

a)前庭の働き

 前庭は左右の内耳に位置し、2つの主要な感覚器(半規管と耳石器)が存在します。それぞれ感覚器には有毛細胞があり、頭部の動きでリンパ液が流動して反応します(図1)。
 前庭感覚は、頭部運動時に頭部の直線および回転の加速度を感知し、空間的な頭部の動きを感じ取り、前庭脊髄反射(VSR)と前庭動眼反射(VOR)が出現します。VSRは体幹および四肢の伸展筋の調節を行い、姿勢の安定性に関与しています。頭部が動揺した際、頚部筋や体幹筋を収縮させ頭部や体幹の固定がおこるなど最初の姿勢反射は前庭由来のものです。VORは半規管や耳石の刺激が前庭神経核を介し、眼球運動を制御します。頭部が右回旋した場合、眼球は同じ速度で逆方向に動くため、頭部が動いていても視覚を確保することができます。また、人が歩きながら携帯電話のメールを見ることができるのは、前庭動眼反射(カメラの手振れ防止機能)が起こっているからです。

図1:前庭機能

b)姿勢の安定性

  • 姿勢反射
    • 前庭脊髄反射
      前庭の刺激情報が脊髄を通って、下位頚髄、胸髄、腰髄を介して頚部・四肢の伸展筋を支配する。したがって、前庭からの情報が障害されることにより四肢体幹保持機能は低下する。
    • 前庭頚反射
      前庭の刺激情報が、頚部筋を支配して頭部の固定に働く。
    • 前庭動眼反射
      眼球は、随意的な眼球運動を行って対象物を認識しているが、逆に歩行等で頭部が動揺していても眼球の動きを調整して焦点を合わせることができる。
    • 頚眼反射
      上位頚椎の固有感覚と外眼筋が連動し眼球運動を行う。
  • 姿勢制御
     若年者は足部を中心に、高齢者は股関節を中心に身体バランスを構築していると報告されています。
     我々は、床前後移動の外乱刺激に対して、頭部、腰部、膝関節部の反応時間を加速度計によって計測しました。若年者と高齢者を比較すると若年者では、頭部の反応時間は遅く体幹が弓状にしなって刺激を吸収します。一方、高齢者では頭部の反応が早く次いで腰部、膝の順に直線状に身体が動きます。したがって、高齢者では支持面に対して遠位部(頭部)の動きが早く、身体の柔軟性の低下も加わり大きく動揺して姿勢保持が困難となります(図2)。

図2:外乱刺激に対する姿勢制御

前庭障害の症状

 前庭障害の症状は、前庭・外眼筋・上位頚部の情報が不一致を起こし、姿勢や眼球の制御が困難となり、起き上がり動作、立ち上がり動作、歩行、方向転換動作など頭部運動時にめまいやふらつきが出現します。

c)めまい、ふらつきを起こす病因

 めまいを訴える患者のうち最も頻度が高いのは、なでしこジャパンの澤選手で馴染み深い「良性発作性頭位めまい症」(BPPV)です。BPPVは内耳の障害で起こり、頭部を変換した際に回転性のめまいが起こることが特徴です。BPPVの病態は耳石が半規管内に入り込み、半規管内のリンパの流れが障害される事によりめまいが発症するものです。耳石はカルシウムで出来ており、高齢女性では崩れやすく症状が出やすくなります(図3)。

図3:加齢による耳石の変化
カルシウムでできた耳石は加齢とともに崩れる。

 BPPV以外にはウィルス感染等による前庭神経炎やメニエール病、加齢などが原因で左右の前庭機能に不均衡が生じる事で起こる前庭機能低下症などが挙げられます。BPPVや前庭機能低下症では頭部運動時にめまい感や姿勢不安定感を訴えます。その他には外傷性頚部症候群があり、頚部の固有受容器が損傷を受けることでめまいやふらつきが出現します。
 また、70歳以上では、リンパの流れを感知する半規管の有毛細胞が40%、耳石器の有毛細胞では25%程度の減少)がみられ平衡機能に影響をもたらし、転倒を招きます。

(2014年8月15日発行 日本福祉大学同窓会会報113号より転載)

このページの上部へ