このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. イベント情報一覧
  5. 子ども発達学部開設10周年記念事業「子ども発達学部開設10周年記念シンポジウム & ホームカミングデー(懇親会)」を開催します
学園・大学案内

イベント情報

子ども発達学部開設10周年記念事業
「子ども発達学部開設10周年記念シンポジウム & ホームカミングデー(懇親会)」を開催します

2018年10月05日更新

※クリックで拡大します

 2008年に子ども発達学部が開設してから10周年を迎えました。開設以来、子ども発達学部が児童福祉、保育・幼児教育、学校教育、臨床心理、障害児教育の各分野で果たしてきた意義・役割・成果を再確認すると同時に、これからの研究・教育における新たな社会貢献を見据え、更なる発展のために、以下の通り、シンポジウムとホームカミングデー(懇親会)を実施します。

 当日は大学祭も開催予定です。皆さま、お誘い合わせの上、ご参加ください。

日時 2018年11月3日(土)13:30より(受付開始13:00)
会場 日本福祉大学 美浜キャンパス(愛知県知多郡美浜町奥田)
シンポジウム:120教室
ホームカミングデー(懇親会):生協食堂「食菜-tabena-」
プログラム

第1部 シンポジウム

日 時:2018年11月3日(土) 13:30 ~ 15:00
場 所:美浜キャンパス 1号館 120教室

※参加費は無料でどなたでも自由に参加できます。

テーマ :「子ども・発達支援のこれまでとこれから
     ― 地域社会に貢献する活動を通して―」

司 会:   亀谷 和史(初代学部長)
座 長:   山本 敏郎(学部長)
シンポジスト:塩崎 美穂(子ども発達学科保育専修長)
       橋本 洋治(子ども発達学科学校教育専修長)
       堀 美和子(前 心理臨床学科長)

 10周年の節目に各学科・専修そして学部の「これまでとこれから」をキーワードとしたシンポジウムを行います。現在の学生の学びの姿や様子を伝えることを通してこれまでの学科・専修での取り組み、卒業生たちへの思いそして、それぞれの領域での学びをどのように地域社会の中で活かしていくことができるのかなどを語っていただいた上で、2019年度以降の構想も紹介しながら子ども発達学部のこれからを探ります。

第2部 ホームカミングデー(懇親会)

日 時:2018年11月3日(土)15:15 ~ 16:45
場 所:美浜キャンパス 12号館生協食堂「食菜-tabena-」

※軽食をご用意させて頂きます。

※参加費は無料です。

対象となる方:子ども発達学部卒業生(ご家族の同伴も可能です)、子ども発達学部教職員(退職教職員を含みます)

参加予定教員一覧

在籍教員
赤石 憲昭、伊藤 修毅、今井 理恵、江村 和彦、遠藤 由美、大饗 広之、亀谷 和史、川田 稔、小坂 啓史、小平 英志、齋藤 一晴、澤田 好江、塩崎 美穂、柴田 康正、鈴木 庸裕、鷲見 聡、瀬地山 葉矢、髙木 尚、東内 瑠里子、中村 信次、西島 千尋、橋本 洋治、服部 裕子、花房 美砂子、早川 すみ江、林 克次、堀 美和子、水野 暁子、三宅 裕一郎、山口 正、山口 智子、山本 敏郎、山本 秀人、吉田 文久、吉原 智恵子、渡辺 顕一郎、渡辺 靖敏

退職教員
池田 憲一、石川 達也、磯部 作、柿沼 肇、小林 信次、松下 孜、三橋 廣夫、守山 均

参加費 無料
参加申し込み
参加申し込みは締切りました
申込期限

2018年10月20日(土)

※申込み期限を10月5日から延長しました。

問合せ 日本福祉大学 美浜事務室 子ども発達学部担当
〒470-3295 愛知県知多郡美浜町奥田
TEL:0569-87-2322(平日10:00~17:00)
E-mail:child@ml.n-fukushi.ac.jp