このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. 重要なお知らせ一覧
  5. 任期満了に伴う日本福祉大学の新学長について
学園・大学案内

重要なお知らせ

任期満了に伴う日本福祉大学の新学長について

2016年10月31日

 二木立学長の任期満了(平成29年3月31日)に伴い、10月31日開催の理事会において、児玉善郎教授(現・日本福祉大学社会福祉学部長)が第8代学長に選任されました。任期は、平成29年4月1日から平成33年3月31日までの4年間。

 児玉新学長は1959年生まれ、57才。博士(工学)。専門は、居住福祉、福祉住環境、建築・都市計画。
 1985年神戸大学大学院工学研究科環境計画学専攻修了。民間の都市計画事務所・株式会社計画技術研究所研究員、神戸大学工学部技官、産業技術短期大学助教授を経て、2000年日本福祉大学社会福祉学部に赴任。本学着任後、大学院社会福祉学研究科長、社会福祉学部長補佐、社会福祉学部長、執行役員(高大接続)などを歴任。主な社会的な活動として、日本建築学会技術報告集委員会建築社会システム部門幹事、愛知県高浜市地域公共交通会議会長、愛知県東海市空家等対策協議会委員長などの要職に就いている。日本社会福祉学会、日本建築学会、日本都市計画学会などに所属。
 主な著書に、『居住福祉学』有斐閣(共著)、『住まいの論理』嵯峨野書院(共著)、『東日本大震災 住まいと生活の復興-住宅白書2011-2013』ドメス出版(共著)、『集合住宅団地における“つどい場”と災害公営住宅におけるつながりづくり』全国コミュニティライフサポートセンター(監修・共著)、『災害福祉論』青踏社(共著)、など。