このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. お知らせ一覧
  5. 「ワクチンを届ける 国際協力出願」の活動がはじまります
学園・大学案内

お知らせ

「ワクチンを届ける 国際協力出願」の活動がはじまります

2013年11月28日

 日本福祉大学では、学園創立60周年を迎えた2013年の今年、受験生からの出願数に応じて、開発途上国の子どもたちへワクチンを届ける「国際協力出願」の活動を始めます。

 「ワクチンを届ける 国際協力出願」は、受験生の「1出願」に対して、日本福祉大学が子ども一人分の「1ワクチン」を寄付する活動です。

 学園創立60周年を機会に、世界基準の「ふくし」を考え、次世代の「ふくし」を築いていくスタートとしてワクチンを必要としている開発途上国にワクチンを支援し、海外の子どもの命と未来を支えていく活動を開始します。 また、これから福祉を学んでいく受験生にも、海外に目を向け、広い視野を持つきっかけにしてほしいという想いから、この取り組みが生まれました。

 「出願数=ワクチンの提供人数」として、ワクチンの種類と個数及び寄付金の金額を確定し、ワクチン代を認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」へ寄付します。JCVを通じて開発途上国の子どもたちへワクチンを支援していきます。

 取り組みの詳細、ならびに大学の概要については、以下の資料をご覧ください。