このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 中学生、小学生らとの合同稽古で相互に鍛練―剣道部
学園・大学案内

トピックス

中学生、小学生らとの合同稽古で相互に鍛練―剣道部

2011年9月27日

 本学の剣道部(部員数:27人)は、9月9日(金)~11日(日)にかけて強化合宿を行いました。今回の合宿のポイントは、集中的な稽古で技術・精神の両面を高めることはもちろん、美浜町内の民宿を宿舎とし、集団生活や民宿運営のお手伝い、地域の方々との交流を通して、生活面でも磨きをかけることができました。
 また、合宿2日目となる9月10日の午前中は美浜町立野間中学校剣道部の25人、同日午後には西美浜剣道スポーツ少年団の小中高生18人との合同稽古に臨み、剣道を中心に先輩として指導・助言の役割を果たしました。稽古に真剣に取り組む子どもたちの姿は、剣道部の学生にとっても刺激となり、強化合宿の成果向上につながったようです。技術指導だけでなく混合チームによる試合も行い、時には楽しそうな歓声も聞かれました。

◆小学生から大学生までが肩を並べて稽古に励みました。

 合宿に参加した剣道部員は「愛知県剣道連盟の先生方のご指導を仰いで自分たちも成長する一方で、子どもたちにも何かを掴んでもらえたら、という気持ちで臨んだ合同稽古には、初心を思い出すことができました」「大学の剣道部という枠を超えて、同じく剣道に励んでいる子どもたちや、その指導にあたられている地域の方々と交流できました。お兄さん・お姉さんとして教える立場と、指導者の方々から共に学ぶ仲間の立場もあり、私たち大学生にとっても貴重な機会でした」といった感想を述べています。子どもたちからは「先輩たちは強かったけど、稽古を通して自信がつきました」「試合に臨む姿勢やチームワークの大切さを学びました」といった感想や、親御さんからは「また一緒に稽古させてほしい」といった要望もいただくことができました。剣道部の沖田一成顧問は「本学と美浜町は総合型地域スポーツクラブによる地域のスポーツ振興や健康づくり、そして多世代のコミュニケーション促進に取り組んでいます。今回の強化合宿で行なった合同稽古にも同じ目標があり、剣道部の学生には地域にもっと関わってもらいたいと思っています」と話しています。

◆参加者全員が学び、成長した3日間でした。