MENU

在学生紹介

加藤 史織さん

中村 信次ゼミ

なぜ心理学を学ぼうと思ったか

幼い頃から人と関わることが好きで、将来は人を助けたり支えられる仕事に就きたいと考えていました。そんな折に、心の病と闘う少年の物語を読み、心の病や心の病と闘う人たちの事を知りました。そして、人の心を知ることは、人を支えるすべになると知り、心理学を学ぼうと思いました。

日福の心理のよいところ

日本福祉大学の先生方は、現場で沢山の経験を積まれた方ばかりです。そのため、実際にあった問題のケースや、教育現場の現状など、講義だけでは分からない、現場の生の声や雰囲気を知り、学びに繋げることができます。また、講義で出た学生の質問や意見を、他の学生とも共有し、全員で考え取り組む授業も多いため、様々な意見や考え方を知り、自分の視野を広げることができます。

今力を入れていること

私は来春から半田市役所で事務職として働きます。仕事内容は多岐にわたり、様々なケースに対応していきます。そのため、これまでに学んだことを、現場で活かせる力に変えられるよう、障害者支援施設や母子支援施設などの現場で経験をさせていただいています。ふくしの総合大学にて学んだ、あらゆる福祉についての知識を、地域に貢献できる力に変えられるよう努力しています。

おすすめの授業

私のおすすめの授業は「コミュニティ心理学」です。コミュニティ心理学は、「人」と「環境」の適合を図ることを重視する実践学です。現代社会でよく問題に上がっている、育休産休取得やいじめ、LGBTなどにまつわる問題に関する知識や、問題への向き合い方を学び、私たちを取り巻く環境の改善はどうすればよいかを考えることができます。

最新情報は大学サイトや公式SNSでも配信!

新しい情報が追加されましたら、日本福祉大学公式サイト、
または日本福祉大学公式SNSでも配信していきます。