ワクチンを届けるために

国際協力出願の仕組み

12 月から3 月初旬にかけて
一般入試・センター利用入試の
願書を受けつけます。

出願期間締切後、日本福祉大学の学部すべてにおける出願数を
集計します。

出願数の確定後
寄付するワクチンの種類を決定します。
出願数=ワクチンの提供人数として
ワクチン代を算出し確定します。

ワクチン代をJCV へ寄付します。
JCV はユニセフを通じて
必要とされるワクチンを
各国の要請に応じ支援します。

  • 2013年の報告

    • 結果報告テキスト

      2013年度結果のご報告

      この度、「ワクチンを届ける 国際協力出願」の対象となる、「大学入試センター試験利用入学試験」「一般入学試験」に対し、5,763名の受験生から出願がありました。

      この結果を持ちまして、本学にご出願していただいた皆様の想いを、継続支援国(ミャンマー、ラオス、ブータン、バヌアツ)への5,763人分のポリオワクチン代として、認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会(以下JCV)へ寄付いたしました。

      本学では世界の子どもたちの未来のために、今後もこの取り組みを継続していく予定です。
      引き続きご支援、ご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

      本学担当者がJCVを訪問し、5,763人分のワクチン代を寄付しました。

  • 2014年の報告

    • 「ワクチンを届ける国際協力出願」の対象となる2015年度の対象入試に延べ5,855人の受験生から出願がありました。
      この結果を持ちまして、本学に出願していただいた皆様の想いを、継続支援国(ミャンマー、ラオス、ブータン、バヌアツ)への5,855人のポリオワクチン代としてJCVに寄付しました。
      2014年度の開始から2年間で1万人を越える寄付となりました。ご出願いただいた、皆様ありがとうございました。

      本学では世界の子どもたちの未来のために、今後もこの取り組みを継続していく予定です。
      ご支援・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

      One Action Project

      「ワクチンを届ける国際協力出願」を応援する取り組みとして、在学生を中心に活動した「One Action♡Project」では、309人分のワクチン代を寄付いたしました。引き続き2016年度も在学生と行う取り組みを継続し、JVCを通して、世界の子どもたちへの支援を行っていきます。

  • 2015年の報告

    • 2016年度の国際協力出願対象入試に、延べ5,559人の受験生から出願がありました。この結果を持って、本学に出願していただいた受験生の想いを、継続支援国(ミャンマー、ラオス、ブータン、バヌアツ)への5,559人分のポリオワクチン代として、JCVへ寄付いたしました。2014年度入学試験からスタートして3年間で17,177人分の寄付となりました。出願してくださった皆様、ありがとうございました。

      NFU×JCV ハローキティ♥プロジェクト

      国際協力出願の開始から3年目を迎えた2015年夏、JCVのスペシャルサポーターであるハローキティのオリジナルグッズを、学生が中心となって企画開発し商品化しました。美浜・半田・東海の各キャンパスにある生協ショップで販売し、収益の一部をJCVに届けました。

      オリジナルグッズ