日本福祉大学について

「万人の福祉のために、真実と慈愛と献身を」を教育標語として、福祉研究と教育に取り組んできた日本福祉大学は2013年4月に、学園創立60周年を迎えました。
「ふくし」の総合大学をめざして、「健康・医療」(いのち)、「福祉・経済」(くらし)、「教育・発達」(いきがい)の3つの領域の発展充実に努め、日本で最も歴史のある「社会福祉学部」、 福祉を理解する「経済学部」に加え、「健康科学部」「子ども発達学部」「国際福祉開発学部」「看護学部」「スポーツ科学部」、そして医療・福祉・経済を統合する「福祉経営学部(通信教育)」の学部が力を合わせて、「すべての人の幸せ」の実現をめざしてます。

日本福祉大学 外観

社会福祉学部

誰もが大切にされる社会をつくる人間力と実践力を。
乳幼児、児童、障害者、生活困窮者など、すべての人が安心して
その人らしく暮らせる社会づくりのために、各分野で活躍できる
人を育てます。

行政専修

子ども専修

医療専修

人間福祉専修

子ども発達学部

福祉の視点を備えた子ども発達の専門家を育てる。
子どもを取り巻く社会環境の問題を理解した上で、子どもたちの健やかな成功を「福祉と発達支援(教育面・心理面)」の視点でサポートする人材を育てます。

子ども発達学科 保育専修

子ども発達学科 学校教育専修

---------------

心理臨床学科 心理臨床専修

心理臨床学科 障害児心理専修

スポーツ科学部

スポーツを360°科学する
トレーニング科学だけでなく、教育・文化・福 祉・心理・医学・社会・経営など、あらゆる方向からスポーツと向き合い、スポーツの実践力や指導力を養うことを通じて人間力を磨きます。

スポーツ科学科

健康科学部

専門技術と健康・医療・福祉のチームアプローチを学ぶ。
高齢者や障害者が「人によるケア(リハビリテーション)」と、「モノや空間の創造(福祉工学)」を通じて自立し、人間の健康的な活動を支援できる人材を育てます。

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

リハビリテーション学科 作業療法学専攻

リハビリテーション学科 介護学専攻

---------------

福祉工学科 健康情報専修

福祉工学科 バリアフリーデザイン専修

経済学部

経済学と経営学を学び、新しい福祉を創造する。
地域経済や地域金融、医療・福祉経営などの知識を備え、幸福な社会づくりに貢献するビジネスパーソンや公務員を育てます。

経済学科

国際福祉開発学部

英語力と問題解決力を磨き、志のある国際人に。
国際ビジネスに携わる企業人、コミュニケーションの楽しさを
教える英語教師、国際的な社会開発を支援するNPOスタッフを
育てます。

国際福祉開発学科

看護学部 2015年4月開設

その人らしい生活を全力で支える医療人に。
確かな看護実践能力・一人ひとり異なる健康ニーズを理解するコミュニケーション能力や、保健・医療・福祉の専門職と連携する力までも備えた確かな看護実践能力を養う教育を行います。

看護学科

福祉経営学部(通信教育)

働きながら学び、専門知識と資格を手に入れる。
インターネットによる添削・試験システムにより、時間を有効に活用して学べる通信教育です。忙しい社会人でも自分の都合に合わせて学習できます。

※福祉経営学部(通信教育)は「ワクチンを届ける 国際協力出願」の
   対象にはなりません。

医療・福祉マネジメント学科