みなさまからのよくあるご質問にお答えします。

ワクチンを届ける 国際協力出願について

Q1. 「ワクチンを届ける 国際協力出願」とはどのような取り組みですか?

受験生の皆様からの出願数に応じて、開発途上国の子どもたちへワクチンを届ける取り組みです。「1出願」に対して、本学が子ども一人分の「1ワクチン」に相当する金額を、認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会(以下JCV)へ寄付します。

Q2. 提携するJCVとはどのような団体なのですか?

これまで多くの企業・団体、医師・文化人の方々が理事・サポーターを務める団体です。豊富な経験と実績をもつことから提携しました。
詳しくはJCVのホームページをご覧ください。

Q3. 「ワクチンを届ける 国際協力出願」の目標は何ですか?

この取り組みでは、「健康支援(いのち)、教育支援(いきがい)、自立した経済(くらし)」という大きなビジョンを掲げ、持続可能な未来社会の創造をめざしています。その第一歩が、“健康を支える”取り組みであり、ワクチンを届けるための寄付としました。

Q4. なぜ国際協力なのですか?

学園創立60周年を機会に、世界基準の「ふくし」を考え、次世代の「ふくし」を築いていくスタートとして、開発途上国の子どもたちにワクチンを届け、命と未来を支えていく活動を開始します。

Q5. ワクチンは、いつ、どの国へ、どのくらい寄付されるのですか?

JCVの基準に沿って、ワクチンを必要としている国々へ 必要な量を送ります。

Q6. ワクチンの種類や金額について詳しく知りたいのですが・・・

ワクチンについての詳細は、JCVのホームページをご覧ください。

Q7. ワクチンは誰が届けるのですか?

JCVが国連ユニセフ、WHO、各国の保健省と連携し、現地の医療スタッフやボランティアなど多くの人々に協力いただき、ワクチンを届けます。
詳しくはJCVのホームページをご覧ください。

Q8. 本当にワクチンが届いているのか確認をする方法はありますか?

今後、本サイト内で活動報告レポートを公開していきます。
どの国へどのワクチンをどのくらい寄付したかはこちらのページからご覧いただけるようにいたします。

Q9. 入学後、ワクチンを届ける活動に参加することはできますか?

ワクチンを届ける活動はすべてJCVが行っております。 ボランティアや学生インターンシップなども募集しておりますが、定期的に東京にあるJCVのオフィスまでお越しいただく必要があります。 他にも学内での募金活動や直接の寄付など、参加の形は様々あります。 詳しくはJCVのホームページをご覧ください。
また、ワクチンを届ける活動ではありませんが、本学の国際福祉開発学部では「国際フィールドワーク」内で、研修先で海外に赴き、学校などへ文房具を届ける活動をしています。詳しくは、本学国際福祉開発学部のページをご覧ください。

--------------------------------

みなさまからのよくあるご質問にお答えします。

出願について

Q10. なぜ受験とワクチンなのですか?

これまでにみなさんが普通に受けた予防接種。
その予防接種が受けられずに亡くなっていく子どもたちが世界には1日に4,000人もいるのです。
人生の大きな節目を迎えようとしているこの時期に、世界に目を向けていただきたいのです。

Q11. 「ワクチンを届ける 国際協力出願」の寄付は入学検定料に含まれているのですか?

今回の活動は、皆様の出願数に応じて、本学がJCVへワクチン相当額を寄付するものです。入学検定料には含まれておりません。

Q12. 国際協力出願が対象となる入試は何ですか?

2016年度は12月以降に行われる入試が対象となります(予定)。 入試の詳細については、受験生サイトでご確認ください。

Q13. この取り組みに賛同できないので、寄付せずに出願したいのですが・・・。

ご賛同いただけない場合は、入学広報課までお申し出ください。出願数よりお申し出のあった数を引いて、寄付を行います。
詳しくは入学広報課までお問い合わせください。

Q14. 受験はしませんが、ワクチン相当額を寄付することはできますか?

個人での寄付をご希望される方は、JCVから行うこともできます。詳細はJCVのホームページをご覧ください。

Q15. 出願はインターネットでもできますか?

本学の入学試験は、インターネットでも受け付けております。