チラシのダウンロード

 どんなに重い認知症や障害のある人にも意思は存在し、その意思を尊重することが求められます。世界は今、パラダイム転換を始めています。成年後見制度の課題と今求められる権利擁護、意思決定支援について、学生、院生、福祉従事者、成年後見制度等に関わる皆さんとともに基礎から事例まで学びます。
 昨年度開催し、ご好評をいただいた講座の第2弾!日本福祉大学権利擁護研究センターにおいて、福祉と法律の研究者・実践者が議論を重ねてきた成果を、さらに内容を深めてご提供します。ぜひ、ご参加ください。

主催 日本福祉大学 権利擁護研究センター
共催 全国権利擁護支援ネットワーク
日 時 2016年1016日(日) 10:00〜16:40
場 所 日本福祉大学 名古屋キャンパス北館8階
受講料 5,000円
講 師 日本福祉大学と全国権利擁護支援ネットワークの多彩な講師陣
定 員 40 名

プログラム

時 間 講義名 講 師
10:00〜10:10 オリエンテーション  
10:10〜12:10 権利擁護における意思決定支援 佐藤彰一(國學院大學教授)
12:10〜13:00 昼食休憩  
13:00〜14:40 <事例学習@>
意思決定支援のプロセスとスーパーバイズ
上田晴男(全国権利擁護支援ネット事務局長)
住田敦子(尾張東部成年後見センター)
14:40〜15:00 休憩  
15:00〜16:40 <事例学習A>
ソーシャルワークと意思決定支援アセスメントを中心に
田中千枝子(日本福祉大学教授)
住田敦子(尾張東部成年後見センター)

申込方法

申し込みは終了しました。
参加ご希望の方は直接会場へお越しください。
受講料は会場で徴収します。

お問い合わせ先

日本福祉大学権利擁護研究センター

名古屋市中区千代田5-22-35 名古屋キャンパス北館
Tel052-242-3075

会場案内図

名古屋キャンパスマップ

日本福祉大学名古屋キャンパス 北館8階

〒460-0012
愛知県名古屋市中区千代田5-22-35
※会場に駐車場はございません。
 公共交通機関をご利用ください。

このページのトップへ戻る