日本福祉大学 大学院 医療・福祉マネジメント研究科 医療・福祉マネジメント専攻


特徴

Inter Professional Education(多職種連携教育)の考え方を導入し、実践的なカリキュラムを編成しています。ソーシャルワーク領域、医療福祉サービス領域と医療福祉経営領域、それぞれのマインドと知識を併せ持つ「医療・福祉現場の高度専門職業人」を養成します。

|   教育目標・行動目標   |   3つの領域   |

明日の医療・福祉現場を担う高度専門職業人を養成

日本福祉大学大学院は、日本ではじめて「社会福祉学」の研究科名称をもつ大学院として、1969年に開設され、発展してきました。

大学院を巣立つ院生たちが働く医療・福祉現場では、いまや利用者の多様なニーズと経営上の課題の両方のマネジメントが求められています。

その時代の要請に応え、医療・福祉現場に求められる幅広い専門知識と、 高度なマネジメント能力を持つ人材を養成すべく『医療・福祉マネジメント研究科』を2009年4月に開設しました。 医療・福祉現場の社会人が多く学んでいる、夜間制の大学院です。

研究科の概略

課程名称:医療・福祉マネジメント研究科
医療・福祉マネジメント専攻 修士課程
授与学位:修士 (医療・福祉マネジメント)
Master of Health and Social Services Management
開講形態:夜間開講
定 員:30名

研究科の特徴

1.福祉サービスマネジメントと医療福祉経営を学ぶ

これまで本学が培ってきた、社会福祉学と、経営学の両方のアプローチを学ぶことができます。 この異なる2つの領域を統合することによって、それぞれの領域間のシナジー(相乗)効果を追求します。例えば「制度・政策の動向(マクロ)や、事業所・地域・NPOなどのマネジメント(メゾ)、臨床レベルの実践(ミクロ)」「医療福祉施設(組織・サービス)の管理運営と経営・会計の両面のマネジメント」などを学ぶことができます。

2.医療・福祉現場の優れた実践例を学ぶ

従来からの実践理論や研究方法論の講義科目に加え、先駆的な優れた実践事例も学べるよう、医療・福祉現場から招いた実務家による講義や、ディスカッション、スーパービジョンをおこなう演習を開講しています。

3.ケース教材を用いた討論中心型の演習授業を導入(ケースメソッド演習)

ケースメソッド演習により、多様な背景を持つ多職種からなる院生との討論で視野を広げ、応用可能な実践的思考力・多面的な分析力・問題解決力・コミュニケーション力を養成します。

4.修士論文に代わる「実践研究コース」を設置

研究力養成を目指す「特別研究コース」(修士論文執筆)とは別に、新たに、高度専門職業人のための実践力養成を目指す「実践研究コース」(ケースメソッド演習への参加と特定課題報告[レビュー論文1本と実践研究報告(A・B)2本の合計3本]執筆)を設けています。実践研究コース に所属することにより、修士論文執筆ではなく、特定課題報告執筆により、修士号を修得することができます。

5.社会人が学びやすい土日の集中講義を開講

大学院の授業は主に、月曜日から金曜日の夜間(6限 18時25分~19時55分,7限 20時05分~21時35分)および土日を中心とした集中講義で開講されます。履修登録を工夫することで、平日2日+集中講義の受講で、必要な単位を修得することが可能となり、仕事をつづけながら修学することができます。




UPDATE: 2016-7-1

PAGE TOP