日本福祉大学大学院
社会福祉学研究科
心理臨床専攻


教員紹介

蔭山英順 教授 | 山口智子 教授 | 大饗広之 教授 |
工藤昌孝 准教授 | 瀬地山葉矢 准教授 | 早川すみ江 准教授 |
堀美和子 准教授 | 吉野真紀 准教授 | 浅井真奈美 准教授 |

蔭山英順(かげやま ひでのり)教授

私の研究は現代社会からの求めに応じた心理臨床実践とその研究に取り組んでいます。主なものは、児童臨床においては不登校等の情緒障害児の心理治療、近年は心的外傷を受けた子どもの遊戯療法にも力を注いでいます。また自閉症児研究においては、「かかわりの発達」を核とする私の「精神統合療法」の理論の精緻化に取組んでいます。成人期におけるものは、犯罪被害者のカウンセリング及び裁判傍聴の付添いなどの心理的ソーシャルワークを中心とする地域支援の実践研究も取り組んでいます。ここ数年は自死遺族の支援にも取り組み、グリーフカウンセリングの実践研究が多くなっています。

↑ この欄の先頭へ戻る

山口智子(やまぐち さとこ)教授

大学卒業後、公務員として児童臨床の現場で、児童、家族の相談、カウンセリング、プレイセラピーなどを行い、その後は単科精神病院で臨床心理士として査定や面接、デイケアを担当しました。学生相談を常勤、非常勤として経験し、現在は産業心理臨床や被害者支援に関わっています。脳神経外科にも非常勤で勤めましたので、1歳半検診事後指導から高齢者まで、種々の年代、種々の問題に関わることができたことは貴重な経験です。オリエンテーションは、当初は精神力動的なアプローチでしたが、現在は統合的・折衷的なアプローチになっています。「ナラティブ」の視点から心理療法過程を検討することや高齢者の回想・ライフレビューも現在の関心事です。

↑ この欄の先頭へ戻る

大饗広之(おおあえ ひろゆき)教授

長年、病院やクリニックにたずさわるなかで、統合失調症、境界例、パニック障害、離人症など精神疾患の臨床研究に取り組んできました。方法としては自己と他者の発生現場にさかのぼって解釈していくという(成因論的)現象学的手法を取り入れています。最近ではこの方法でアスペルガー症候群にも切り込めないものかと考えています。また、このところ解離性障害が話題にのぼることが多いと思いますが、疾患だけではなく、一般の青年期心性のなかにも、あるいは青少年の対人関係のなかにも解離の影響は少なからず認められます。そういった現代人に特有の心的状況についても興味をもって取り組んでいるところです。

↑ この欄の先頭へ戻る

工藤昌孝(くどう まさたか)准教授

分析心理学的観点から、夢分析、アクティヴ・イマジネーション、箱庭療法、描画法などイマジネーションにかかわる技法が心理療法過程にもたらす治癒的な働きについての研究を臨床実践を通じて行っています。また、ときどきフィールドに出て刺激を受け、人間とこころの癒しの問題に宗教民俗学的視点を加味しながら、心理療法の中でイメージと向き合い、イマジネーションを紡いでいくことに関心があります。

↑ この欄の先頭へ戻る

瀬地山葉矢(せちやま はや)准教授

セラピスト−クライエントの二者関係を基盤に、クライエントの自己語り、自己理解がいかに進められていくか、そこには両者のどのような心のはたらき合いや相互循環が展開しているのかに関心をもっています。そうした臨床上の関心から、これまで精神分析や乳幼児精神医学に多くを学んできました。また臨床も精神力動的な立場から行ってきていますが、関係性を基盤に展開する心の作業や心的体験、他者との相互過程など心的現実世界全体に少しでも近づくことのできるアプローチには、おしなべて興味があります。フィールドは、精神科をはじめとする医療領域と保育園など子どもに関わる領域が中心です。

↑ この欄の先頭へ戻る

早川すみ江(はやかわ すみえ)准教授

クライン派対象関係論を理論のよりどころとして、幼児・児童から大人までを対象に、精神分析的なオリエンテーションで心理療法を行っています。クライエントとセラピストの関係の中で、転移/逆転移を巡って、何が起きるか、どんな内的対象関係が再演されるかということに関心があり、そこにセラピストとしてどのように寄与できるかということを探求していきたいと思っています(日本精神分析学会認定心理療法士・認定スーパーバイザー)。また、主にロールシャッハ・テストを用いた心理査定により、パーソナリティの力動的理解をすることにも力を入れています。そしてロールシャッハ・テストから得られた所見が心理療法過程にどのように反映されていくのかということにも関心を持っています。

↑ この欄の先頭へ戻る

堀美和子(ほり みわこ)准教授

主に小児の心理的発達やその適応に関心を持って研究および臨床に取り組んでいます。最近は発達障害を持つ方々やご家族、学校や園の先生との臨床上のお付き合いが多くなっていますが、そうしたかかわりの中から、私たちが日ごろ「あたりまえ」だと感じていることが実はとても貴重で得がたいものだと実感させられています。また、お子さんが心理的な問題として示していることは、実際にはご家族全体や親御さんのSOSを代わりに表現していることがあります。ですから小児の臨床とはお子さんを持つおとなの方の臨床でもあり、小児期の未解決な問題をもった青年期のかたがたの臨床でもあります。その奥深さに日々、身が引き締まる思いでいます。現在、大学の相談室だけでなく小児科や小学校・園、NPOなど様々な場所で臨床を行っていますが、それぞれの場でこれからも多くの方々と出会って行きたいと思っています。

↑ この欄の先頭へ戻る

吉野 真紀(よしの まき)准教授

被愛着経験が人格形成や自己実現に及ぼす影響に関心を抱き、医療・教育・産業領域での臨床に携わってきました。精神医学的治療論、人格検査や知能検査および精神力動的理解を地図とした心理アセスメントを踏まえ、クライエントが未完の出来事を完結し、自分自身の物語を生成し自己を生きていく過程について、臨床実践に取り組むとともに研究テーマとしています。また現在、性別違和のある方々の心理的特徴についての研究をまとめているところです。

↑ この欄の先頭へ戻る

浅井 真奈美(あさい まなみ)准教授

精神分析的心理療法、精神分析的遊戯療法に関心があり、その理解を基としたセラピスト−クライエント関係について研究し、臨床実践を行っています。また、長年の福祉・教育分野(児童相談所やスクールカウンセラー、保健センター等)における臨床経験より、虐待、不登校、発達・育児支援についての関心も深く、力動的理解と福祉的視点に基づいた臨床的関わりの実践を行っています。

↑ この欄の先頭へ戻る