日本福祉大学大学院
社会福祉学研究科
心理臨床専攻


心理臨床専攻の概略

課程名称: 社会福祉学研究科 心理臨床専攻 修士課程
授与学位: 修士 (心理臨床) Master of Clinical Psychology
開講形態: 夜間開講
定員: 10名


心理臨床専攻の特色
心理臨床専攻の特徴

(1) 夜間制大学院です

科目(学外実習を除く)は平日の夜間や土日(集中講義など)に開講されているので、働きながら学ぶことができます。すでに、公務員や企業などで働いている社会人と、大学で心理学を学び、さらに、臨床心理学を深く学びたいと考えている学生が一緒に学んでいます。

(2) (財)日本臨床心理士資格認定協会の第1種指定大学院です

修了生は修了した年に臨床心理士資格試験を受けることができます。

(3)心理臨床に関連する福祉系科目を学ぶ

社会福祉関係選択必修科目であるソーシャルワーク実践や精神保健福祉論など心理臨床に関連する福祉系科目を学ぶことができます。

修了後の進路

入学前の職(教員、臨床心理、相談員、社会福祉職など)を継続している修了生と、修了後、大学教員、公務員(心理職)、学生相談員、スクールカウンセラー、病院の心理職、一般企業への就職など新たな進路を見出す修了生がおり、その進路は多彩です。